« リニューアル | トップページ | 新着メッセージなしからの復活 »

2007年4月 9日 (月)

現職石原再選に涙

石原が勝ってしまった。石原が。あの石原が。ああもういやあ。

もっと僅差ならまだ分かるけど、勝ってる地域が一つもないじゃん。もう信じらんない。こんな大差で負けるなんて。ああそうですよね、日本ってそういう国ですよね、忘れてました。

その理由も、もっと政策とかオリンピックが見たいとかなら分かるけど、なんと今回都知事選に投票した人の約3割は人柄で候補者を選んでいて、しかもその3割の人が誰に投票したかというと、多くの人が石原に入れたというのだ。

はあ?いやこれは何かの間違いに違いない、そんなバカな。あの石原がひひひ、人柄!?人柄で評価されたというのか。ふっ、そりゃあこの私、この日本で浮いてるわけだわ。あんな人の人柄が評価される世の中なんだからね。結局世の中の多数派の人間はよって集まってるから弱者じゃないのだ。だから石原の暴言も自分に言われているとは思わないし、傷つきもしない。

でも言われた側の弱者があの人の言葉でどれだけ傷つけられているか考えた事があるだろうか。私はまだ勉強不足で本当に恥ずかしいけれど、都政の事はよく分からない。でも、そういう弱者を踏みにじるような発言を平気でするような人に福祉は絶対にできないし、そういう人に自分の住んでいる東京を扱って欲しくない。

ああいう人が人柄で選ばれる国、日本。こんな国大っ嫌い。あんまりこんな現実を見せつけるんだったら、もう次は外山に入れちゃうぞ。傾倒しちゃうぞ。いいのかよ。選挙は多数派の祭りに過ぎない、少数派には選挙なんて関係ない、選挙じゃ何も変わらない。あの人の言っている事もあながち間違ってはいないのかもしれない。

我々少数派にとって生きづらい世の中が創られようとしてるとか、私はもう少数派に対する迫害に我慢ならないとか、おっ、と思うこと言ってんだよね。外山恒一がどういう人なのか興味がある。どれぐらい票取るのか気になって結構見入っちゃったし。とりあえず近いうちにあの人が出してる本を読んでみたいと思ってます。

それはさておき、今日はほんとに嫌な日でした。もうちょっと競ってくれると思ったんだけどなー。少数派の道は険しい。でも私は20歳になったら諦めずに選挙に行こうと思う。少数派が頑張って選挙に行くからこそ、社民党や共産党は議席を確保できてるんだしね。

これからもっと色んな事を勉強して、安部内閣や石原都政の問題点を指摘しまくってやる。私は諦めません。絶対に。

|

« リニューアル | トップページ | 新着メッセージなしからの復活 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/14616745

この記事へのトラックバック一覧です: 現職石原再選に涙:

« リニューアル | トップページ | 新着メッセージなしからの復活 »