« トロッコ問題 | トップページ | クリスマスの話と自己分析 »

2008年11月28日 (金)

かもしれない人生

かもしれない運転ならぬ。

嫌われたかもしれない。

鬱陶しいと思われたかもしれない。

つまんない奴だと思われたかもしれない。

面倒臭いと思われたかもしれない。

嫌な奴だと思われたかもしれない。

否定されるかもしれない。

拒絶されるかもしれない。

笑われるかもしれない。

酷いことを言われるかもしれない。

私の言葉が誰かを傷つけたかもしれない。

言い方が悪かったかもしれない。

嫌な思いをさせたかもしれない。

説明が悪かったかもしれない。

かもしれない。こんな風に色々考えながら生きるのが「かもしれない人生」。相当疲れる。

他の人の何倍消耗してるんだろう。

時々嫌になって全部やめたくなる。運転で言うなら「そこの角から人が飛び出してくるかもしれないからもう車なんて乗らない」みたいなことです。どうせ嫌われるからもう人となんて関わらない、ってことですね、現実に直すと。

この性格は一生変わることはないでしょう。経験や時間の経過と共に多少なりとも緩和されることはあってもこの病気が治ることはない。永遠に。

私だって「かもしれない」から解放されて思ったことをそのまま言いたいし、相手の言葉をそのまま受け取りたい。でも微に入り細を穿つ執拗な被害妄想がそれを許さない。自然に人と関わるってどういうことか、私には分かりません。私にとっては人と関わること自体が不自然そのもの。

端から何も期待しない。端から何も求めない。諦めこそが楽になる道だってことになるのも仕方ないよね。

まあ変えようとか変わるべきだとかはあまり思わないので、つまらない自己啓発に耳を傾けるつもりもないし、積極的に何をしようとも思いませんが、被害妄想とうまいことつきあっていくというのは考えなくちゃダメだよね。

こういうのは自分で被害妄想を抑えようとすると余計に悪化するんです。とりあえず客観的な事実で被害妄想を否定できる部分と、ここはもう被害妄想にどっぷり浸かっちゃおうという部分と、両方大事にしなきゃなりません。被害妄想も個性だから。

で、その客観的な事実で被害妄想を否定できる部分が増えることが成長ってことだと思うんだな。これでも何年か前から比べると随分マシになってきてるんです、私の被害妄想も。これは私が嫌われてるわけじゃないんだな、と判断できる機会が増えた。

だから自分の性格は変えようとするんじゃなくてうまいこと折り合いをつけていかなきゃならないんだというお話です。説教かよ!

|

« トロッコ問題 | トップページ | クリスマスの話と自己分析 »

自己分析」カテゴリの記事

コメント

タイトルの下の文が変わりましたね。
少し肩の力が抜けたような印象を受けました。
今の方が、泰然とした感じで私は好きです。
(言い方学習しろよってことにもなるかもですが、敢えて)

絶叫よりも悠々としていたほうが、きっと人の心に届きやすい。
人の耳に届くだけなら、前者のほうがそりゃ有効ですが。

投稿: ルリ | 2008年12月 1日 (月) 02時14分

微妙な変化に気づいていただきどうもです。

>絶叫よりも悠々としていたほうが、きっと人の心に届きやすい。

難しいですねえ、切羽詰った人間の叫びほど人々に敬遠される。
それで自暴自棄になって犯罪行為に手を染めるって悪循環。


パソコンがやっぱり調子が悪いのでレスが遅くなるかもしれません。ご容赦を…。

投稿: ニヒリスト | 2008年12月 1日 (月) 19時02分

それはもちろん、生死にかかわるような緊迫した状況なら、叫んだほうがいいでしょうね。
でも草の根活動の段階だったら、いきなり高温のものを浴びせられてもびっくりするだけかも。

「多数派」が「少数派」とあまり話そうとしないのは、
たぶんシンプルに、必要に迫られていないからじゃないですか。
煮詰まってしまった人の破壊活動で迷惑かけられるのを防ぐため、というのが
話し合いに関心を向ける大きな理由のひとつにはなりましょうが、
なんかそれだけじゃ寂しい気がします。

