« 試験終了 | トップページ | 布団の中でのぼやき »

2006年11月25日 (土)

心境の変化

7月に通っていた所をやめて以来、父親との週1の食事以外はほとんど家に引きこもっていた私ですが、最近ようやっと外に気持ちが向きつつあります。まあ引きこもりも悪くないんですけどね。

今日もその勢いに乗って外出。これといった用事もないのに外出したのは何年ぶりのことだろうか。というのも私にとって外に出るということは精神的、体力的に疲弊する事以外のなにものでもなく、「用事もないのに外に出るなんて体力がもったいない」との理由から散歩という概念もついぞ理解できずにいた。

でも今日少しふらっと歩いてみて「ああ、こういうことか」と少し理解できた。電車がよく見える方に歩いてみたり、ああこの道はここに出るのか、なんて驚きもあったり。今まで生活範囲が狭かった私には結構新鮮な事ばかりで。といっても方向音痴な私は駅へ出ようと思って歩いてたら家に戻ってくるなんてお約束もかましてしまったわけですが。

それと今回外に出てみようと思ったのにはテンション以外にももう一つ理由があって、それはやっぱりこれからバイトなどを始めるにあたって、週1外出のままでは精神的にも体力的にもきついだろうという事で、軽いリハビリを兼ねてこれからは少し頻繁に外を歩いてみる事にしました。

変な話4、5人の高校生とすれ違うだけでもリハビリになりますしね。今まで家という自分の身の安全が保障されている場所にいた人間からすると、すぐそこに知らない人が歩いているというだけでも結構緊張します。

今回外に出ようというテンションになるまでは、玄関から一歩出た瞬間からそこの角から誰かが出てきて刺されるんじゃないかと不安だったし、道を歩いていても後ろから車がつっこんで来たらどうしようと気が気じゃなかったし。

やっぱり引きこもりは家から引っ張り出したらダメです。私は外に気持ちが向いてきてからはそれらの恐怖からは開放されましたが、やっぱり自分が望まないうちから外に引っ張り出される事の弊害みたいなものは今一度考えていただきたい。家にいたい時はいさせてあげられるような環境づくりが大切というか。

なんか話がそれてきましたが、とりあえず今は少しずつ自分の世界を広げるための作業に着手中。紅葉がきれいなところをボーっと歩きたいとか、美術館めぐりがしたいとか、色々考えてます。生粋の引きこもりの私がこんな事を言うようになるとはね。母親にも奇異のまなざしで見られてます。意外意外。

でもまずは4ヶ月ためてしまった新聞を片付けねば…。前回の8月の試験の時から滞り始めたんですよね。本も数冊たまってるし。家の中でやらなきゃいけない事もいっぱいあるなー。やりたいことはいっぱいあるけど出来る事って意外と少ない。時間がもっと欲しいです。

はー、きっと鼻水が止まらないのは気のせいに違いない。ちょっと歩いたら早速風邪を引くなんてそんな分かりやすい事があるはずがない。私はそんな事認めない。私は…ああ鼻かみすぎて鼻が痛い。

そんなわけで寒くなってまいりましたが、皆さまも風邪などひかぬよう暖かくしておやすみください。それでは。

|

« 試験終了 | トップページ | 布団の中でのぼやき »

日々を綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/12812829

この記事へのトラックバック一覧です: 心境の変化:

« 試験終了 | トップページ | 布団の中でのぼやき »