« 小嶋よしおの下ネタ | トップページ | 結婚は紙切れ、家族は幻想 »

2007年10月 1日 (月)

善悪は存在しない

また更新が滞ってしまいました。でも今回は少しはちゃんとした理由があって、5日ほど前になぜ人を殺してはいけないのかについて頑張って書いてたんですが、結局自分の中で矛盾を処理しきなくなって記事がダメになったのです。

その矛盾というのは善悪と関わりがあるのですが、ダメになった記事の代わりに今日はその善悪について少し展開してみようかと思います。

まず私は基本的に善悪という概念を信じない。それを誰が決めるのか、根拠は何か、全人類に適用されうる善や悪など存在しないのだから、やはり自分が善や悪を理解しそれに則っているなどと思うのは思い上がりではないのか、などの疑念があるからです。

自明な善悪などどこにあるのか。法律に書いてあるから?みんながそう言ってるから?今までずっとそうやってきたからか。これらの事は何の根拠にもならない。法律なんて社会を運営する上で便宜上定めてあるに過ぎないし「みんな」はいくらでも道を踏み外す。「みんな」がいつも正しいなら愚衆政治なんて言葉は生まれなかったはずです。これまでそうやってきたからなんてのもこれからもそうあるべきという事には繋がらない。

今巷に言われている善悪は単なる主観やエゴに過ぎない。そもそも人間の主観を超越した善悪なんてものが一介の人間に分かるはずがないのですから、あらゆる人間は自分が正しい、自分だけが正しいという考えを捨てるべきです。戦争を望むか望まないか。殺人を望むか望まないか。人権を望むか望まないか。国と個人どちらを優先するか。全てはエゴに過ぎない。

こう言うと善悪が分からなければ行動しようがないという考えが一瞬頭をよぎるけれども何のことはない、善悪に従う理由などどこにもないのですから自分の行動が正しいか間違ってるかなんて事を気にする必要がない。善悪はいつでもひっくり返り、悪を選択し悪を自らの思想にしてはいけない理由もない。私は自由です。法律も社会規範も道徳も私を縛れない。

ここまで書いて結局の所悪ってなんだよと思ったので調べたら、悪は「悪いこと。否定すべき物事。道徳・法律などに背く行動や考え」。いいじゃないですか。何の問題があるというのか。というかここまで不確定要素満載だと気を付けようもない。一体「誰にとっての」悪いこと否定すべき物事が悪なのか。マジョリティにとってでしょうか?地球にとってでしょうか。政府にとってでしょうか。結局は何に重きを置くかで悪が決まり、「○○にとって」の「○○」の部分を何にするかで善悪はいくらでもひっくり返る。善悪は個人個人の主観に過ぎないというのは当然です。もし何もかもを超越する善悪があったとしても、私がその根拠や証拠を見つける事ができなければ私にとってはその善悪はないも同じであり、結局は善悪はエゴだという説を繰り返すことになります。

私は戦争は嫌です。でも地球のためには人間同士が殺しあって人口が減った方がいい、という思想が善だとすれば私の考えは悪だという事になります。私にとっては首がない人、腸が飛び出てる人、脳がはみ出してる人などが倒れている地獄のような光景を、戦争によって作り出す事が地球のためだという事は承服しがたいので、地球のため説には反対するけれどそれが超越的な善悪に則っているかは分からない。

私は人権より大切なものなどないと思っています。それは犯罪者であれなんであれ誰にでも認められなければならないもの。だから死刑にも反対です。でも一定の人間に対しては人権など認めずに社会運営を優先させた方がいいという思想が善だとすれば私の思想はこれまた悪。この場合私は人権を踏みにじり国だ社会だと抜かす奴らが死ぬほど嫌いなので自分の主張を展開するし反対もし続けるけど、それが善かどうかなんて知らない。私は自分の言っている事が善だなんて思っていない。善である必要もない。むしろ悪であるほうが燃えるかもしれません。

