« 多数派の暴力 | トップページ | つまんない生き方 »

2007年7月 4日 (水)

戦いっていうかなんていうか

さて、そろそろ普段のブログに戻ろうかな、と思っていたんですが、相変わらずピークほどではないものの、以前からは考えられないようなアクセス数を日々記録しています。ブログ界の底辺をいっていたこのブログも時事ネタにうっかり乗っかってしまった事でずいぶん成長させていただきましたわ。

で、私のブログに対する批判をとある掲示板で見かけました。そこには戦いと言うのならコメント欄を設けて欲しい、それでは戦いになっていない、という事が書いてありました。うわあ、図星かも。ただの誹謗中傷なら笑って流せますが、一理あるとそうもいきません。

今までコメント欄を設けてなかった理由はただ単にめんどくさかったからです。コメントっていうと短文って感じがして、2、3行の薄っぺらい会話をちまちま交わすのもかったるいなと。それプラスつい最近まではアクセス数も低かったので、私に物申したい奴なんていないだろう、という前提で向こうからのアクセスは遮断してました。

あの一連の記事(最近の記事から適当にどうぞ)も最初は愚痴というか、世の中おかしいよ、こんなんでいいのかな、という自己完結的なつもりでした。しかし世論のあまりの一極集中的なバッシングに段々腹が立ってきて、この社会こんなんでいいはずがない、私は多数派と戦うんだ、という半ば思い上がった使命感に駆られ始め、気が付いたら人に喧嘩を売るような文章になっていたと。

だから世間一般の一人ひとりの方と直接的に議論をする覚悟まではできていなかったと言うのが正直な所です。私の文章の趣旨自体が個人個人を攻撃するというよりは、社会全体を批判しているつもりだったんで。私は社会全体に対してこう思っている、という事を表明するだけでも十分意味のある事だと思っていた。

でも私も戦うとかいう言葉を使っちゃったわけだし、このブログも当初は予想もしていなかったようなアクセス数を記録している。私に物申したいという人も出てきているらしい。そんな中で、向こうから私に対して意見を言う機会を設けないという事はやはり筋が通っていないのではないか、と思うに至りました。あそこまで言うのならそちらの意見や攻撃を私が直接受ける必要があるのだと。

というわけで、コメント欄はなんか浅い内容の誹謗中傷とかが大挙しそうで嫌なので、とりあえずメールアドレスを公開します。意見のある方はどんどんメールをくれて結構です。ブログ上でも個別の返信でも、私が答えるべき事があれば、その都度対応させていただきます。

とりあえず門戸はしっかり開きましたから、後は私も言いたい事を自由に表明させてもらいます。

あんまり世間との戦いばかりを推したブログにしていきたいわけでもないんで、実はそろそろほとぼり冷めねーかな、とか思ってたりします。すいませんいい加減で。

|

« 多数派の暴力 | トップページ | つまんない生き方 »

報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/15649339

この記事へのトラックバック一覧です: 戦いっていうかなんていうか:

« 多数派の暴力 | トップページ | つまんない生き方 »