« 一人で日常を生きる | トップページ | 暴力賛美の風潮に嫌悪感 »

2007年9月 3日 (月)

電子辞書とシニシズムと死

やー、もう9月ですね。早いったらないよ。ついこないだ更新したと思ったらもう一週間経ってたりとかねえ。嫌になります。

ま、そんな話は置いといて、電子辞書を買いました。つってももう2、3日前なんですけど、シャープの黒のやつでめちゃくちゃかっこいいんですよ。しかも100コンテンツも入ってて。ここで少し解説が必要かと思いますが、私は基本的には必要最低限のものを淡々と求めるタイプ。100コンテンツもあれば必ずいらないものも出てくるだろうし、やっぱり贅沢かなあ、もっと少ないやつにしようかと何度も迷いました。それでも私がこれに決めたのはそれ相応の理由があっての事なのです。以下解説。

まず第一に挙げられるのは私の大辞林へのこだわり。広辞苑でもなく大辞泉でもなく大辞林なんだという。大辞林のすごい所はなんといってもアクセント表示。つまり日本語の発音が何段階か分類され数字で表されているのです。知らない言葉、聞いた事もないような言葉はどう発音するのかすら分からないのでものすごく便利なんです。「だいがく」のように上がりっぱなしなのは「0」で、「そうじき」のように「う」から下がるのは「1」など、とても分かりやすく書かれています。

それともう一つは電子辞書やウェブ版などに押されて紙の辞書の衰退が叫ばれる中、新刊を発行したこの心意気って言うんですか、いいですよね大辞林は。現に広辞苑は周期的には出る頃ですが出してない。書籍版はうちにあるんだから電子辞書は別の辞書でも、というのも頭をよぎりましたがやはり以上の事を加味した結果、大辞林が入ってるやつにしよう、という結論に辿り着いたのです。

で、その基準で電子辞書を見るとまずメーカーはおのずとシャープに絞られてくるのですが、その中でも最近版の大辞林が入っているとなるとワンセグが付いてるか100コンテンツかという選択を迫られその結果100コンテンツにしたという事なのです。ま、この先何が必要になるか分からないしいいよね。

ここまでは電子辞書の話ですがここで話題を変えて、最近一部の人が更に露骨に私の進路を気にしてくるようになった。これから先年を取れば取るほど言われる事が増えてゆくのだろう。ウンザリします。まず思うのですが、何も考えずだらだら大学に通ってる人が「何かしている」と見なされ、図書館に足繁く通い様々な事を幅広く学びたいと思っている私が「何もしていない」と見なされるというこの理不尽さ。前もちょこっと書きましたけど、日本ってのは無駄に「所属」というのを気にしますよね。本人の人間性や行為の内容よりもどこに所属しているかが重要らしい。馬鹿でも大学に行っていれば学んでいると見なされ、怜悧でもどこにも所属していなければ、ブラブラしている、怠けていると見なされる。これは大学に行ってるやつが馬鹿だとか私が怜悧だと言う話ではなく世間一般はこのような穿った見方をする傾向があるという事なので誤解のないよう。

まあ今更そのような基準に振り回される私じゃありませんが、そのような基準が不快じゃないかと聞かれればやはり不快です。無根拠に無遠慮に思い込めてしまう、言い切れてしまう世間の安直さに腹が立つとでも言いましょうか。自分の頭でものを考えていないという事に一生気付かずもっともらしい正論を並べながら死んでゆく人々、その一人一人が悪いわけではないと知りつつも、軽蔑に似た感情を抱いてしまう事はどうしようもない。

要するに私はこの日本という国に対して不満だらけだという事です。どこを見渡してもおかしいと思う事ばかり。陸上にしてもサッカーにしても競技より「日本」に興味がある人達の熱狂振りは見ていてウンザリするし、家族だの絆だの命の大切さだのと口に出してスローガンとして浸透させていくにはおよそ相応しくないと思われるものを「みんな」に向かって何の疑問も持たず言えてしまう人が多いのも気持ちが悪い。