私にとってのこうあるべきというのは単なるエゴであり、善であるなんて思い上がりは捨てるべきだと思っています。でもそれは私の主張を緩めたり遠慮する事には繋がらなくて、私はただ自分の主張が単なる主観、エゴである事を自覚しただけの事であり、じゃあ何も変わってないじゃないかと言われればその通りで、私自身善悪が存在しない事を殊更書き立てて何になるのかはよく分からない。ただやはり今の社会での規範や道徳に過ぎない事を善だと思い込んでいたり、自分の主観に過ぎない事を善だと思い込んでいたりする人々が結構いるので、お前の言ってる事は悪かも知んないじゃん(私にとっては悪でもいいんだけどやっぱり一般の人は善悪に従ってないと不安みたいだから)という事が言いたかったのだと思います。

私は思考停止には陥りたくない。規範も道徳も疑って、自分自身の考えている事や信じている事さえも疑っていかないと知識も何も高めていけない。思考停止の人達の滑稽さも見てきてるし。

私もこれぐらい書けばニヒリストを名乗る資格ありでしょうか。もっともっと虚無に磨きをかけなければ。そういう事のためならいくらでも頑張りますよ私は。

|

« 小嶋よしおの下ネタ | トップページ | 結婚は紙切れ、家族は幻想 »

虚無的思考」カテゴリの記事

コメント

ここでの議論は2008年7月30日の記事http://kyomutotomoni.cocolog-wbs.com/blog/2008/07/post_d76d.htmlのコメント欄後半部分からの継続です。

>いやぁ、無は無なんじゃないですかね。 優越するようなものが無と言えるか?

確かに無自体は優越しませんね。
ただそちらの正義だの悪だのというフィクションが「無」に勝っているのか?そんな捏造に無を否定するだけの何かがあるのか?ということが問いたかったわけです。
私はないと思う。だって嘘じゃん。

>それだと、虚無主義者しか議論に参加しちゃいけないってコトになりますよ。

別に全員にこれを強要してるわけじゃありませんから。
もういいなら「ある」ことにして普通の議論しますか?

>「主観だから」とか、「根拠が無いから」とか言うだけで、イクオール「間違った理論」とは限らない。

>UFO否定派が「そんなに居るって言うんなら証拠出せ!証拠!」って喚いてるのと同じで、反論になっていない。

だから私は虚無主義が「真理」だとは言っていない。
私にはすべてのものが無価値に見え、オールドニックさんの主張も単なるエゴに見える。だからそうじゃないのかと聞いているだけです。
オールドニックさんやJMの理論が究極の真理である可能性も否定していないし。

ただ私は証拠や根拠のないものは信じない。というかどこかで思考停止に陥らなければそんなものを信じ込むことは不可能でしょう。

「証拠出せ、証拠!」というのは確かに不毛かもしれませんが、根拠のないことをそこまで偉そうに並べたてる道理もない。
「じゃあ証明してみろよ」と言いたくなるのも当然です。

証拠がなくても真理はあるかもしれませんね。そりゃそうです、全ての事象が証拠を伴って起こるわけじゃありませんから。
ただそれを見つけて真理と言い張ってもそれが単なる個人の思い込みであるという疑念は一生拭えませんよね。

証拠がない以上はすべてのことは可能性に過ぎないわけで、
反論になってないと言いますが、証拠がないのに「存在する」と言い張るのは理屈になってるんですか?

>「人それぞれ」とは言っても、例えば、山田花子を“美人”と言ってしまうのは、やはり無理がある。
>くるねこストーカーを“善人”と言うのも同様。

>そーゆー、あまりにもレアなケースに対しては個別に対応すればいいし、それしかないと思う。

見る人が見れば美人に見えるかもしれないじゃん。
大体「あまりにもレアなケース」とかいうのは誰が線を引くの?オールドニックさんがやるわけ?
そういうところが曖昧っていうか杜撰なんだよね。

それに個別に対応ってのは具体的にどうするんですか?まさか多数派の同調圧力と同レベルってことはないでしょうが…。

投稿: ニヒリスト | 2009年2月28日 (土) 19時59分

>フィクションが「無」に勝っているのか?そんな捏造に無を否定するだけの何かがあるのか?ということが問いたかったわけです。

それは素晴らしい問いかけですね。 正義だけなら無に勝ると思いますが、悪が存在することによって相殺されてしまう!


