« 松本再考 | トップページ | 慢性的なアレ »

2007年8月 9日 (木)

私は卑屈

なんだかものすごーくだるいです。なんのひねりもなく申し訳ないのですが、普通に夏ばて気味で食欲も落ちてます。

私って人と関わるのダメじゃないですか。とか言うとキム兄みたいな人に「知らんがな」とキレられそうですが、ダメなんですね、人と関わるのが。

慢性的な不安とか恐怖に支配されていて、人と自然に関わるって事ができない。これってひょっとすると前に書いたかもしれないんですが、確認するのが嫌なのでこのまま書きます。

その不安や恐怖が何によるものかといえばそれは自分自身に対しての自信のなさ。私は自分が人からどう思われているか、という事で言うと、嫌われているかいてもいなくても同じかのどちらかだと思っている。これは何でそう思うのかとかいうレベルではなく私の中での強固な思い込み、と言うか実際そうなんだろうとも思うんですが。

だから人と接していて相手が自分に対していい印象を持っているなんて事は夢にも思わないレベルだし、そうやって常にマイナスに考えていないと、自分を保っていられないんです。何か行動を起こすたび嫌われたんじゃないか、幻滅されたんじゃないかという思いに駆られるから、そんな中で自分はこの人に好かれている、友達だ、と思おうとするとかなりの摩擦が生じる。私はこの人と友達、と思おうとした所でマイナスに考えてしまう自分には勝てないし、いらない苦痛を生むだけなのです。

その点普段から私はよく思われていない、という前提に立てば、嫌われたかも知れない事や幻滅されたかも知れない事なんかはどうでもよくなるわけです。だってそもそもよく思われていないのは分かりきっているわけですから、今更一喜一憂する必要もない。私は何を言っても何をやっても嫌われる、あははそれはもう仕方ないですよ、と思っているととても楽なんです。

ただね、問題なのはこんな生き方をしていれば、誰だってこんな卑屈な人間は嫌だろうから自然に孤立しそうなもんだけど、まだ1人2人メールをすれば返してくれるような人がいる事です。どうせよく思われてないから、とマイナスに固定して疎遠にしてしまえば迷惑もかけないし楽なのかもしれませんが、私もなまじそういう人がいるもんだからついメールしちゃったりするんですね。矛盾だらけです。

でもそういう人と関わるのはものすごく怖いです。上記のようによく思われていない前提に立てばなんでもないような事が、向こうもそれなりには私の事よく思ってくれてんのかな、という前提にひとたび立とうとすると、全てが足下から崩れ落ちて何もできなくなってしまう。嫌われたかも、幻滅されたかも、が死ぬほど怖いんです。

これは明らかに前に書いた記憶がありますが、私にはこれをやっていれば嫌われないだろう、という安牌が存在しない。卑屈で暗いのはやっぱ鬱陶しがられるかな、と思うからあまりこういう内面の話はしないでおこう、とかも思ったりするんですが、でもじゃあどうするかと考えた時、明るく何にも怖くない風を装って普通にやったって、思い上がりとか図々しいみたいな方向で嫌われるかもしれない。結局どうやっても嫌われるかもから逃れられないから、素に近い卑屈で暗い方でやってます。

自信とか安心の土台がそもそもないから、ちょっとした事で「ああやっぱり私はダメなんだ」という所に落ち着いてしまう。でも後からそのちょっとした事に相手はなんの意味も込めてなかった事が分かったりするので、そんなにビクビクする事もないのかな、とその時は思うけど、やっぱり次の瞬間には「~かも」が怖くなっていて。

ここで私の自信のなさ、卑屈さを分かりやすくお伝えするため、恋愛の話を絡めつつお話したいと思います。といっても私が人生において人と付き合っていた時期は半年しかなく、それも小学生の時だったからカップルらしい事は何もしてないので、あくまで想像ですが、まあお聞きください。

まず永遠の愛なんてのは私は信じない。思い上がりも甚だしいですが、私の事を好きになってくれる人が将来現れたとしましょう。その人に私は永遠なんて事は言わせませんし、そんな将来のどうなるか分からない話はどうでもいいんです。人の心は変わります。今は私の事を好きと言っていても、その次の瞬間気が変わったり、私に幻滅したりしないなんて誰にも言えない。そしてそれはその人を責められるものでもない。

浮気や他に好きな人ができる、なんてのも言ってみれば当たり前というかね。私だけを好きでいろなんて私は言えませんね。人の心は自由であるべきだし、そういう縛りは究極の所では役に立ちません。私にそんな魅力があるとも思えませんし。相手がずっと自分を好きでいるのが当たり前なんてどうして思えるのか不思議です。私にもし彼氏ができたら、私はそんな永遠は夢見ませんし、根拠のない約束なんかより、今その瞬間の気持ちが嘘でなければそれでいい。

