« 電子辞書とシニシズムと死 | トップページ | 小嶋よしおの下ネタ »

2007年9月10日 (月)

暴力賛美の風潮に嫌悪感

最近あまりいい文章が書けていない事は何となく分かっている。ありがちな文章ですよね、死に酔ってみたり多数派批判を繰り広げてみたり、なんだか最近同じような事ばかり書いている気がする。ダメですねえ。

まあでもとりあえず、少し気になった事件があったのでそれについて書いてみます。

その事件とは横浜市の相鉄線二俣川駅のホームで、当初は拳銃型のライターでふざけて遊んでいた高校生に注意した警察官が言う事を聞かなかったので高校生を殴ったという話だったけど、本当は高校生は既に駅員に注意されライターはしまっており、反省していないと勝手に思い込んだ酔っ払い警察官が高校生を一方的に殴っただけだったというあれです。それ自体はここで書くほどの事もないのですが、警官の行為がただの因縁だったと分かる前とはいえ、あの警察官に対して日本各地で共感の声が上がったというその日本の風土が気に入らなかったので書く事にしました。

この国に暮らしていると日毎日本人への嫌悪感が募ります。自分自身の偏見や共感の有無と暴力の是非を分けて考えるぐらいの分別はいい加減持てないものでしょうか。何から何まで気に入りません。まず最近の若者に対する軽蔑の目自体も気に入らないし、そのくせ自らを顧みる事は一切しないその傲慢さ鈍感さは見るに耐えない。その上自分はそんな若者に注意もできないものだから、ただ酔っ払って因縁をつけただけの警察官にすら共感してしまう。全く愚かです。

基本的にこの国の人達って思考停止でしょ?「何故」を考える事を絶対しないじゃないですか。人を殺す事は何故悪いのか、働かない事は何故悪いのか、最近の若者の心を知ろうともせずマナー違反だけを批判するし、他にもいくらでもあります。死ぬことは何故悪いのか、あの人は何故犯罪に及んだのか、買い物依存症、過食症、拒食症、鬱病なども何故なのかろくに知ろうともせずただ表面の事象のみを見て「いい悪い」を判断するだけです。根拠もなしに。

何故を考えない事は想像以上に怖い事です。ある人がその状態になるまで、その行動を起こすまでには様々な経緯があり、それはその人の人生全て、今まで受けてきた仕打ち掛けられた言葉など本当に全てが絡み合っての今なのです。それを一切見ずに、頑張らないのは悪い、痩せる努力をしないのは悪い、自殺する事は悪いと断じる事はその人の人生を全否定するも同じです。でもこの国はそれができてしまう人の集まりだから私はいつもイライラしている。

なんか話がずれてきたので警察官の事件の話にぐいっと戻しますが、要するに私が気に入らないのは物事をいい悪いで感情的に判断しようとする所です。マナーの悪い若者に対する警察官の暴力は「いい暴力」で若者が教師や大人に暴力を振るったら事情はなんであれ「悪い暴力」というこの理不尽さ。

これに関しては一つ一つ説明する必要があるのですが、まず私はいい暴力なんてものは存在しないと思ってます。暴力はどんな形であれ絶対悪であると言い続けなければなりません。というと綺麗事を並べているように取られるかもしれないので補足すると、私にも共感できる暴力はある。どれだけ言葉を尽くしても伝わらない事はあるし、そもそも聞く耳を持たない頑迷な人もたくさんいる中で気持ちは分かるというのは結構ある。でもそれと場合によっては暴力も仕方ないと言ってしまう事は全く直結しません。

何故ならその「場合によっては」の「場合」を誰が判断するのかという問題があるからです。この世の中には色んな人がいます。子供は不完全なものだから大人が管理して正しい方向に導かなければ、と思っている人もいれば子供の自主性を尊重する事こそが大切だという人もいる。日本は核武装をするべきだという人もいれば、唯一に被爆国として平和を世界に発信するべき人もいる。その上所詮人間なんて知っている事よりも知らない事の方が圧倒的に多いわけですから、正しい判断なんて下せるはずがない。事の是非を公平に判断できない人間がそれぞれの正義を力の限り訴える中で、この場合は暴力は仕方がないなんていう共通の定義が成立するかといえばするはずがない。

何が間違っていて何が問題かという事を共有できないのですから、この場合は暴力は許されると一方が言ってももう一方はそれに反対するでしょうしその逆もまたしかりです。という事はどういう事かというと、暴力を容認するという事は自分の望まない暴力も生んでしまうという事です。一個人がここまでの暴力は許されるなんていじましく定義したとしても、他人とそれを仲良く共有なんてできるわけはなくて、そんなものは他人の取り方ひとつでいくらでも拡大してゆくのです。線引きがしっかりとできず歯止めがかけられなくなるのは目に見えている、と私は思うのでやはり暴力は容認すべきでない、と考えます。

それにあの警察官の減刑を求めた人達は自分もそうした暴力で律せられる事を了解しての事なのでしょうか?中にはそこまでの覚悟をして暴力でしか人は改善できないという信念を持っている人もいるでしょうが、大半の人は自分は関係ないと思っているのではないでしょうか。マナーに違反するのは最近のなってない若者だけで自分はちゃんとしてるから大丈夫、という。でもやっぱり人間ですから何らかの形で人に迷惑をかけてしまう事って絶対あると思うんですよ。案外気が付かないうちにそういったミスを犯しているものです。そういう時に口頭での注意でなくいきなり殴られたらどうです?普通に考えて嫌じゃないですか?

