« たけしの日本教育白書 | トップページ | かもしれない人生 »

2008年11月24日 (月)

トロッコ問題

教育白書についての記事を書いてから他の人の感想とかブログもちょいちょい覗くんですが、トロッコ問題について真正面から答えない人間が多いのに驚きました。

この問いは生命倫理を問うことを目的に作られてるわけです。誰かを救うために誰かを犠牲にする事はいいことか?という事を考えるためにこの問いは存在する。できる事なら両方死なせずに何とかしたいというのは誰もが思うところなのでしょうが、そんなことを言ってたらこの問いの主眼である倫理の問題に話が発展していかない。

両方助ける事は絶対にできないという前提が重要な意味を成してるという事が理解できないんでしょうか?それもよっぽど軽妙洒脱な答えを考え出して両方を救ったならまだいい。大声を出すだの切り替えスイッチを真ん中にしてトロッコを止めるだの…実につまらない。そんな答えに何の価値があるのか理解に苦しみます。

どっちかは死ぬって言ってるんだからその範囲内で答えを考えろよ!お前はそんなに人を救いたいのか?甘ったれてるよね。現実には億単位の人間を見殺しにして生きてるくせに、自分の意識の及ぶ範囲では仮定ですら人が殺せない。自分に人が救えると思い込んでるみたい。できもしないくせに。

私がそういう中途半端な答えに腹が立つのは、そういう答え方をする奴が総じて自らの加害性に鈍感だからです。先進国に生まれて生きてればそれだけで途上国の人達に何らかの犠牲を強いている事になるし、他にも他人に犠牲を強いているケースなんていくらでもある。

自分が誰も傷つけず、誰も犠牲にせずに生きてる。そういう思い上がりが「私は全員を助ける」なんて甘ちゃんな答えを生むんです。人間なんて普段から誰かを踏みつけて押しのけて生きてるんだから、こういう質問にだって淡々と答えなきゃなりません、本来は。

私は一人ひとりの命の重さを尊重するために5人を見殺しにします。トロッコが5人のいる方へ突っ込んでいくのは最初から決まっていたこと。私がそうしたわけじゃない。私は殺人はしないし、5人より1人の方がなんて下衆な考えもしません。スイッチは切り替えずに5人を救うためにちょっとだけ頑張って「やれることはやったんだ」と自分を納得させて5人が死んだ後ものうのうと生き延びます。これが私の答え。

みんな綺麗事が好きよね。全員を救うといえばそれは聞こえはいいけど、そんなんじゃ人間の本性に全然迫れない。そんな上辺を取り繕ったようなことばっかやってて楽しいのかな?自分の倫理観のために何を犠牲にするのかを冷徹に分析するという姿勢が欠けてる。

「そんなの選べな~い」とか言われるとぶん殴りたくなるんですよね。ぶってんじゃねえよ!と。人間ってもっと残酷な生き物だと思うんだけどね。みんな人が好すぎるのかなあ。いや何も考えてないだけか。

|

« たけしの日本教育白書 | トップページ | かもしれない人生 »

思想」カテゴリの記事

コメント

要は,5人か1人のどっちを殺さねばならないかですよね。

僕は5人殺します。
生き残る人数が多いほど,あとあと,人間関係とかめんどくさくなりそうなので。

普段,少数派の味方ヅラしてるクセして,こんなこと言うんだから,つくづく卑劣な自分です。が,それでもまあOKです。

社会が大事な人たちは,自分が汚れてるように見られて排除されるのが嫌なんでしょう。だから,まともに答えませんよね。
そっちのほうが,よほど狡猾で冷徹です。
まあ,だから社会に適応できるんでしょうね。 ……たくましい。

投稿: おまきん | 2008年11月24日 (月) 12時58分

>要は,5人か1人のどっちを殺さねばならないかですよね。

まあ厳密に言えばスイッチを切り替えられる場所にいるというだけでそこまで生殺与奪の権限を与えられたことになるのか、というのはあるんですけどね

何も手を加えなければ「トロッコが暴走した理由」が「5人が死んだ理由」なわけで、そこに私が介在する余地などない。

スイッチを切り替えて一人を「殺す」ことと、切り替えなかった結果5人が「死ぬ」ことを同列に「殺人」と言うことには違和感があります。まあ殺人を犯さないという倫理のために5人を見殺しにしたという言い方はできますけどね。

以上レスというか補足。

>生き残る人数が多いほど,あとあと,人間関係とかめんどくさくなりそうなので。

いいですね、その打算に塗れた感じ。嫌いじゃないです。

>まあ,だから社会に適応できるんでしょうね。

まあ私はそんな理念なき社会適応になんらの価値も見出しませんけどね。一生そうやって言葉を濁して可もなく不可もなく生きてりゃいいと思います。つまんない人生ですよ。

投稿: ニヒリスト | 2008年11月24日 (月) 15時54分

こんにちは。
はじめまして。
いまさら投稿して申し訳ございません。
東京都在住のけちょんと申します。

私もこの番組を拝見しておりました。
そして「スイッチを分岐点のぎりぎりで変えることでトロッコは真ん中にそれる」
という旨(詳細は定かではないが、このようなニュアンスであったことは間違いない)
を考える人間には落胆いたしましたが、何よりこの意見を放送した番組自体にかなり失望してしまいました。

