« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

大量に…


ただいま高知に帰省中、というわけで買っていただいちゃいました。

内訳はTシャツ3枚にヒートテックインナーとかいうやつ2枚、それとパーカー2枚に靴。靴以外は全部ユニクロです。

私はねー、この手の買い物に関しては物凄く慎重で、ちょっとでも気に入らなかったり違うな、と思うと買うのをやめて帰ってきてしまう程なんですが、今日はもう買ってもらう事前提で家を出ているものですからやっぱりいいやともいかず、なんだかんだでこんな量になってしまいました。
でもやっぱりそうやって断りきれずに勢いで物を買うと失敗もあって、去年の夏は綿のちょっとした上着みたいなのをちょっときついかな、と思いつつも買ったらやっぱりピチピチだったり。

まあ今回はそんな失敗って程じゃないんですけど、パーカーの方にね、ちょっと一抹の不安が。

私はオシャレにまったく無関心なので服選びの基準はだぼっとしてて、だらっとしてて、胸にオシャレに無頓着って書いてあるような感じで。その点今回のパーカーはちょっとオシャレに走っちゃった、みたいな。なんか変な女みたいで、邪道っちゃあ邪道。

それでもずっと見てるうちに拒否感も薄れてきたんで買っちゃったんですがどうでしょう、私の売りでもある漲る倦怠感がこの服によって阻害されるなんて事は絶対にあってはならないんですが。…今改めてユニクロのチラシを見てみたら私のパーカーの所にフェミニンの文字が。

…フェミニン?そんな馬鹿な。いや…いやあああああ!ちきしょう!こうなったらこの私の負のオーラでもってこの服をノットフェミニンに着こなしてやろうじゃないか。首洗って待ってやがれフェミニンめ…。くそう。

今年も本当にあと僅かというこの時にフェミニンなんて単語が私のブログに登場するとは誰も予想していまい。まさかのフェミニン落ちだぞ。ざまーみやがれ。誰に言ってんだ。

ということで、よく分からないテンションで高知からお届けしているわけですが、そろそろみんなと合流して大晦日っぽく過ごさないといけないから(今は二階で一人で書いてます)この辺で。皆さん風邪など引かぬようよいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

だるいだるい

なんだかんだで年の瀬。全然実感が湧きません。やっぱり年末に差し掛かり鬱々としてくるのもそういう余裕、暇があるからで、小人閑居して不善をなすってのは私の場合まさにその通りであり、今年は慣れないバイトで忙しかった分、年末の「また今年も終わってしまう。無駄に。無為に。こんな事なら生きてても仕方がねーな、あーあ、あーあ、あーあ、無益な人生」みたいな気分を味わわずに済んでおり、まあバイトも悪い事ばかりじゃないな、なんて言っとりますけども。

なんかバタバタして書くのが遅れましたが、明日から高知へ帰省します。わざわざ帰省ラッシュだなんだと言われている時期に帰省するのも気が重いですが、父親の休みはごく一般的な日程となっているので仕方がない。新幹線の自由席で帰るんですが、そこにはきっと私を不機嫌にさせる要素が満載なんでしょうね。絶対ウザいだろうなー。いかにもって感じの人達がうようよしてるニュース映像を見るだけでテンション下がるっていうのに。大晦日は徹夜でテレ東の慣例も崩れちゃうしさ。まあもちろんパソコンのハードディスクに9時間しっかり録画しますけど。

まあそんなわけで明日から来年5日まで1週間ほど帰省するんですが、このブログは携帯からも更新できるので、何かあれば随時写真も入れつつ更新したいと思います。ただ前にもチラッと書いた通り私は携帯が嫌いで、そもそも打つのが遅い、使いたい言葉が変換で出ない、予測変換の使い勝手が悪い、等々の障害があるため、中身のあるずっしりとした更新はできないでしょうが、そこら辺はご了承ください。

それでは、今年中にもう一回ぐらいは更新するかもしれませんが、一応今年最後となってしまった時のために言っておきます。皆様よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

鳥居みゆきって人

鳥居みゆき、すごいですね。ネタは今まで何回か見た事があったんですが、今日また例によってギャオの超サンミュージックで、初めて普通に(?)喋ってる所を見ました。私はもうネタを見た時からただの奇をてらった色物芸人とは違うと思ってたんですが、実際喋ってる所を見たらあまりの普通じゃなさに度肝を抜かれました。最近はシュール系の芸人も多いし、ネタがぶっ飛んでるのはそれほど驚きませんがフリートークであれをやるのはすごい。