レスについては、どうぞお気になさらず。
自分は気が長いですし、そもそも負担をおかけするつもりはありませんし。
場合によっちゃスルーでも大丈夫ですよ。私は結構そういうの平気です。

投稿: ルリ | 2008年12月 2日 (火) 00時41分

被害妄想も、ニヒリストさんのはかわいいもんだと思う。
ウチの姉なんかさ、人に危害を与える
「攻撃型被害妄想」なんだ!!
ニヒリストさんみたいに、自問自答してくれると助かるんだよなぁ・・・

投稿: ブローカ | 2008年12月 5日 (金) 11時04分

ルリさんへ

>でも草の根活動の段階だったら、いきなり高温のものを浴びせられてもびっくりするだけかも。

それはありますね。前に誰だったか忘れましたが「8割の無関心層をどう巻き込むかが大事なんだ」と言ってる人がいました。結局分かってる人だけで集まって関心を持っていない層にどう伝えていくかをおざなりにしているケースは多い。

少数派としては多数派に伝えていく方法を真剣に考えなければならないと思いますが、多数派批判として、社会の問題を自分の問題として考えられない当事者意識の欠如は問題ですよね。

手を変え品を変え利益誘導されなければ問題意識を持って自発的に何かの行動を起こすなんてことは一生期待できない人種なんですかね、多数派という奴は。

言っても分からなさそうな人間にどこまで真剣に訴え続けられるかがそういう運動に向いてるか向いてないかだと思うんですが、私はそれが苦手なんですよね。

投稿: ニヒリスト | 2008年12月 8日 (月) 15時42分

ブローカさんへ

まあ私は完全な「自己否定型」ですからねえ。

でも例えば外を歩いていて「周りの人間が私の事を笑った、馬鹿にした」という被害妄想に取り付かれた場合、その馬鹿にされた「事実」に傷つき一人落ち込むのか「あんた今私のこと笑ったでしょ!」と言って相手に突っかかっていくのかはちょっとした性格の違いに過ぎないと思うんですよね。

私みたいな方が実害が少なくていいっちゃあいいのかもしれませんが…。

投稿: ニヒリスト | 2008年12月 8日 (月) 15時49分

ニヒリストさんへ

『やらない後悔』より
『やった後悔』のほうが大きいって意味分かる?

(いつも唐突でゴメン)

投稿: 未来 | 2009年1月22日 (木) 14時13分

一般的にはやらないで後悔するよりもやって後悔した方がいいなんていう
根拠のない行き当たりばったり論が主流ですけれど。

その逆?

投稿: ニヒリスト | 2009年1月22日 (木) 15時36分

そうなんです!

最近立ち読みした本に載ってたんですよね。
自分ではいくら考えても分からなくって。。
(考えても、最近すぐ忘れるし…)

でも、「やらない」って
案外難しいことのような気もします。
「結婚しない」「誰とも会わない」「誰とも話さない」…

筆者の意図はもしかしたら
「自分の頭で考えろ!!」
ってことだったのかも知れません。


投稿: 未来 | 2009年1月22日 (木) 15時56分

(またまた唐突)

>言っても分からなさそうな人間にどこまで真剣に訴え続けられるかがそういう運動に向いてるか向いてないかだと思うんですが、私はそれが苦手なんですよね。

もちろん誰だってそうですよ。向き不向きはあると思います。
でもそれは、何かを諦める理由にはならない…でしょ?

投稿: 未来 | 2009年1月22日 (木) 16時15分

>でもそれは、何かを諦める理由にはならない…でしょ?

諦めたわけじゃなくて私には私なりのアプローチの仕方があるということです。

現場で分からない人間に訴えかけるのも重要且つ不可欠な活動ですが、
それができなきゃ社会が変えられないのかと言えばそれは違う。

私は向いてないことは無理にしません。自分がやってて嫌じゃないことを探します。

投稿: ニヒリスト | 2009年1月22日 (木) 23時25分

>私は向いてないことは無理にしません。自分がやってて嫌じゃないことを探します。

もちろん、それは分かっていました。(分かっててききました。ゴメン)

陰ながら応援しています!

投稿: 未来 | 2009年1月23日 (金) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/43247045

この記事へのトラックバック一覧です: かもしれない人生:

« トロッコ問題 | トップページ | クリスマスの話と自己分析 »