「命って大切なんだよ」と言って「ああそうだよね」と思える人は端から何の問題も抱えていないおめでたい人なわけですからそんな人に伝わっても意味がない。そういうものが本当に伝わって欲しい人というのはシニシズムな人、命が大切だと誰が決めたのか、家族が大切だと誰が決めたのか、自分が生きているという事は二酸化炭素を排出して、鳥豚牛を虐殺して、その他様々なものに迷惑をかけてまで維持すべき事なのか、という疑問を持ってる人なはずです。でもそういう人は愛だの希望だのといった安っぽいキャンペーンには絶対参加しない。だから早い話が24時間テレビ的なパフォーマンスはある程度余裕がある人達の馬鹿騒ぎに過ぎないと言う事です。本当に愛だの希望だのを浸透させていきたいのなら安易に言葉に出してしまわないでもっと地道にやらないとね。そういった直球をいくら投げ続けても私を含めシニシズムな人達には一生伝わる事がないのですから。

なんか脱線しまくりましたね。今日は何を書こうと思ってパソコンに向かったのかなんだか分からないまま書き連ねてしまいました。今日はまあまあ書けたかな、なんて思ってるんですがどうでしょう。なーんか色々書いてたら鬱々としてきちゃいました。この世の中やな事ばっかりですがなんとか生き延びる価値があるのかないのか。生きる事がいい事だなんて幻想だと思う。もし生に価値なんてなくて死んだ方が賢明だなんて事になったら色んな事が成り立たなくなる。だからみんなこぞって見ないようにしているだけ。それでも私が今は死のうとは思わないのは、この世界に生きる価値なしと判断するほどにはまだこの世界をよく知らないから。私が今色々と勉強している事は案外自殺への秒読みだったり?生=善で死=悪という価値基準には結構反吐が出る。実際死後の世界を見た後戻ってきて報告してくれた人はいないのだから、生きる事がいい事だなんて保障はどこにもないのにみんな自殺を責めるし、その愚直なまでの思い込みはどこから来るのか。まあもちろんこの理論だと死んだ方がいいという根拠もないわけですからなんとも言えませんが。

終わらせようとしたのにまた長く余計なこと書いちゃったよ。まあ私は別に自殺を推奨しているわけではないので。みんなが楽しく生きて寿命を全うしてくれればそれが一番だよ(偽善)。

それでは今度こそ本当に終わりです。長々と駄文をぶちまけてしまい申し訳ありません。

|

« 一人で日常を生きる | トップページ | 暴力賛美の風潮に嫌悪感 »

思想」カテゴリの記事

コメント

>私が今は死のうとは思わないのは、この世界に生きる価値なしと判断するほどにはまだこの世界をよく知らないから。

「よく知る」がどういう意味なのかが曖昧ですね。 意地悪で言うわけじゃないんですが、ニヒリストさんが死を避けるのは、
死というモノが、普遍的に不吉なコトだからでしょう。

だからこそ私は、敵の死を願います<(`^´)>

投稿: オールドニック | 2009年2月14日 (土) 10時19分

なかなか死なんのう…

投稿: 未来 | 2009年2月14日 (土) 15時41分

>なかなか死なんのう…

いちいち合いの手を入れなくてもいいですよ。 そんなのは無意味だ。


>私の大辞林へのこだわり。

ウチも紙版・電子版ともに大辞林ですが、アクセント表示以外にメリットはありますか?