まあ今回の事はね、子供に対しては暴力で支配してもいい、暴力で教え込んでもいいという蔑視も絡んでいるのだと思います。警察官が殴った相手が大人や年寄りだったら単純な暴力として批難されていたのではないでしょうか。という事は要するにあの警官を擁護した人達は自分達は安全圏にいた上でマナーを守らないガキには暴力でもって対応すべきという事を言ってるんですよね。品性下劣とはまさにこの事?あらぁ言い過ぎましたかごめんなさい。

まあなんにしても私にとって警官の暴力が注意であったか因縁であったかはどうでもいい事です。どちらにしても私にとっては許されない暴力という事になりますからね。暴力による矯正の蔓延る社会になんとか歯止めをかけたいなあ、と思いつつ今は特に何もできず。ここで書くだけでも少しは影響与えてるかな…まあもっとアクセス数を上げなきゃ話にならないか。

それではそろそろ寝ます。やっぱりブログ書き出すと寝るのが遅くなります。この締めは何回か使った気がするけど気にしない。おやすみなさい。

|

« 電子辞書とシニシズムと死 | トップページ | 小嶋よしおの下ネタ »

日本人批判」カテゴリの記事

コメント

いい子ぶんな気色悪い偽善者が。
暴力の何が悪い?
早く全ての暴力を合法化して言論を封殺しろ。
逆らう平和主義者は皆殺せ。

投稿: 暴力全肯定 | 2009年10月24日 (土) 11時58分

なんかまた面倒な方が…。果たしてまともな会話の通じる相手なのでしょうか。

>暴力の何が悪い?

暴力っていうのは基本的に馬鹿が勝つようにできてるんじゃないんですか?
説明能力のない、話し合い能力のない、あるいは端からそういうものの重要性を理解できない馬鹿な人間が暴力に訴え、それですべてが解決できると思ってしまう。暴力なんてのは狭量で無知な人間がやるものです。

それに暴力で人を抑え込むというのには終わりがありません。
いつまで経っても自分に敵対する人間が完全にいなくなることはないし、それを力で抑え続けるのは容易なことではない。

暴力は敵を増やすばかりで効率的じゃないし不毛です。
大体すべてが力で解決するなら人間の頭って何のためにあるんですか?

投稿: ニヒリスト | 2009年10月24日 (土) 13時22分

単にストレス発散のためだけの書き込みなんじゃないですか?
理論・理屈があるとは思えません。

削除したほうがいいんじゃないですか?

投稿: おまきん | 2009年10月24日 (土) 18時25分

こんな記事があったんですねぇ。「暴力反対」か…。

>暴力なんてのは狭量で無知な人間がやるものです。

そんなことを言って、弱い子を安心させるべきじゃないと思うんです。
暴力的な支配者は、知力でも体力でも、ニヒリストさんなんかより遥かに上だと思います。

持って生まれたエネルギーが違う。 スーパーサイヤ人の活躍を見て喜ぶ。
頭の回転の速さ、瞬発力、記憶力の良さは抜群。
ちょっと怒ればみんなは言うことを聞く…。

YouTubeで『ガンダム伝説』という動画を見ましてね、人気者の“ガンダム”をケンカの強いイケてる生徒に見立てて
他の“量産機”と呼ばれる雑魚キャラが ボコボコにされるというストップモーションアニメでした。リアルですねぇ。

逆に、“ガンダム”のプラモデルをバキバキに壊す映像が延々と続く動画もあって、怖かったです。
『ガンダム破壊運動』というタイトルでした。

とにかく、ガンダムのような“力の信奉者”は、暴力という言語しか持っていません。
私の経験上、そういう性格の悪い奴ってのは、自分が暴力で蹂躙されたときにはめっぽう弱い。
心から納得した様子で、唯々諾々と強者の言うことを聞きます。

やはり彼らには、彼らに分かる言語で話してあげた方がいいんじゃないですか?
それが最低限必要なマナーなんじゃないですか?

投稿: オールドニック | 2009年10月24日 (土) 19時17分

>やはり彼らには、彼らに分かる言語で話してあげた方がいいんじゃないですか?
>それが最低限必要なマナーなんじゃないですか?

うーん、要するにそういう奴は力で抑え込んでやって言うことを聞かせることがマナーだと?
でもそれで本当にその人たちは幸せなんですかねぇ。
というか仮に幸せであったとしても、上を作る奴は下も作るんです。
上を崇め奉ったらその分、下を作って蹂躙して鬱憤を晴らす。
ただ上を崇めるだけでその他の害を発生しない人間なんてまずいません。

上に媚びへつらう様も、下を蔑む様もたまらなく醜悪で反吐が出る。

だから私は暴力による支配、被支配の関係の一切を認めたくありません。
自分がその言語を用いてコミュニケーションをするなんてもってのほかです。

投稿: ニヒリスト | 2009年10月24日 (土) 23時48分

>単にストレス発散のためだけの書き込みなんじゃないですか?
>理論・理屈があるとは思えません。

>削除したほうがいいんじゃないですか?

うちはどれだけ悪意にしかとれない内容のコメントでも、理論、理屈がなさそうでも一度は対話を試みる、というのが方針なんです。
一方的な削除はしないことに決めていて、今回もそれに則った処置です。

未来さんのコメントを消したのはあくまで超例外的なケースなのです。

投稿: ニヒリスト | 2009年10月25日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/16399823

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力賛美の風潮に嫌悪感:

« 電子辞書とシニシズムと死 | トップページ | 小嶋よしおの下ネタ »