« 右翼が騒ぐことは何もするなってか | トップページ | ふざけた話だ »

2008年4月 8日 (火)

主語のない国、日本

世間では入学式らしいですね。バイトしてなきゃ絶対気が付かなかったよ。バイト先のおばさんが言ってたからああそうなんだと思って。それにしても学校なんていう子供版刑務所に入るのを入学式とかなんとか言祝いでいるのですね、世間は。ふん、失笑を禁じえない。入学式ならぬ入所式ってとこか。国旗も不快だしさ、私という人間は個人として完結しているのであり、日本なんてものが私のアイデンティティに入り込む隙なんてこれっぽっちもありはしないのです。大体たまたま日本に生まれただけなのに、何でそんなものを愛する事を強制されなきゃならないんだ。

卒業式の起立不起立の問題とかさ、私なんか不登校児ですから幼稚園の卒園式が最初で最後、立って君が代を歌わなきゃならないということ自体現実味がないんですが、実際事細かに式典の手順が決められてたり教職員が処分されたりしてんですよね。とんでもない話です。

さて、前回に引き続き映画靖国。煮え切らない。誰一人として自分がこうだから、というのを言わない。国会議員側は試写会要求すらしていないとか言い出すし、映画館側は供給側に言われたとかいうし。この騒動には主語がないんです。辛うじて右翼側には主語があるかな、と思ったりもするんですが、聞けば映画を観た事もないという話だし、週刊誌の言葉を鵜呑みにして街宣車で出かけていったとか何とか。あまりにお粗末です。自分の頭で考えるという事をほんの少しでも実践しようとした事があるなら、週刊誌の言葉一つで街宣車で出かけていったりするわけがない。

その程度の抗議に萎縮して公開自粛だなんて恥を知れと。議員の試写会要求にしたって同じこと、偏ってる最たるものである自民党議員に「偏っている」といわれて上映自粛なんて、街宣活動に屈してしまうよりも余計にたちが悪い。っていうかそれが一番偏ってんだろ。

表現に携わる人間だったら国会議員の難癖なんてむしろ勲章ぐらいに思ってなければやってけないと思うんですけどね。議員から試写会要求がくるってことはそれだけ日本の伝統と文化にとって不都合な真実だってことでしょ。表現の場を提供する者としてはそういうものこそ発表する機会を守らなければならないはずだし、それができなくてどうして映画なんてものに携わってるんでしょう。

表現の自由といった時の表現の中身ってのは国家や多数派とは違う考えのことです。国や多数派と同じ意見ならもう既に表現する自由は保障されてますから敢えて守る必要はない。それとは違う考えをどう守っていくかということが表現の自由、言論の自由ということです。そんな表現に携わるものとしての常識が上映中止を決めた人達にはなかったんでしょうか。国会議員に観せてくれと言われたらやめるのか。右翼に騒がれたらやめるのか。そうじゃない。そういうものこそ守らなければならない。潰されやすいものほど守らなければ。

映画館側も国会議員も右翼も、それぞれの程度は非常に低い。議員はしょうもないイデオロギーに固執し週刊誌を真に受けて映画見せろとか言っちゃったんだろうし、右翼も映画も観ずに週刊誌を信じて街宣車で行っちゃった。映画館は映画館で表現の自由を守るというポリシーも持たず漫然とやっていた所にこの2つが合わさって、映画を潰すほどのことになってしまった。本来はこの程度の事で上映中止なんてなるはずがないのに、一つひとつが最悪の形で組み合わさりこんな結果に。

主語がない、ポリシーがない。だから何か言われた時、自分の言葉で議論を交わしたり反論したりといった事ができない。言われるがまま萎縮し、摩擦を避け、「自分はこう思う」という主語がないまま他者に合わせていく。それが気持ちが悪い。多少捻じ曲がってても自分の考えを実現しようという主義主張があったほうがまだいい。だから今回の件で一番マシなのは街宣活動をやった右翼かもしれない。ニュース23で森達也も言ってたけど観てから言えよというのはあっても、街宣活動をやる自由はある。自分はこう思う、だからこうした、というのがハッキリしてるだけ責任の所在も明らかだし。それと戦うだけの自我を持たなかった映画館側がやっぱり一番たちが悪いんです。そりゃああの右翼も思慮が浅いけどさ。

もうこの際「聖火自粛」とかもやったらどうか。中国はチベット問題でなんか揉めてる。オリンピック開催を阻止したい人達がいるらしい。双方の言い分はよく分からん。自分の考えはない。「じゃあなんか危なそうなんでパスで」と言えば日本がどういう国か、世界の人々によ~く分かってもらえると思う。日本の人々がいかに日々何も考えずに生きてるかってのを世界に見せつけてやろうぜ。そのためには、聖火自粛、いいと思うけどなあ。一生ど根性大根だの芸能ニュースだのに沸いて朽ち果てればいいんですから、日本国民なんて。馬鹿は馬鹿らしく政治問題化したものには首つっこまないってのが一番いいんじゃないですか。ああこんな国に生まれなきゃよかった。

|

« 右翼が騒ぐことは何もするなってか | トップページ | ふざけた話だ »

日本人批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/40806168

この記事へのトラックバック一覧です: 主語のない国、日本:

« 右翼が騒ぐことは何もするなってか | トップページ | ふざけた話だ »