« 初日の出 | トップページ | 引きこもり復活 »

2007年1月 4日 (木)

初詣の報告

いやっほー、最近もう人生というものが楽しくてしゃあない。無駄に残ってる希望を一つずつ見つけ出しては粉砕する作業を体験できるのも若いうちならでは。絶望を確かなものにするため、今日も頑張って生きてますよー。

とりあえず今日はこの間父親と初詣に行ってきたのでその様子を報告。

初詣。最初に誤解のないよう断っておきますが、私はそういった行事が大嫌いです。大体年に1回思い出したようにお参りしたって神様は願いなんて聞いてくれねえだろうと思うし、わざわざ混んでると分かってる場所に出向くということ自体も非常に屈辱的です。

そこまで言うならなぜ行ってきたのかと言うと、私は基本的に父親の誘いは断らないようにしているからで、それがなぜかという事はまた稿を改めさせていただくという事で。今は気にしないでください。

ということで父親に誘われるままに行ってきたわけですが、冒頭に書いたように私はとにかくそういう俗世間がやるようなものが嫌いなので、所々イラっとする場面も。

そもそもあの中に普段から信心深く暮らしてる人がどれだけ居るのか、とか分かりきった不満がまた噴出してくる。年に1度何も深く考えず集団で大挙して、しかも今回は並んだ挙句に立ち止まってのお参りもできないときた。混んでるからだって。

っていうかさー、40分近く並んだ挙句に金をほうるだけって、そんなもんもうただの神社への寄付じゃないですか。ろくに神様の事なんて考えもしてないような奴らが年に1度押し合いへし合いして、ただ金を投げて帰っていく。そんなのむしろ神への冒涜ではないのだろうか。どうせ行くなら真剣に神に祈りたいと考える私の方がクソ真面目みたいになってきてるじゃん。

そんな感じで、年に1度都合よくお願いするのも何か申し訳ないような気がしたので、去年は結局何も願わなかった。神様もこんなに大量の人間の願いを聞いてうんざりしてるだろうと思って、ねぎらいの言葉だけかけて帰ってきました。年に1度膨大な量の願い事を聞かされる神様が不憫に思えて。

でもねえ、そんな私も今年はどうしてもお願いしたい事があった。ちょっと奮発して100円投げて、お願いしてきました。あんだけ人がいたら私の願いなんて聞いてくれなかったかもしれないけど。

何を願ったかはここでは内緒です。何となく言いたくない、というか言ったら結構イタいことになるやもしれませんので、ここはあまり追求しないでください。結局俗世間っぽい事をやってしまっている私。問題ありますね。まあ父親との付き合いでもなかったら絶対やらない事なんで見逃してください。

はー、もう過去何度言ったか知れませんが、やっぱり締めってどうしたらいいのか困る。いつも書き終わってからここで時間を取られるんですよね。とりあえず今日は面倒なのでこの辺で終わりにさせていただきます。

|

« 初日の出 | トップページ | 引きこもり復活 »

虚無的思考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/13335404

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣の報告:

« 初日の出 | トップページ | 引きこもり復活 »