« 都知事選テレビ討論 | トップページ | タイトルは無し »

2007年3月18日 (日)

シュールとは

はー、きっつい。何がって今見てる番組が。お笑いレッドカーペットとかいうやつ。まあやなら見なきゃいいじゃんと言われればそれまでなんですが、色々ケチつけたい年頃って事で言わせてくださいよ。

まずハードル低すぎだし、イロモノばっか出てくるし、審査員っぽい人が嫌いな人ばっかだし、そもそもこういう広く浅い笑いって大っ嫌い。私の考えではイロモノってのは正統派がいるから成り立つ訳です。イロモノというのはいわゆるシュールですから、ともすれば面白くないんじゃないか、というスレスレのところを絶妙なバランスで通すのがシュールたる所以なんです。

それをこんな風にイロモノばっか出してきて、それも大概は満点の大笑いってのはどういうことよ。私はシュールってのが正統派より好きです。だけど、シュール芸人の比率があまりにも高くなると笑いのレベル自体が下がってくる。誰が何やってもいいという事になるからね。あくまで正統派あってのシュールなんだという事を忘れちゃダメなわけです。

こんなの誰が出てきたって受けんじゃん。シュールは大衆に受け入れられないからこそ映える。空気が凍り付いてるからこそ私は魅力を感じるの。そろそろすべってもいいでしょ。誰かすべれよ。みんなが平均的に受けるなんて甘ったるいフィールドをぶち壊せ。ここですべった芸人を私は尊敬するね。一生応援してもいい。

ブラマヨ吉田のハゲヅラはグー。小杉はリアルにヅラいらないんだね。あ、笑い飯だ。私は笑い飯の西田がマジで好きなわけですが。やっぱ面白いね。

あーもう、ほんとにこのまま誰もすべらないで終わる気かよ。イライラするなあ。イロモノはすべってなんぼだってどうして分かんないかなあ。こんな温かい空気はいらん。もう誰が出てきても笑うようになってんだもん。

やっぱりこうやって考えてみると、私はすべり笑いってのがよほど好きらしい。同じ事やっててもみんなが笑ってるとなんか冷めるというか。ってことは私は面白いから笑ってんじゃなくて、すべってるから笑ってんのか。いやもちろんすべってれば何でもいいってわけじゃないけどね。たぶんこのまま誰もすべらずに終わるんだろうな。寂しい。すっごい寂しい。

ここまでみて面白かったのはブラックマヨネーズと笑い飯とムーディなんちゃら。下の名前を見そびれました。誰もすべらないお笑い番組なんて久しぶりに見たよ。裏が華麗なる一族ってのが関係あるのかしら。シュール連れてきといて誰もすべらせないなんてほんとどういう了見よ。気に入らないわ。

|

« 都知事選テレビ討論 | トップページ | タイトルは無し »

お笑い芸人」カテゴリの記事

コメント

いきなり失礼します。通りすがりのものです。
「シュールとは」の記事を拝見しましたが、ひとつ言わせてください。
日本人全体にも言えることなんでしょうけど、あなたはまずシュールの定義を大きく誤解しているように思います。
シュールというのは「非現実的」「不条理」というような意味合いは本来持ち合わせていません。むしろその逆なんです。

出すぎたことかもしれませんが、半端な認識でシュールがどうのこうのと批判するのはやめたほうがいいんではないでしょうか。

あ、でも私もレッドカーペット自体はつまらないと思います。

投稿: | 2009年1月15日 (木) 22時24分

割り込みますm(__)m

>「非現実的」「不条理」というような意味合いは本来持ち合わせていません。むしろその逆なんです。

「超現実」ってコト? 松本人志の『大日本人』は「シュール」ではない?

投稿: オールドニック | 2009年1月16日 (金) 00時45分

名無しさんへ
本来は「超現実」って意味だけど
それを理解できない一般人が、それを「非現実」ととらえた。
フランス語由来だった「シュール」は日本語の外来語として成り立っているので
現在の日本語としての「シュール」は「非現実的」「不条理」なんですよ。
他国では通じない「シュール」。
言葉は文化だから、その国によって意味が変化してしまう事って多いですよ。

投稿: ブローカ | 2009年1月16日 (金) 09時24分

>言葉は文化だから、その国によって意味が変化してしまう事って多いですよ。

確かに。 例えば「虹は7色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)」という常識も、言語の違う国では色の数(区別の仕方)が変わってくる。

アメリカでは「6色」、ドイツでは「5色」、南アフリカのショナ語圏では「3色」、リベリアのバサ語圏に至ってはたった「2色」という分類になっている!

「超現実」を意味する「シュール」という言葉も、日本語圏では違う語意になるんじゃないですかね?

