« 他人の視線が不愉快 | トップページ | 草なぎ氏逮捕とか »

2009年4月23日 (木)

善悪はエゴに塗れている

2007年10月に「善悪は存在しない」という記事を書きました。普遍的な善悪が存在しないという点では前回と変わってないのですが、ただ善とか悪とかいう言葉に普遍的な意味を持たせることが多少面倒になってきたので、今日はそれについて。

以前の私は善とか悪とかいう言葉に無条件に「普遍的」という言葉をくっつけていたのです。というか世間でも基本的には善悪といえばそこには個人的な好き嫌い以上の何か、普遍的、絶対的なものがあると思われている。だからまあ私もその捉え方に則ってそのような善悪は存在しない、私の意見は(普遍的な)善でも(普遍的な)悪でもないということになっていたのですが、果たして善悪という言葉ににそこまでの意味を背負わせることが必要か?と考えたところ必要ないんじゃないか、と。

善悪には明確な規定も根拠もない。利害でもなく、自己満足でもなく「価値あるもの」に則った道徳律などありえない。概して自明のこととされている事柄はそれほど自明ではない。そもそも普遍的な意味など付与しようもないのですから善悪はもっとエゴイスティックな使い方をしてもいいのではないか?と思ったのです。

普遍、且つ絶対の善悪が存在しないからと言って、私の私的な善悪まで「存在しない」と言わなければならないのは文章としても煮え切らなくなるし、言ってる方も気持ちが悪い。好き嫌いより善悪の方がパンチが効いてるし、私の中に「道徳」がないわけでもないし。というわけなので、善悪という言葉はエゴと同程度、好き嫌いとはほぼ同義語として使い、普遍的な意味を持たせたい場合は「普遍的」を付けるか括弧で囲うことにします。

因みに善とは「よいこと、道理にかなったこと」、悪とは「わるいこと、否定すべき物事」です。世界の総人口である六十数億通りの解釈が可能って感じですね。まあその中の一つとして私の善悪があると。

その点、正義という言葉は「人が行うべき正しい道理」とあります。気持ちが悪い言葉ですね。この言葉にはどうやっても普遍的な意味が絡みついてくるようなので、正義は存在しない、故に不正義も当然成立しえないとします。

善を他人にまで適用しようとしたときそれは「正義」となり、その「正義」に基づいて嫌いなものを見たときそれは「不正義」となる。狭量なシステムです。価値を生み出したくない私には関わりたくないシステム、というか関われないシステム。自分の善悪に価値を見出そうとした瞬間、吹き出してしまうんだもん。「これがなんなの?」と。「なに、みんながこれに基づいて生活すべきだって言うの?冗談でしょ?」となる。無理。私は真面目に正義や不正義を語れる人間じゃない。

というわけで、前回の記事は「普遍的な善悪は存在しない」とするのがよく、私的な善悪については存在するが無価値と。私にとって善かろうが悪かろうがそこには何も生まれてない。

私個人の利害、執着、趣味、思想、性格、行動、愛…そのどれもがつまり屑そのもの。「そうであること」が何らの必然性も持たず、何らの価値も生まず、何らの影響を与えることもなく消える。いいことだ。それはとっても健全なことだ。

たぶん今まで書いたことと重複する部分が大量にあるんでしょうけど、思想というのは同じところをぐるぐる回りながら、反芻しながらやるものですから気にしない。

|

« 他人の視線が不愉快 | トップページ | 草なぎ氏逮捕とか »

虚無的思考」カテゴリの記事

コメント

>「普遍的な善悪は存在しない」とするのがよく、私的な善悪については存在するが無価値と。私にとって善かろうが悪かろう
>がそこには何も生まれてない。

だからさぁ、そーゆー八方美人的な、イソップ物語のコウモリ的な、玉虫色的な、卑怯な態度で
みんなから「お利口さん」の評判を得るのやめろよッ<`ヘ´>

投稿: オールドニック | 2009年4月23日 (木) 21時22分

>だからさぁ、そーゆー八方美人的な、イソップ物語のコウモリ的な、玉虫色的な、卑怯な態度で
>みんなから「お利口さん」の評判を得るのやめろよッ<`ヘ´>

またぁ、やきもち焼いちゃって。

だって無価値は事実じゃん。オールドニックさんはなんでそんなに単純な自己愛に満ち満ちてるんでしょうね?

多数派の人達はたぶん自分と似てる人間が嫌いなんじゃないですか?
オールドニックさんと多数派は似てるじゃん。押し付けか議論を伴うかの差はあれど、自分の主観に普遍性があると思いたいところは似てる。

私の言ってることは多数派にとって実害がないように見えるんでしょう。
一見押し付けがなく、何も批判せず何も傷つけてないように見える。オールドニックさんもそこをぐちぐち言ってくるし。

でも「全ては無価値」というのは全ての肯定ではなく全ての否定です。
自分の正義を押し付けないかわりに相手の正義や拠り所とするものを徹底的に冷笑し見下しているんですよ。
これをもっと口に出して言えばいいんですかね?

八方美人というよりは何に対しても無愛想だと思うんですが、多数派の存在が普遍的悪であると断言しないところが甘いということ?

