« 自分自身を強制終了 | トップページ | 絶望を希望する »

2007年1月30日 (火)

私の傷の癒し方

なんかそれほど書きたいこと無くてもパッと更新できるような、便利な手抜き更新は無いだろうか。それを見つけないと果てしなく更新頻度が下がりそう。だって書くこと無いんだもん。

というわけでー、今日は私の愛すべきのなー(野中英次の略)にあやかって、自分の中のネタの大掃除をしたいと思います。魁クロマティ高校第1巻参照なんですが、のなーが書きかけのマンガを3つぐらい寄せ集めて1話にしてたんです。ここまで書いてほったらかしてあったとか言って。その時点でいい加減すぎますが。

だから私もそれを踏襲し、普段思ってるけどブログに書くほどでもなくて細切れになっちゃってた事を適当に2つ3つ。

この間オリキュンは水10に上がるほど面白くない、といった内容の記事を書きましたが、先々週ぐらいに一応初回はチェックしてみました。感想としてはやっぱねー、いまいち。理由は前回書いた通り、私がかっこいい芸人が好かんから。

まずあれがブサイク芸人だったら、ということを考えてみると分かるんだけど、ブサイク芸人はどれだけ町を歩いたってキスしてくれる人なんて見つからないだろうし、バスケのロングシュートに挑戦したって、あの藤森ほど盛り上がるだろうか。無理ですよね。

あの番組自体笑いというよりも「いやー、藤森君かっこいー」という女子層が対象な感じがする。なんか全体的に軽いし。流して見るにはいい番組だと思いますけどね。

っていうか今チンパンニュースにブラックマヨネーズが。嬉しいなあ、最近番宣女優ばっかりだったから。油断せずに見ててよかった。

さて、この辺で2つ目のネタにゴー。私にとって書くこととは。みたいなー。私は書くということには結構救われてますね。ただしここではなくて非公開の日記の方で。私はやっぱりここでは人に見られるという事で、どう思われるかという事に頭がとらわれて自然に思ってることを書く、という自分にはなれずにいます。

以前そういうことは気にせずにありのままを、という記事も書いたんですが、思いのほか誰かが読むということがプレッシャーになっているらしく、なかなか思っている事がそのままは出てきません。遅筆になりがちですし、言葉も陳腐なものになりがちですし、なかなか難しいものです。

でもいつか自分の書き方やあり方が確立されて、どう思われるかという縛りが外れた時、もっと自然ないい文章が書けるようになるだろう、と思います。ただ今はまだその呪縛から逃れられそうもありません。まだしばらくは陳腐な私で我慢です。

で、話を戻すと、私は書くということはすごく好き。自分の考えを整理できるし、過去のものを読めば今の自分が忘れているような事も当時の感情そのままに蘇る。今の私の何が問題なのか、できる事は何なのか、大抵の事は書いてしまえばあらかた分かる。

傷ついた時や行き詰まった時、自分が今思っていることを文脈なんて気にせずに、片っ端からガーっと書くと気分がすっとして、今までほんとに救われてきました。

ちょっと話が変わりますが、私自分の傷の治し方、立ち直り方はちゃんと知ってるんです。今までの記事の感じだと意外かもしれませんが、私はあまりひとつの事でずっと悩んでいるということはない。早ければ2、3日、長くても1週間もすれば大抵の傷は癒え、悩みは消滅する。

私が単純なのか大した悩みに直面したことがないのか、はたまたほんとに傷を癒すのがうまいのかは分かりませんが、とりあえず片っ端から書いて、泣けそうなら泣いて、後は時間の経過に任せれば、完璧です。

別に合理的な解決法が思いつくとかではないけど、考えてもしょうがないことは考えないし、傷の治し方を知ってるというよりは、目を背けるというか、何も求めないという心境に持っていくのがうまいのかもしれません。

欲しいものが手に入らないとか、今の自分にできないことをやろうとするとそれは悩みですが、今の自分に妥協して、多くを求めなければそれはもう悩みではない。ああだったらいいのにこうだったらいいのに、ということはクソほどありますが、そういう事から極力目を逸らし現状に満足する事が悩まないコツ、って私なんかの立ち直り方を3分クッキングっぽく述べてもしょうがないですよね。もうやめます。

それに解決と放棄は違う。私がしている事がどっちなのか、んー、微妙。でも手に入らないものをいつまでも欲しい欲しい喚いてたってどうにもならないわけだし。考えるべきことは考えるけど、どうにもならないものはどうにもならない訳で、そういう場合は考えないようにするって事だって立派な解決法だしー、ああ収拾つかなくなってきた。とにかく、私は書く事に救われていて、今はこれといった悩みはないと。

なんか悩みがないって言うと響きがバカっぽくてやなんですが、あえて言うなら私自身が悩みって言うか人生自体が悩みそのものっていうか、こう具体的にこれがこうだったらいいのに、という悩みはないっていうか、なんかもういいや。書きすぎました、今日は。つまらない事をつらつらと。こんな長く書くつもりなかったんだけど。

ふあー、なんか眠くなってきた気がする。もう今日は歯磨いてテレメンみて寝るね。おやすみー。

|

« 自分自身を強制終了 | トップページ | 絶望を希望する »

てけとー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/13709952

この記事へのトラックバック一覧です: 私の傷の癒し方:

« 自分自身を強制終了 | トップページ | 絶望を希望する »