>図書館に足繁く通い様々な事を幅広く学びたいと思っている私が「何もしていない」と見なされるというこの理不尽さ。

広く浅くってのは、すでに何かの分野で専門を究めた人がやると「教養」として認めてもらえますが、
何の専門分野も持たないペイペイがいきなり広く浅くというスタンスで知識を蓄えても、誰も認めてくれないと思います。

抽象画は本質を捉えた絵画ですが、それをやって評価されるのは、あらかじめ写実を究めた人だけなんです。

よく太田光が「ピカソのあれをいきなりやっちゃダメなの?」と問題提起していますが、知識についても同じで、
まずは細かい学問を修めて、IQの高さを証明した人にしか、全人的勉強をする資格は無い!というルールです。

ニヒリストさんはJMでの階級が「知識層」になっています。 この層はいわばJM団における“実行部隊”なので、
あなたには何か実務的なスキルを身につけてほしいんですがねぇ(-。-)y-゜゜゜

仮装大賞の仕掛け、考えましたか?

投稿: オールドニック | 2009年2月14日 (土) 16時55分

>ニヒリストさんが死を避けるのは、
死というモノが、普遍的に不吉なコトだからでしょう。

うーん、私が死にたいと思うのはこの世界は何をやっても変わらないと諦めた時か、
身近なところで酷い目に遭い過ぎて世界のことなんてどうでもよくなった時でしょうね。

世界を変える気がある現時点では私にとっての死が不吉なものであるというのはその通りだと思います。

>ウチも紙版・電子版ともに大辞林ですが、アクセント表示以外にメリットはありますか?

メリットじゃないかもしれませんが、大辞林の方が最近の言葉を積極的に採用してると思います。
それ以外は分かんないですけど。

>いきなり広く浅くというスタンスで知識を蓄えても

まあ今はまだ入り口を準備している段階ですから。私としては全てのことを広く浅くで済ませる気は毛頭なく、
ゆくゆくは世間に風穴をあけるための核となる何かを身に付けるつもりですよ。

> この層はいわばJM団における“実行部隊”なので、
あなたには何か実務的なスキルを身につけてほしいんですがねぇ(-。-)y-゜゜゜

私はねえ、一から十まで全部自分のためにやってるんです。そういう風にせっつかれるのが一番嫌い!協調性ゼロ!

>仮装大賞の仕掛け、考えましたか?

えっ、あれってやっぱり私も考えないといけないんですか?
私は集団で何かをやるってことには徹底的に向いてないと思います。
とりあえず発言しようにもあまりセンスのいい思いつきもなかったし…。

投稿: ニヒリスト | 2009年2月15日 (日) 03時24分

>ゆくゆくは世間に風穴をあけるための核となる何かを身に付けるつもりですよ。

やっぱりエキスパートにならざるを得ないんですかね(汗
そーゆー下世話な人間になることでしか生きられない酷い世の中に風穴をあけたい…。


>>あなたには何か実務的なスキルを身につけてほしいんですがねぇ(-。-)y-゜゜゜

>私はねえ、一から十まで全部自分のためにやってるんです。そういう風にせっつかれるのが一番嫌い!協調性ゼロ!

何言ってるんですかぁ、総長サマに仕えることが真の幸せにつながるんですよォォ!
これ以上の「自分のため」は他にない!


>>仮装大賞の仕掛け、考えましたか?

>えっ、あれってやっぱり私も考えないといけないんですか?

えっ、図書館でまだ文献を漁ったりしてなかったんですか? 知識層JMなのに怠慢だッ<`ヘ´>

仮装大賞の仕掛けを考案するなら、そうですねぇ…鶴屋南北や長谷川勘兵衛などの歌舞伎の舞台装置が参考になると思いますので、資料を漁って研究してください。

基本案ができたら総長に提出するように <`ヘ´>y-゜゜゜

投稿: オールドニック | 2009年2月15日 (日) 12時15分

>いちいち合いの手を入れなくてもいいですよ。 そんなのは無意味だ。

合いの手じゃないです。

いつものひとり言…

投稿: 未来 | 2009年2月16日 (月) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/16325395

この記事へのトラックバック一覧です: 電子辞書とシニシズムと死:

« 一人で日常を生きる | トップページ | 暴力賛美の風潮に嫌悪感 »