« 社会に適応したくない | トップページ | 映画「靖国」 »

2008年5月 7日 (水)

ごらんしーん

全然ネットに繋がらなくならない。勘違いか…。よく分からん。まあしばらくは大丈夫みたいです。

ゴールデンウィークなんて俗世間のくだらないシステムには興味がありませんが、今回は九条世界会議に参加。4日と5日に幕張メッセであったんですが、結構楽しかったです。特にブース会場では一歩歩くごとに「よろしくお願いします」と乱れ飛ぶビラ、ビラ、ビラ…。本来ならそういうのってすごく疲れるんですが不思議と嫌じゃなくて、月並みですが私もなにかしなければと思わせられました。

行動を起こすというのは大切な事で私が苦手とするところでもあるんですが、前回も書いたように少しずつ自分の殻を破りつつあり、活動家まであと一歩と自分では思っています。気に入らない事があるとキチガイとかなんとかネットに書き込むようなクサレ外道の事も少しは見習わなきゃなって思うんです。ああいう人達は自分の無知さや狭量さに鈍感で自分がおかしいと思ったことを正直にただおかしいと主張しその稚拙さを省みることもないオナニー集団なわけですが、時にはそういう鈍感さも必要なんじゃないかと思う時があります。

一人の人間が知りうることなんて限られていて、真実なんてものは一生かけたって語りえない。自分の言ってる事は間違ってるかもしれない、もっと知らなければ分からないと言ってたら延々と表現というものに近づけないわけです。完全じゃなくても知識に不備があってもおかしいと思ったものにはとりあえず声をあげてみるという勇気というのか。そういうものが必要で、あの集団にはそれがあって私には欠けている。知らないで喋るというのが怖いんです。でもオナニーでいい、自分が気持ちよければいいんだという思い切りも時には大事?と思います。見習おう。少しは。

                       「ここから変わります」

クサレ外道、クサレ外道、ああムカつくクサレ外道。ネット右翼とかいうクソ人種が私は大嫌いです。いつもいつも理性的な批判を心がけてきましたがたまにはいいでしょう。イラクの人質事件のときに自己責任だとか騒ぐクソ野郎。光市事件で死刑死刑騒いでるクソ野郎。理論的な裏づけなんてなく、ただ「死ね!ぶっ殺してやる!」って叫びたくなる時ってありますよね。ろくな考えもなくキチガイだとかなんだとか抜かしやがって。自戒もない。節度もない。理性もない。何もない。私がテメーの文章の何倍書いてると思ってんだ。お前のキチガイの4文字に私の文章が劣ってるとでも?ふっざけやがって、文句があるならそれなりの文章をきっちり書いて反論してみろっつうんだ。

大体あれですよ、ハンディ。私が文章書くのに100考えてるとしたら向こうは1しか考えてない文章を次々に投げつけてくる。私はそれにも100考えて反論しようとするから私ばっかり疲れる。質より量作戦に負けそうだ。どう考えてもおっつかない。でも1にしちゃったらクサレ外道になっちゃうし。質を維持するためにはどんどんどんどん知識を入れてかなきゃ追いつけないんだってことですね。

今まで感情的にならないようにって気をつけてたんです。自分の言ってる事こそが正しいんだという独善人間になりたくなかったし、だからその言い分も分かるけどでも、という言い方を崩した事はなかった。でもムカつく時はムカつくし、私はクサレ外道は大嫌いです。

思想は数限りなくある。その中でどんな思想を持とうとそれは自由ですが、クサレ外道の自分の言っている事が間違っているかもしれない、相手の言ってることも一理あるかもな、という考えの欠如が私は本当に許せないんです。自己批判のない人間なんてオナニーです。そんなオナニー野郎にキチガイとか言われたくないし、っつーか死ね!とか思ってしまう自分もいますし…。なにか言えばそれだけじゃあ自分はどうなんだという問いが返ってくる。だから私の人生はちっとも気持ちよくないわけですが、まあそういう禁欲生活もいいかなと。でもさっきそういう思い切りも必要だって書いたんだっけ…。

と、ここまで書いていつもの自分の文章との違いに目を見張るばかりですがどうしようかなあ、ところどころ綺麗な言葉に直す?めんどくさいなー、それをやっちゃうと躍動感みたいなものも失われそうだしぃ。いいや、このままで。ここから変わりますとか書いとけば大丈夫だろ。引く奴は引け。私はこういう奴だ。

まだまだ全然言い足りないけどここで憎悪を撒き散らしても仕方がないのでそのエネルギーは理論的批判に振り向けるべきだという結論を導きつつ(もう遅い?)今日はこの辺で。最後にクサレ外道に「キチガイはどっちだ」という言葉を贈りつつ…さよなら。

|

« 社会に適応したくない | トップページ | 映画「靖国」 »

鬱積物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/41118805

この記事へのトラックバック一覧です: ごらんしーん:

« 社会に適応したくない | トップページ | 映画「靖国」 »