でも私なんかが見ているとただ単にキャラとか計算とかで片付けられないというか、要するに会話の端々に、幼少期からいわゆる「普通」ではなかった故に、その「普通」に当てはまる人間になるよう相当な圧力を受けて育ってきた人なのではないかと思わせる部分が多々あり、どこまでがネタでどこからが、というのは私も読み切れないんですが、それでもやっぱりあれをやるにはある程度その人格を生む素地が必要なわけで、普通に育った普通の人間があれを演じるのはどう考えても無理だろうと。

社会から弾かれる自分、他の人とは何かが違う自分、そんなんじゃだめだと言われ続けた挙句の自我の爆発、自意識の暴発、それがあの姿なのではと思います。だからあれはある意味では素のあの人そのものであり、私にもああいう部分は確実にあるのだと思う、というかちょっとしたきっかけで私は簡単にああなるだろう。

やっぱり私のような卑屈な弱小人間から見ると妙な共感を覚えてしまって、自分という人間が無視され「普通」に押し込められる言語を絶する苦しみとかを鳥居みゆきの中に見たりもして、世間が憎たらしくなったりしてしまうので、ただ面白いというのとはちょっと違う。だって「どうも、戸塚ヨットスクールの生き残りです」なんてセリフは普通じゃ出ないもん。もし事実でないとしてもそれに準ずる扱いはきっと受けてきたのだろうと思わせる何かがあの人にはある。だからいたたまれなくなる。基本女嫌いな私が惚れた理由もきっとそこにあるのでしょう。

というわけで、ここまで書いたような事は冒頭のリンクから飛んで超サンミュージック等を見ていただくと分かりやすいと思います。ジョッキーをクリックしてから芸人タブをクリックで見られます。個人的には飛び石連休藤井さんとの絡みより髭男爵との絡みの方が好きです。藤井さん、嫌いではないんですがなんか可哀想になってきちゃうんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

フリーター。って範疇に入るのかしら。

アルバイトを始めました。せっかくブログをやってんだから、電話しました、明日面接です、採用でした、明日初バイトです、とかなんとか書けばいいのに、おそらくそれがブログというものであるというのに、バイト初日も終え1日経ってから更新するというのはまあ、種々の複合的理由が、とかいう前置きはもういいですね。

倉庫内の仕分け的な仕事なんですが、やっぱり慣れない事は苦しいです。体力的には腐っても十代というのかなんなのか、それほど問題は無いんですが、やっぱり精神の方がきつい。私はですね、それはもう過去の記事を掻い摘んで読んでいただければ分かるように、もう病気と言ってもいいような性格です。非日常は敵であり分からない事は恐怖そのもの。そんな私が右も左も分からない場所に飛び込んで金をもらおうというのですから、それなりの大変さは当たり前なのです。そこら辺の精神的苦痛を少し甘く見ていたと言いますか。

仕事内容自体は性にあっていると思うのです。一度仕事を覚えてしまえば人に話しかけなくてもいいし、自分の仕事をただ淡々とこなせばいいのであり、その際私の病的な性格や卑屈さなどはまったく問題にならない。要はそこに行くまでの精神的苦痛をどうやり過ごすかという話で、これはまあ仕事を早く覚えるという事ぐらいしか解決法は無いんですが、それまでの期間を思うと憂鬱。頑張らないと。

そうそう、それと勤務時間はなんと午前6時から9時。やっぱりこの先政治経済と色々勉強する中でバイトで一日潰れるのは嫌だ、ということで、日中のほとんどを自由に使える時間帯にしました。ザ・不健康と言ってもいい生活を送ってきた私が健康的且つ建設的な生活を送るチャンス。活用しなければ。

でもあれですよ、漫然と生活上の細かい話をさせてもらうと、バイトは月木金の週3日なんで、従来の夜更かしもそれなりにできるってのもありがたい。後は生活の一部になってくれれば言うことなし。

というわけでね、普段ならもう少し膨らましてだらだら書くんですが(もっと鬱積したものをぶちまけたかった)明日も6時からバイトなんで今日はこの辺で。バイト終わりの時間がたっぷりある時にまた書きます。でも仕事に慣れるまではまた更新頻度が下がるかも。とかなんとか保険を掛けておく…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »