« 今日の太田総理 | トップページ | 陰惨無残 »

2007年5月24日 (木)

忘れられない人がいる

私は前に書いたように非公開でつけていた日記をやめた。非公開の日記の醍醐味は文脈や人の評価を気にせず思いっきり書き殴れる事です。私がその日記で書き殴っていた事といえば全部例の彼の話だったわけですが、その彼の事をもう書く事はないと思ったからこの前やめたわけです。

だけど、最近また彼と接触はしていないけれど、彼の事をぐちぐち書きたい衝動に駆られてきてしまった。でもあそこまで宣言しといて今更あっさり非公開の日記を復活させるのも芸がない。という訳で何回かに一回は文脈を気にせずぐちぐち書く回というのを設けたいと思います。ブログだって一応日記と訳される事もあるぐらいですから、本当はそれでいいんですよね。

さて、彼の話。私と彼との話は一応色恋の話のカテゴリーにまとまってるので、ここにリンクを張っておきます。

んー、きつい。会ったわけでもメールをしたわけでもないのに、彼の存在がとても近くに感じられる。なんか乙女チックで嫌なんですが、今日彼の夢を見ました。夢ってのも色々あって、大半の夢は途中で夢だって気付いてそれほどがっかりする事もないんですが、たまにタチ悪い夢というのがあって、その場合最後の最後まで夢だとは気付かない。ずっと現実だと思って、信じて、幸せな気持ちになって、で、最後に突き落されるように現実に戻される。今日の夢もそんな感じでした。

そんな夢なら見なきゃよかったと思うのか、夢を見てる間だけでも幸せでよかったと思うのかは中島みゆきの「幸せ」にも歌われてますね。私は…中間でしょうか。幸せだったような気もするけど、現実に戻された時の寂しさもまた辛く。

で、夢の内容ですが、全部詳述すると私のキャラが崩壊しそうなので掻い摘んで言うと、まず彼から人伝いに告白される。で、私が訝しく思っていると彼から電話が掛かってきて付き合ってくれという。私が「でも私の事はそういう対象じゃないって言ってたでしょ?」というと「言ったけどこのままで関係が終わってしまうのは寂しいから」と彼が言う。で、私が「えー、じゃあいいよ」と承諾するという夢。あら、掻い摘んで言ってもキャラ全壊じゃないですか。まあ私も所詮は女だという事ですね。

まあだから、彼のことが近くに感じられるというのは単純に夢のせいもあるかもしれません。今日はまた映画見に出かけてたんですが(無論一人で)、その時彼に似た後姿の人がいたので、後ろから眺めてへらへらしたりもしてたから(キャラ崩れパート2)そのせいもちょっとあるかな?ま、どちらにせよかなり末期です。終わってますねー。

こうやって普通の女の子みたいなテンションでいると吐き気がするんですよ。私には私のキャラなり佇まい(たたずまい)ってのがあってさ、それに沿って暮らさなきゃなんないの。それなのに最近の私ときたらまた彼の事を引きずってこうやってうだうだしてる。バカみたい。彼の事で勝手に一喜一憂するのは自尊心ってのをズタズタにするんですよ。なんか惨めでさ。向こうはなんとも思ってないのに一人で怯えてみたり喜んでみたり憤ってみたり。思えば今までずっと一人相撲だったと思う。

こういうのってほんとに惚れたほうが負けだよね。私は典型的な例だった。今まで何度も区切りをつけた気になったけど、結局ちょっとしたきっかけですぐぶり返してしまう。忘れるって大変。いつまで彼のことを思い続ければ忘れられるのだろうか。かれこれ7年余りが経つ。

なんかほら、前に彼からの返信がどうとかいう話も書きましたが(上記のリンクから適当にどうぞ)、結局あの後彼からの返信はなしです。完全に無視&放置されてますね。かと思えば電話番号が変わったとかいう一斉送信感丸出しのメールは来たりして、もうなんだかよく分かりません。

たぶん彼の思わせぶりなメールで私が勘違いをして、という一連のごたごたでやっぱり私に対する評価は下がってしまったのかな、と思います。だから私のメールへの返信もめんどくさいんでしょ、きっと。もういいよ。

でも彼を責める気にはならない。そんなので彼のせいにして失敗したという事もあるし、それが私という人間の限界という事でもあると思うからね。魅力がないって事なんでしょう。

なんかやっぱダメだなあ、非公開の日記ほどには書けない。なんか過去の記事もちゃんとまとまってないから、たぶんすっごい分かりにくいだろうなと思います。よほど知ろうとしてくれないとなかなか理解しづらいものが。カテゴリーごと全部読んでくれる人なんていないだろうし。

まあいいや。今日は終わり。引きずってます。思いっきり。もっと成長して今より色んな事ができるようになったらもしかしたら…なんてちっぽけな希望を抱きながら。

|

« 今日の太田総理 | トップページ | 陰惨無残 »

できれば消したい記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/15181584

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられない人がいる:

« 今日の太田総理 | トップページ | 陰惨無残 »