今回の記事のような価値についての思想と、現実の諸問題に対する意見とは別次元の話ですから、
私だって悪は潰すし、自分の主張を通そうとしますよ。必要とあらば。

投稿: ニヒリスト | 2009年4月23日 (木) 22時34分

>「全ては無価値」というのは全ての肯定ではなく全ての否定です。

>私だって悪は潰すし、自分の主張を通そうとしますよ。必要とあらば。

ダブルスタンダードなんですよ。 なぜそんなイイ加減なのか?

あらゆるモノを否定するコトが予め決まっているなら、わざわざ何かを批判する必要は無いし、自己肯定だって出来ない。

投稿: オールドニック | 2009年4月24日 (金) 00時38分

要するに自分の生が無価値だと気付いた時点で死ねと?

オールドニックさんの言い方だと私は死ななきゃ矛盾が解消できないようですが。

私は死ぬべきなんでしょうか?

投稿: ニヒリスト | 2009年4月24日 (金) 09時26分

死ぬのがイヤなんですか? 死を避けたい?

投稿: オールドニック | 2009年4月24日 (金) 17時11分

おいおい・・・
ニヒリズム的考えが
=死ではないでしょう?
オールドニックさん飛躍しすぎぃ。
考え方の違いでしょ?
押しつけるようなオールドニックさんの発言
いつも引っかかるんですけどぉ。

投稿: ブローカ | 2009年4月25日 (土) 13時53分

ブローカさんがそういうことを言うから私が優等生とかいってオールドニックさんに馬鹿にされるんですよ。

今回「死」を持ちだしたのは私の方ですからオールドニックさんが飛躍してるということでもないと思います。

オールドニックさんの物言いは議論の範疇で正当な批判だと思いますし、
それが押し付けなら私の「全ては無価値」という物言いも相当な押し付けですよね。
「お前価値を抱くな」と言ってるわけですから…。

投稿: ニヒリスト | 2009年4月25日 (土) 23時34分

オールドニックさんへ

質問の答えになってませんね。

要するにオールドニックさんにとって生が無価値だと知りながら生きてること、
全ては無価値だと思いながら行動することは矛盾に当たるのかを聞いてるんです。

もし矛盾に当たるのだとしたら、それは平板でつまらない理解であり、価値を伴わなければ行動できない人間の限界ってやつです。

因みに死ぬのは嫌です。避けたいですね、今のところは。

投稿: ニヒリスト | 2009年4月25日 (土) 23時48分

>要するにオールドニックさんにとって生が無価値だと知りながら生きてること、
>全ては無価値だと思いながら行動することは矛盾に当たるのかを聞いてるんです。

意義の無い行動をとるのは非論理的であり、ただイタいだけ。


>もし矛盾に当たるのだとしたら、それは平板でつまらない理解であり、価値を伴わなければ行動できない人間の限界ってやつです。

それは屁理屈というものです。 価値を伴わなくても行動できるって、どんな自慢なんですか!?

理由を説明しない多数派のバカと同じだろう。

投稿: オールドニック | 2009年4月26日 (日) 00時36分

>因みに死ぬのは嫌です。避けたいですね、今のところは。

なぜ避けたいのか、説明できますか?

投稿: オールドニック | 2009年4月26日 (日) 00時38分

よけいな発言、失礼しました。

投稿: ブローカ | 2009年4月26日 (日) 09時17分

>意義の無い行動をとるのは非論理的であり、ただイタいだけ。

要するにお前の生は非論理的でイタいから死ねと。

でも意義のある行動なんてこの世にありませんよ。オールドニックさんはそれをあると思い込んでいられるおめでたい人だってだけの話で。

どれを選んでも無価値で無意義なんだから、私は好きなことをやって好きなものを食って生きるだけです。

>それは屁理屈というものです。 価値を伴わなくても行動できるって、どんな自慢なんですか!?

全ては無価値なら何もする必要がない、何も考える必要がない、だから何もするなというくだらない説教を即刻やめてくださいよ。

全ては無価値で必要ないものだからって、何もしないでいて楽しいですか?楽しくないですよねえ。私はそんなつまらない生は嫌!


例えばぷちぷち。あれは非論理的で全くする必要のないことですが、潰すのは楽しい。私の人生もあれと同じです。
それをやめないのは楽しいから。それが無価値なのは「いや、これに価値があるとは思い難いんだけど…」と気泡緩衝材をじっと見つめてしまうからです。

そこに結局価値を見出してるんじゃないかという執拗な批判は甘んじて受けますけど、
私としてはそうではないということを日々証明していきたいと思います。

投稿: ニヒリスト | 2009年4月26日 (日) 13時09分

>なぜ避けたいのか、説明できますか?

単純に今は生きていたいし、実際に死を目の当たりにすれば今の自分を失う恐怖も相当なものだろうと思います。


悲惨な人生を生きてる人も、生への執着に値しない人生を生きてる人も皆が即刻自殺するかといえばそうではない。

やはりこれは死に対する恐怖からなんでしょうか。死は不吉なんですもんね。

投稿: ニヒリスト | 2009年4月26日 (日) 13時39分

ブローカさん、
大丈夫?

投稿: 未来 | 2009年5月 1日 (金) 17時17分

未来さん?
なにが?

投稿: ブローカ | 2009年5月 7日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/44712345

この記事へのトラックバック一覧です: 善悪はエゴに塗れている:

« 他人の視線が不愉快 | トップページ | 草なぎ氏逮捕とか »