もちろん「選択肢を限られている中で希望を捨てずに諦めなければ新たな光が見えてくる」ということは多々あるし、主張したいことも理解しておりますが、それでは論点がぶれてしまうし、この問題で定義している根本の概念がおかしなことになる。
これを正義だと思って主張された人間の浅はかさが悲しいし、切ない。

心の中のほんの少しですが、このやきもきがあの日から
ずーーーーーっと残っていて。

貴方様のおかげで、これで少しは解消できました。
貴方様のおかげで、これで少しは強くなれます。
ありがとうございます。
つたない文章で申し訳ございませんでした。

けちょん


投稿: はげしく共感まん | 2011年2月25日 (金) 22時47分

コメントありがとうございます。

まあなんというか仮定の話だということが理解できない人が多かったんでしょうね。

問題の趣旨は「実際にそういう状況におかれたらどうする?」ではなく、
もっと抽象的な部分で5人の命と1人の命の重さを比較した場合のことを問うているわけですから、
問いの前提に立ち入って状況を何とかしようとするのは明らかにルール違反ですし、
命や倫理について考えるというこの問いの主題は完全にスルーされてしまってますね。

「全員を助ける!」なんて綺麗事を言う人間が多い割に、先日のニュージーランドの地震に関するニュースでも報じられるのは日本人の安否ばかり。
現地での被害の規模や日本人以外の死者の扱いとは比べるべくもありません。

外国人より日本人の命の方が大事。そういう考え方をする人は多数を救うためには少数の犠牲は仕方がない、なんてセリフも平気で言えるんじゃないでしょうか。

だったらより露骨に「一人の命のために五人を見殺しにすることなんてできない」と言ってくれた方がすっきりしますけどね。

投稿: ニヒリスト | 2011年2月26日 (土) 17時41分

トロッコ問題はハーバード白熱教室の第1回でも題材になりました。

>私は一人ひとりの命の重さを尊重するために5人を見殺しにします。トロッコが5人のいる方へ突っ込んでいくのは最初から決まっていたこと。私がそうしたわけじゃない。

実際には誰もがそうするでしょうね。 こりゃ、例えが悪いですよ。

最初から、「1人を犠牲にして5人を救うのは正義か?」って訊けばいいのにw
しかしこういうシンプルで抽象的な一文が、みんなには「難しい」らしんです。なんでだろ??

とにかく、それを正義かと問われたら、答えは「得な判断ではあるが善悪とは関係ない」。

投稿: オールドニック | 2011年2月27日 (日) 13時03分

オールドニックさん、死刑云々の件、ぐだぐだしている内に返信のタイミングを逃してしまってすみません。
最近いろいろ考えることが多くて。

>実際には誰もがそうするでしょうね。 こりゃ、例えが悪いですよ。

まあ命の重さ云々とは別のところで、という意味ですね。

でも日本のような集団主義においては「多少の犠牲は仕方がない」という考えの方が馴染みがあるんじゃないでしょうか。
五人の命が助かるなら一人の命ぐらい、というデリカシーの無さをひしひしと感じますよ。

投稿: ニヒリスト | 2011年2月28日 (月) 19時19分

>でも日本のような集団主義においては「多少の犠牲は仕方がない」という考えの方が馴染みがあるんじゃないでしょうか。
>五人の命が助かるなら一人の命ぐらい、というデリカシーの無さをひしひしと感じますよ。

集団主義とはあまり関係ないような気がします。
YouTubeで見た動画では外人がみな「レバーを引く」と答えていましたが、日本人ならレバーを引くこともできないでしょう。

「あなたがレバーを引けば一人は確実に死にますが、五人は助かる。 さぁ、能動的にレバーを引いて集団を助けるかね?」 と質問を変えれば、
今度は集団を見殺しにするんじゃないですかね、日本人は。

だからこの話、「どっちを選んでも悪じゃないが、選ばないで済ます卑怯者は悪質」。
という答えなんじゃないでしょうか。

投稿: オールドニック | 2011年3月 1日 (火) 00時27分

確かに、当事者性の低さは感じますね。
結局は何があっても他人事、事なかれ主義の卑怯さ、みたいな。

観念論では五人の命の方が大事でも、自分が手を下すとなるとさっと手をひっこめちゃう。

死刑制度に似てますね。
自分が関係ない時は「あんな奴殺せ」とか息巻いてるのに、
裁判員制度等で巻き込まれそうになると「そんな判断下せない」とか言って。

本当に卑怯です。
自分にできないことを偉そうに主張するのはやめていただきたい。
覚悟が足らないのよね、覚悟が。

投稿: ニヒリスト | 2011年3月 3日 (木) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/43209329

この記事へのトラックバック一覧です: トロッコ問題:

« たけしの日本教育白書 | トップページ | かもしれない人生 »