« 気力を削ぐ言葉 | トップページ | 世間一般への憎悪 »

2006年10月18日 (水)

馬鹿が付くほどテレビっ子

今日はちょっと早起き。つっても10時ですが、私にしてはまあまあ早いほうです。久しぶりにこの時間に起きると、外の明るさが違うのにびっくり。10時ってこんなに明るかったんですね。なんかちょっとカーテン越しにも紫外線が、鬱陶しい、みたいなね。直射日光に体力を奪われるタイプなんで、ちっともすがすがしい気分になりません。

まあでも早く起きたら起きたで時間はさっさと経っちゃうし、早く起きた分お腹はすくし、あまり有意義な感じがしない。そんな事を言ってウダウダしてたらもう21時過ぎてて、一日はあっさりと終わってしまう。年を取ると時の流れが早く感じるって言うけど、この年からこんなに早かったらこの先20、30、40と年を重ねたらどんだけ早くなるのか考えるだけで本当に恐ろしい。

今だって2006年だということを信じたくない。ほんと早すぎませんかあまりにも。そうこうしてるうちにすぐ11月になって試験になっちゃうし。ああもうこの話はやめよう。

ってことで話題を変えて、私は何を隠そう筋金入りのテレビっ子。テレビのない生活なんて考えられないってぐらいの依存っぷりです。ですが、最近そんな私にとって致命的なことが一つあります。それが最近のテレビが全く以ってつまらないということです。いくらテレビっ子でも見たい番組がないことはいかんともしがたく、最近頭を悩ましているのです。

ゴールデンにしたって、前はなんとなくつけていたい番組が2つぐらいはあって、どっちにしようか迷う、ということすらあったのですが、最近ときたらましな番組を見つけるのにすら難儀する始末。安心してつけていられる番組がないのです。見ていると、うわー、嫌いな奴が出てる、ああもうこんなの何が面白いの、とかいいながらチャンネルを変えまくり、落ち着く先はNHKのニュース、みたいな事がざらにあるわけで、テレビっ子としては寂しい。

そんなに言うならテレビなんか見なきゃいいじゃん、とか言う人もいるでしょうが、見たい番組があろうがなかろうが、テレビが本当に好きなんですよ、これが。生活にあの雑音が不可欠というか。

そんな感じで最近はテレビはもっぱら深夜な今日この頃。で、深夜から面白い番組を探し出すのが趣味なんですが、昨日の夜やってた「働くおっさん劇場」、これはいい。ダウンタウンの松本が別室でウォッチングしつつ質問して、それに面接室みたいな部屋に通されたおっさんが答える画が続くだけっていう地味ーな笑いなんですが、なんか好きなんですよね。松本につられて笑っちゃうっていうのもあるんですが。お勧めです。ぜひぜひご覧ください。

今回テレビやお笑いの話はそれなりに字数が稼げることが判明。これからもちょくちょく書くかも。いいネタみっけー。

|

« 気力を削ぐ言葉 | トップページ | 世間一般への憎悪 »

テレビネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/12332865

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿が付くほどテレビっ子:

« 気力を削ぐ言葉 | トップページ | 世間一般への憎悪 »