« 美ってそんなに重要ですか | トップページ | 子供の不登校は問題か »

2007年5月 3日 (木)

書くって難しーね

なんかさあ、こないだまで3月だったような気がするんですが、何でもう5月になってるんでしょう。早すぎませんかいくらなんでも。そういう積み重ねでどんどん鬱になってくんですよ。もう何もかも嫌になる。

はー、例によってネガティブな書き出しから始まったわけですが、最近また書くのがね、前回の記事辺りから微妙にスランプかも。いや別にスランプとか言うほど根詰めてここやってるわけじゃないんですが、なんていうか何を書いても陳腐に感じられるというか、私はほんとにそう思って書いてんのか、っていうのがね、あるわけですよ。

その時々で思ってることや感じてることを感情に任せて自然に書くっていうのが一番いいんだろうとは思うんだけど、変に字数稼ごうとしたり、逆に長文になり過ぎないようにしたり、そうこうしてる内に記事全体をうまくまとめようとしていまいち感情も乗ってないような事をだらだら書いてたりして。

感情が乗ってる文章というのは、書いてる途中も自分で結構よく書けてるんじゃない?なんて思えて、まあ後から読み返してうわっと思ったりという感じなんですが、乗ってない文章ってのはもう公開した傍から恥ずかしいんですよね。じゃあ公開しないで書き直すとかすればいいじゃないってなもんですが、ここまで書いて更新しないってのもまた前の記事から間が空いちゃうし、とかいう思考が邪魔をして、結局妥協しまくった文章を公開、と相成るわけです。前回もそう。

書くって難しいなあと。アクセス数だって少ないし、何のためにやってんのかなあ、とか勝手に始めといて思うこともあります、正直。結局恥の上塗りではないかと。

でも、マイノリティとして自分の考えを少しでも発信していくという事は無駄ではないのかな、とも少しは思う。話し相手がいない分、自分の考えを少しでも表現する場が欲しい、という事で始めたような気がしないでもないし。あやふや。

過去ログも結構たまってきたし、恥も分散されてきている。今全体の記事が60あるから一つの記事の恥は60分の1です。これからもっと更新すればひとつひとつの記事の恥は順調に薄まってゆくのです。これはこのブログを初めて1ヶ月目の時にも書いた。だからまだしばらくは細々と更新を続けていきたいと思います。細々と。

それと、次の記事では不登校にまつわる話などを文字数を割いて真剣に書いてみたいと思ってます。正直最近はもう学校に行く行かないなんてどうでもよくなってきてるんですが、やはり不登校は私のルーツですし、マイノリティに足を踏み入れたきっかけでもありますから、1度はここでちゃんと書いておきたいのです。未だに学校に行かないと社会に通用しないとか、学校に行くことは子供の義務だとか、根拠のない主張を繰り広げてる輩もいることですし。

もう今日から書き始めますが、どれぐらいかかるかは分かりません。今のところ唯一それなりの持論が展開できる分野ですから、満足のいくものを書きたいのです。とかいってハードル上がってる?きゃー、怖い怖い。という事で真剣に書きます。もしかしたら次の更新がいつにも増してすこーし遅くなるかもしれませんが、その辺は皆さんの寛大なお心でもってお許しください。

それでは、おやすみなさい。

|

« 美ってそんなに重要ですか | トップページ | 子供の不登校は問題か »

日々を綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/14932913

この記事へのトラックバック一覧です: 書くって難しーね:

« 美ってそんなに重要ですか | トップページ | 子供の不登校は問題か »