« 太田総理ネタ | トップページ | 右翼が騒ぐことは何もするなってか »

2008年3月29日 (土)

有吉の悪口

最近有吉が好きだ。電波少年とかほとんど見てなかったからヒッチハイクのイメージとかは知らないけれども、おしゃべりクソ野郎は革命だと思う。初めて聞いたときどれだけ笑ったか。アメトークの流行語大賞をとった時は本当に嬉しかったです。ああやっぱりみんな品川のことをそう思っていたんだ、と。ああいうのもセンスですよね。一度あれだけの秀作を生み出してしまうと今後あれに比肩するだけのネーミングが出てくるのかと心配でしたが、昨日のアメトークを見る限りそれも問題ないようです。

でも私の勝手なイメージだけど、みんなにブワっと注目されて「品川ってなんだっけ、品川ってなんだっけ!?」とか振られだしたらあの人の面白さは半減してしまう気がする。ああいうのは陰でこそっと言うからいいんで(まあテレビって時点で陰じゃないけど)、それにおしゃべりクソ野郎という単語が一般化してくるにつれて当初の品川に対する憎悪みたいなものもなくなってきてしまっている。

最初に聞いたときは確か、有吉は品川の事が嫌いでなんて呼んでるんだっけ?みたいな入りでおしゃべりクソ野郎って言ったら、ちょっとマジっぽいシャレにならない香りのする笑いだったのが、最近では「品川は?」と聞かれておしゃべりクソ野郎と答えればドカンと受ける、ほのぼのしたものに成り下がってしまっている。有吉が最初にどれだけの憎悪をこめておしゃべりクソ野郎と言ったのかは分からないけど、私の読みでは最初はほんとに単なる悪口だったんだと思うんだよね。憎悪に満ち満ちた悪口。それを言えば誰かが笑うようなライトなものじゃなくて…。

私はおしゃべりクソ野郎という単語にその悪意を感じたから、笑いと同時にこの人好きだな、と思ったんです。でもそんなものは一歩間違えばただの悪口だし(っていうか間違えなくても悪口か)、本来テレビで流すようなもんじゃないんですよね。それに本気の悪口は言われたほうも傷つくしシャレにもならない。テレビで一般化される悪口ってのはそこから本気の悪意を抜き取りみんなが笑えるように加工したものなのです。有吉のおしゃべりクソ野郎もそうなった。最初がどうだったかは知らないけど。

でも有吉に関して言えば私はそれをどうしても物足りなく感じてしまうのです。あの人の本気の悪口が聞きたい。吐き捨てるように毒づく所が見たい。そういう魅力があるんです。よく分かりませんが有吉の悪口は中毒性がある。また聞きたいもんなあ。誰かが傷ついても。

すべてに通底する「自分みたいなゴミ人間はとっとと死んでしまったほうがいいんだ」とでも思っていそうなあの感じが、自分と近く見えてくる。私は自分のことを欠陥品だと思ってますし、それは「そんなことないよ」とかいう言葉でどうにかなるようなレベルを超えた、思い込みと事実とが判別できないぐらい複雑に絡み合った結果のそれはそれは強固な心の重石。一生取れることのないそれを抱えて私は…ってそんな話はどうでもいいや、とにかくそういう部分でのシンパシーがかなりあると。勝手な決め付けですけど…。

というか私もテレビの中の誰かを勝手に好きになって勝手に分析するのはやめたほうがいいよな。現実での人との繋がりが希薄だからそんなことになるんでしょうが、もはや妄想の域かもしれない。でもまあ誰に迷惑をかけるわけでもなし、いっか。ネット上のゴミがまた一つ増えただけさ。

今日はこんな所で。

|

« 太田総理ネタ | トップページ | 右翼が騒ぐことは何もするなってか »

お笑い芸人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/40630455

この記事へのトラックバック一覧です: 有吉の悪口:

« 太田総理ネタ | トップページ | 右翼が騒ぐことは何もするなってか »