>私はないと思う。だって嘘じゃん。

JMのSNSで私が「多数派の演出や作為がキモい!」みたいな意見を言ったら、知識層会員のイカこどもさんが「私は自分の興味ある分野でなら演出や作為も好き」みたいなことをおっしゃっていました。「なるほど!そりゃそうだ!」と共感しました。

良い嘘と悪い嘘があるんじゃないですかねぇ。 よく、「人類最大の嘘は宗教だ」なんてジョークを聞きますが、正義や平和は良い嘘といえるでしょう。


>もういいなら「ある」ことにして普通の議論しますか?

正義が「ある」?


>オールドニックさんの主張も単なるエゴに見える。だからそうじゃないのかと聞いているだけです。

主張してる本人がエゴと思ってるわけがないじゃないですか。 思ってたらこんな堂々と主張しません。
ただ自分が間違っている可能性を否定しないからこそ、私は相手の意見を聞くんです。


>ただ私は証拠や根拠のないものは信じない。というかどこかで思考停止に陥らなければそんなものを信じ込むことは不可能でしょう。

逆に、「証拠のある説」、「目に見えるモノ」、「必然的なコト」 しか信じないっていうのも思考停止なんじゃないですか?


>根拠のないことをそこまで偉そうに並べたてる道理もない。
>「じゃあ証明してみろよ」と言いたくなるのも当然です。

>証拠がない以上はすべてのことは可能性に過ぎないわけで、
>反論になってないと言いますが、証拠がないのに「存在する」と言い張るのは理屈になってるんですか?

仮説にはなってると思います。 「それでも地球は回っている!」

…私がいつもみんなから反感を買うのは「存在する」のように断定的な表現だからなんでしょうか?


>見る人が見れば美人に見えるかもしれないじゃん。

実際、ゾマホンが美人って言ってました。 彼曰く「アフリカではこういう体が美人」なんだそうで…(汗


>誰が線を引くの?

そのためにギロンがあるんじゃないですかッ!


>個別に対応ってのは具体的にどうするんですか?まさか多数派の同調圧力と同レベルってことはないでしょうが…。

障害のレッテルを貼って 迫害から保護するとか。 どうです?

投稿: オールドニック | 2009年2月28日 (土) 22時49分

>良い嘘と悪い嘘があるんじゃないですかねぇ。
>正義や平和は良い嘘といえるでしょう。

ということは正義や平和は価値のないものをあると言ってるだけの嘘であるというのは認めるんですね?

その手の嘘は結局私もつかざるを得ないものだと思うんですよ。
「すべての人間に人権を保障しようよ!…まあ人権なんてものに本当は何の価値もないんだけどね」とか言ってたら通る主張も通らないし。

>正義が「ある」?

私やこの社会にとっていいからってなぜそれが普遍的な正義となりえるのか?という問いをいったん封印して、
この場での「正義」を議論で決めるということです。

>主張してる本人がエゴと思ってるわけがないじゃないですか。 思ってたらこんな堂々と主張しません。

と言いますけど、私は単なるエゴをさも究極の真理であるかのように堂々と主張するのが目標なんですけどねえ。

私は自分の主張をエゴ以上のものに格上げすることには興味がない。そういう嘘には酔わない、っていうか酔えない。

>逆に、「証拠のある説」、「目に見えるモノ」、「必然的なコト」 しか信じないっていうのも思考停止なんじゃないですか?