私は変なのかも知れませんが、振られる事より、嫌われたかもの方がずっときついんですね。事実今までも振られた事よりメールの返信1通来なかった事の方が辛かった。一旦無理と言われてしまえば後は私が勝手に立ち直ればいい事ですが、かもの場合は直接言われてない分「やっぱ嫌われてんだ」と思うまでに時間が掛かるし、その数日がまたきっついんですね、ものすごく。それでいて相手に確認もできないから完全に生き地獄。中途半端な状態でかもかも言ってるよりは、無理となった時の立ち直り方の方が私は知ってるし、そっちの方がよっぽど楽です。だから私は恋愛で白黒ハッキリしない状況はもう発狂しそうになります。それなのにそういう時期が長かったものですから大変でしたね、あれは。

「仕事と私どっちが大事」とかいうのもよく聞きますが、私はあれは言えませんね。あれは前提となっているのは「仕事よりも私が大事にされるべきなのにあなたはなんなの」という事ですよね?私は自分が大事にされるべきなんて思えないから卑屈女には無縁の啖呵です。

というわけで、今日は私の卑屈さの紹介でした。ただ最後に付け加えておくと、私は不特定多数の人間や全く親しくない人間からはどう思われても平気です。ただ特定の人との嫌われたかもの間が苦手なんですねえ。もうこれはほんとに資質としか言いようがない。今後年と共に少しは改善されてってくれるとありがたいんですけどね。

|

« 松本再考 | トップページ | 慢性的なアレ »

自己分析」カテゴリの記事

コメント

淀川長治は「嫌いな人はいない」と言っていましたが、アレは中性的な人間ですね。

>自信とか安心の土台がそもそもないから、ちょっとした事で「ああやっぱり私はダメなんだ」という所に落ち着いてしまう。

みんなから好かれるには高いスキルを身につけるしかないのが現状じゃないでしょうか。
動物には芸を、暗い子には頭の良さを、みんなは要求している。

投稿: オールドニック | 2009年4月16日 (木) 19時32分

>みんなから好かれるには高いスキルを身につけるしかないのが現状じゃないでしょうか。
>動物には芸を、暗い子には頭の良さを、みんなは要求している。

みんなから好かれるために必死で知識を詰め込むような「寂しい人生」を送るつもりはありませんよ。

暗い馬鹿で結構。みんな私のことを嫌いになればいいじゃん。

投稿: ニヒリスト | 2009年4月16日 (木) 21時12分

>暗い馬鹿で結構。みんな私のことを嫌いになればいいじゃん。

迫害されてもいいのか?

投稿: オールドニック | 2009年4月17日 (金) 11時07分

>迫害されてもいいのか?

迫害されてなくても私の頭の中では常に迫害されてるのと同じような体験が起きてるんです。
だからちやほやされると自己評価とのずれが生じて迷惑なんです。

投稿: ニヒリスト | 2009年4月17日 (金) 12時06分

ニヒリストさんは本物の迫害がどんなにムカつくモノか知らないようですねぇ。
一度、ハッブルブログなどのマッタリコミュニティーで自己主張してみてはいかがですか?

「お前らは間違っている! ブログ主は反省しなければならない!<`ヘ´>」 と激しく糾弾してみては?

ニヒリストさんのお望み通り、嫌われ、白眼視され、軽蔑され、袋叩きor速攻削除 の憂き目に遭いますよ。

投稿: オールドニック | 2009年4月17日 (金) 15時10分

>ニヒリストさんは本物の迫害がどんなにムカつくモノか知らないようですねぇ。

そう、私には「実績」がない。嫌われ迫害されてきた「実績」が。
自分はそういう扱いに足る人間であって欲しいという願望だけで、行動は伴わない。

嫌われ迫害される「瞬間」の恐怖と、嫌われ迫害された後の「安心」とがあって、私は「安心」だけが欲しい。
だから私はなんにもしないで、ただ嫌われ迫害されるのを待ってるんです。

>一度、ハッブルブログなどのマッタリコミュニティーで自己主張してみてはいかがですか?

ですからハッブルさんのブログに書き込むなんてとんでもないですよ。
そしたら自分が嫌われ迫害される「瞬間」を見なきゃならないじゃないですか。

私は傷つきたくないんです。だから私の何か特定の行動ではなく、人格そのものがみんなから自然に嫌われてくれるのを、待ってる。

被害妄想を現実に、というのは安心を得る方法ですが、「瞬間」を見たくない私には無理なんです。

投稿: ニヒリスト | 2009年4月17日 (金) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/16054221

この記事へのトラックバック一覧です: 私は卑屈:

« 松本再考 | トップページ | 慢性的なアレ »