« 主語のない国、日本 | トップページ | 結婚式その後 »

2008年4月12日 (土)

ふざけた話だ

明日は高知へひとっ飛び、いとこの結婚式に出ます。話の分かる方はこの時点で吹き出していただけると思うのですが。お前が結婚式かよ、と。かく言う私が一番、私が結婚式かよ、と思ってるものですから。

結婚がめでたいという概念もない。結婚式などなぜやるのかもわからない。私にかかれば結婚式自体が壮大なボケだという解釈すら可能だ。なにが悲しくてこの私が結婚式なんてふざけたものに出席しなきゃならないのかなあ。化粧をしてそれなりの格好をして人前に出るだけでも結構な屈辱である。恥辱である。っていうかむしろ陵辱である。

大体こんな記事を書いたような人間に結婚式に出る資格がまずないよね。紙切れって言っちゃってるし。不倫のなにが悪いとか言っちゃってるし。

それでもまあ決まってしまったものは仕方がない。潔く辱めを受けようじゃないか。ついこないだまで高校を卒業するのしないので揉めていたいとこが結婚だなんて、それなりの感慨がなくもない。ほとんど無いに等しいけど。

結婚は人生の墓場って言うし、ちゃんと冥福を祈ってあげないとね。墓場に入ってからも末長~くお幸せに。ふっ、こんな根暗を結婚式に呼ぶ代償は大きいぞ…。

|

« 主語のない国、日本 | トップページ | 結婚式その後 »

日々を綴る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/40853467

この記事へのトラックバック一覧です: ふざけた話だ:

« 主語のない国、日本 | トップページ | 結婚式その後 »