そうなんですよね。そことの兼ね合いは難しいところです。でも証拠がないものを信じてしまったら考えるのをやめたってことだし。

この場合目に見える必然的な事っていうのは何を指すんですかね?太陽はあるとか?人間は生きているとか?
でもそれだって分かりませんよねえ、人間という生き物があらかじめ狂ってて太陽というありもしないものを知覚してるのかも…。

証拠があるものしか信じないんじゃなくて、証拠があるものも信じないなら思考停止ではないということにならないかな…。
なんかもうただの馬鹿みたいですけどね。でも考えてないってことにはならないんじゃないかと。

>仮説にはなってると思います。

仮説だと分かっているうちはいいですが、誘惑に負けてそれを「ある」と信じてしまったらその時点で思考停止のぽんこつに成り下がるわけです。
「ある」可能性があるということは「ない」可能性も当然あるわけで、
大抵の人間はその事実を見ようとせず何かを信じ込んで人生を終えるわけですね。

>…私がいつもみんなから反感を買うのは「存在する」のように断定的な表現だからなんでしょうか?

議論の時はそれでもいいと思うんですけどね。いちいち語尾に「かもしれない」をつけてても迫力がないですから。
「そうはいっても本当は可能性に過ぎないんだ」ということを分かっているかどうか、じゃないですか。

>そのためにギロンがあるんじゃないですかッ!
>障害のレッテルを貼って 迫害から保護するとか。 どうです?

そこまで異質なものを選定して「普遍的な正義」とやらを成立させたいんですか。
どこまでが一般的でどこからがレアケースかなんて不毛な議論に私は付き合いたくありませんね。
障害のレッテルを張るのはいいんですけど、その目的が「普遍的」を成立させるためだと思うとまたやだし。

もう普遍的はないってことでいいじゃん。結局オールドニックさんは多数派になりたいんですか?

投稿: ニヒリスト | 2009年3月 1日 (日) 22時06分

>ということは正義や平和は価値のないものをあると言ってるだけの嘘であるというのは認めるんですね?

「嘘」じゃなくて、「机上の理論」です。


>その手の嘘は結局私もつかざるを得ないものだと思うんですよ。

結局、私とニヒリストさんの行動は一致することになるんでしょうね。


>この場での「正義」を議論で決めるということです。

「正義」 すなわち 「弱きを助け、強きを挫く」 です。


>私は自分の主張をエゴ以上のものに格上げすることには興味がない。そういう嘘には酔わない、っていうか酔えない。

よくそれでウツ病になりませんね。 エゴなわけないじゃん! 弱者が助かるんだからさぁ。


>証拠があるものしか信じないんじゃなくて、証拠があるものも信じないなら思考停止ではないということにならないかな…。

原則的には、証拠のあるものは信じてもいいと思います。 太陽はあるでしょう。
ただ、「この説は有名な学者が言ってることなんだ!」とか言うのは思考停止です。


>「そうはいっても本当は可能性に過ぎないんだ」ということを分かっているかどうか、じゃないですか。

その確認を、JM団への加入儀礼にしますか?


>もう普遍的はないってことでいいじゃん。結局オールドニックさんは多数派になりたいんですか?

その辺の認識が、まったく正反対ですねぇ。
多数派は普遍を否定していると思うんです。

礼儀作法が普遍的な正しさでないことを知りながら、それでも強要するからタチが悪い!

「みんなに合わせろ! 生意気だぞ! ゴルァァ!!」 と恫喝しているのであって、決して普遍だの正義だのとは思っていない。

“常識”と思っているだけ。

彼らは普遍的な正義などと聞くと必ず 「そんなの人それぞれだろ!」と言って怒ります。

投稿: オールドニック | 2009年3月 2日 (月) 02時43分

母が申すには
「普遍的は難しい言葉」
だそうです。

投稿: 未来 | 2009年3月 4日 (水) 21時10分

>「普遍的は難しい言葉」

そうですか。では多数派が大好きな言葉ってコトですね。

善悪についてニヒリストさんから反論がありませんね。どうしたのかな?

フィクションが全部悪いということはないと思う。やはり「正しい理論」や「邪悪な理念」が存在するだろう。

投稿: オールドニック | 2009年3月 5日 (木) 00時17分

大好き…ですか。

でもそんなこと言ったら
喧嘩うってるみたいにとられますぜ、きっと。

投稿: 未来 | 2009年3月 5日 (木) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/16626005

この記事へのトラックバック一覧です: 善悪は存在しない:

« 小嶋よしおの下ネタ | トップページ | 結婚は紙切れ、家族は幻想 »