投稿: オールドニック | 2009年1月17日 (土) 11時38分

オールドニックさんへ
ほほう!虹の色!面白いですな(^^)

「シュール」については、勘違いからきている後付の意味になっちゃってる。
日本語のそういうの多いよ。医学用語とかも!調べてみるとわんさと出てくる。

投稿: ブローカ | 2009年1月17日 (土) 21時33分

ブローカさんは医学的専門知識のある方なんですかね? ハンドルネームからもそれが窺えるような…。

投稿: オールドニック | 2009年1月18日 (日) 13時38分

・・・そんなに多くは知らないよ(^^;)
小さき頃から病気がちで、自宅にあった「家庭医学事典」を読んでたくらいだよ。

投稿: ブローカ | 2009年1月19日 (月) 21時32分

うひょッ! 右サイドバーの「検索フレーズランキング」の1位が『オールドニック』になってるよ!!
オデは有名人なんだなッ(-。-)y-゜゜゜

ブローカさんは小さい頃から病気なんですね。
どこか風変わりなところがあると思っていたんですが、みんなとは違う境遇で生きてきたんですかね?

「シュール」については、和製英語ならぬ“和製フランス語”ってコトになるんでしょうか。

投稿: オールドニック | 2009年1月19日 (月) 22時41分

ほんとだ!!よっ有名人♪

和製フランス語!そのとおり(^^)

投稿: ブローカ | 2009年1月20日 (火) 01時44分

風変わりて…。。

フランス育ちとか??

投稿: 未来 | 2009年1月20日 (火) 18時11分

何となくコメントするタイミングを逸してしまいました。

一応名無しさんに回答しておきます。

確かに原語の意味は全く逆なんですね。

ただ原語の意味はどうあれ、笑いでは漫才、コント、シュールという分類は確立されている
と思うので、その言葉を用いて私が笑いについて語るのは問題ないと思ってます。

それでも原語の意味に忠実であれというなら本来の意味なり誤用の弊害などを
言ってもらえれば考えますが…。

投稿: ニヒリスト | 2009年1月20日 (火) 23時42分

“シュール”と言うジャンルが
お笑いにはあるのですか…!

投稿: 未来 | 2009年1月21日 (水) 14時38分

>うひょッ! 右サイドバーの「検索フレーズランキング」の1位が『オールドニック』になってるよ!!
オデは有名人なんだなッ(-。-)y-゜゜゜

たまに、くだらないこと(?)言うんですね…
別に有名だからじゃないでしょ?…わかんないですけど。。
まあでもこのブログ内で検索されてるってことか…もしかして私のせいかな??

もしかして、私の行動がバレバレなんですかね!?

投稿: 未来 | 2009年1月21日 (水) 15時01分

未来さん
失礼ですが、おいくつですか?
・・・とても幼く思えてしまって。
だからって問題はないし、文句もないのですが
突拍子もないタイミングとコメに、いつも笑わせていただいております。

投稿: ブローカ | 2009年1月21日 (水) 20時07分

ブローカさん

いつもお世話になっております!

>失礼ですが、おいくつですか?

ご想像にお任せします(←このセリフ言ってみたかったかも)
調べようと思えば調べられると思いますけどね。。

>・・・とても幼く思えてしまって。

確かに…この前“エゴグラム”をやったら
「自由な子どもの心」が最大値(!)だったんです。
(ご迷惑おかけします。。)

>だからって問題はないし、文句もないのですが

ホント、助かります。

>突拍子もないタイミングとコメに、いつも笑わせていただいております。

私はブローカさんとニヒリストさんとオールドニックさんの御三方のコンビネーションにいつも感動しておりました!

特に、ブローカさんとは「いつかお話しできたらな~」
と思っておりました。

だから、初めてオールドニックさんのブログで声を掛けていただいたときは嬉しかったです。

投稿: 未来 | 2009年1月22日 (木) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/14307348

この記事へのトラックバック一覧です: シュールとは:

» 右から左へ受け流すの歌(ムーディ勝山) [右から左へ受け流すの歌(ムーディ勝山)]
右から左へ受け流すの歌という歌を先日エンタの神様というお笑い番組で見た。 歌っているのは、お笑い芸人のムーディ勝山という人。 [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 01時27分

» 松本人志のモーニングビッグ対談 実在するキャッツアイ [YouTube ダウンタウン 動画]
You Tube ダウンタウン 動画を、お楽しみください。 モーニングビッグ対談ということで、実在するキャッツアイ(漫画のあれっすね。)女性の泥棒なんですが、職業柄モザイクが、顔にかけれれてますが、話しかたなどから、友近ではないかなと思われます。まじめな顔をして...... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 10時02分

« 都知事選テレビ討論 | トップページ | タイトルは無し »