« やっつけ記事 | トップページ | 近況報告 »

2009年8月30日 (日)

政治コラム&選挙について

ちょっとまたしばらくコメント欄や記事の更新が滞ってしまいましたが、それは前の記事で触れた通信講座の提出期限に追い回されていたから。月末締切なのに27日から始めるという。まあそういうやらなきゃいけない重みでいろいろ滞ってたわけです。とりあえず前回提出したものが返ってきたので載せときます。

今回の選挙日程に至るまでの麻生総理や自民党の迷走ぶりは確かにひどいものでしたが、この間の報道による批判も「麻生たたき」というよりはさしずめ「麻生からかい」のようで、大変見苦しいものでした。

総理が発言する前から「中堅議員」や「党幹部」による情報が洪水のようにあふれ、散々大騒ぎした挙句「断念、失敗、やっぱりダメだ麻生太郎」の大合唱。役員人事問題などで麻生総理が指導力を欠いたのは事実としても「そんなことをやっている場合か」と批判すべきところで、一緒になって不人気総理をからかって遊んでいるようでは、批判する方も資質を問われます。

自民党の「麻生おろし」の動きについても、無節操と断じるのは簡単ですが、あの自民党議員たちに「人気者を担げば選挙に勝てる」と思わせたのは、実はメディアも含めた私たち自身だったのではないでしょうか。

2005年当時、小泉首相が郵政民営化に賛成か反対か、と民意に訴えた時、熱烈な支持によってそれに応えた事実がある。他の政策の評価もそこそこに、自民党を圧勝に導いた過去がある。それこそが今の政治的堕落の大きな要因であると思います。

今の麻生総理に対する批判はその小泉ブームを裏返しただけのように見えます。それが民主党への猛烈な追い風となっている。しかしメディアやその影響を受ける世論の「風」によって選挙の大勢が決まるような状況はもうやめにしなければなりません。私たち自身が過去の過ちから学び、何かを変えてくれそうな人間ではなく、確実に今の政治を変える力を持った政治家を選び出さなければならない。

政治家は私たちの社会を映し出す鏡のようなもの。彼らの醜態を自らの責任と切り離して論じることはできません。選挙を控えて色めき立つのも分かりますが、投票日までの約1か月は民主圧勝の助走期間ではなく、本気で各党の政策を問う期間とするべきです。

私が出した文章はこんな感じです。いつもの毒舌を排して「真面目に」書いてみました。気になる評価のほうは…。

言いたいことをきちんとした文章で表現することができています。ですます調はともすると冗長で不自然なものになってしまいがちですが、今回はうまく処理されています。構成について、前半のメディア批判は説得力がありますが、後半はやや舌足らずになってしまったようです。後半部分にもう少しスペースを割いて文章化してもよかったかもしれません。

ま、かいつまんで言うとこんな感じです。確かに後半部分は800字の縛りで帳尻合わせのようになってしまった自覚はある。800字ってここで普段書いてる量を考えるとものすごく少ないんですよね。

でもまあ初回としては順調ではないかと。今月は裁判員制度について書きました。率直にいえば「こんな民度の低い国で裁判員も糞もあったもんじゃねえ」となるんですが、そこは冷静に制度の問題点を書かせていただきました。これも来月末に返ってきたら公開します。なんかブログのネタがこれだけになっていきそうな気がするのはきっと気のせいだと思います。

さて今日は4年に一度の総選挙の日。私はまだこれからです。ぎりぎりまで世の中から忘れ去られている裁判官の国民審査のための情報を集めています。メディアが国民審査のための情報を一切提供する気がないのはなぜなんでしょうね。ネットで調べたって判例などが分かりやすくデータベース化されたものがあるわけでもないし、一人ひとりしらみつぶしに自分で探すしかない。

まあ普段からちゃんと最高裁の判決に注意を払えってことなんだろうけどさ。最高裁判所裁判官の名前ぐらい全員そらで言えるぐらいじゃないとだめなんだろうけどさ。今後4年間はだれを罷免するかについて日々もっと真剣に考えたいと思います。今回はとりあえず9人中5人の罷免理由を見つけたところで時間切れでしょうか。

それでまあ政治家を選ぶ選挙のほうですが、今回は民主党系の候補に入れようかと思っています。民主党を支持しているわけでも今回の追い風に乗っかるわけでもないのですが、うちの選挙区からは民主党にしてはいい人が出ているので…。ただよりまし論はいつも良心が痛みます。「所詮は民主党だぞ、小沢がいる党じゃないか」という声が聞こえてくる…。でも選挙は候補者を見て選ぶものだし、比例は遠慮なく共産党に入れるつもりだし。

自分が票を入れた人が国政にいるという事実も大事だし、今後の行動をきちっと監視していくということで自分を納得させます。

それでは、今日の選挙について近いうちに書けたら書きます。

|

« やっつけ記事 | トップページ | 近況報告 »

政治」カテゴリの記事

コメント

政治コラムについてですが、卑怯な批判ですねぇ。
もっとちゃんと、アンチテーゼを提示するように!<`ヘ´>

純粋な興味として訊くんですが、ニヒリストのネクラ娘ちゃんは何を目指しているんですか? コラムニスト?


選挙についてですが、
>比例は遠慮なく共産党に入れるつもりだし。

入れたらどうなるんですか? 弱者に優しい国になるのかい?
ウチの家族もさぁ、選挙番組ばっかり観てて つまらんのよッ。

政治というよりも、みんなの文化や価値観そのものを変えなきゃいけないのに…。


>なんかブログのネタがこれだけになっていきそうな気がするのはきっと気のせいだと思います。

いやぁ、そうなるんじゃないですか? つまらないねぇ…閲覧者としては。

投稿: オールドニック | 2009年8月30日 (日) 23時11分

>もっとちゃんと、アンチテーゼを提示するように!<`ヘ´>

はぁ、例えばどんな?どういう批判をすればオールドニックさんは満足なの?

>純粋な興味として訊くんですが、ニヒリストのネクラ娘ちゃんは何を目指しているんですか? コラムニスト?

別に何も。そういうことを他人に聞かれるのは嫌いです。説明するのも嫌。

>入れたらどうなるんですか? 弱者に優しい国になるのかい?
>政治というよりも、みんなの文化や価値観そのものを変えなきゃいけないのに…。

ならないでしょうね、それだけでは。
ただ自分の意見を表明する場として選挙で投票するのも悪くないと思うので私はそうしてるだけです。

政治に関心を持とうとか、投票に行こうとか言う気はないんですよ、私は。少数派の意見が反映されないことなど分かり切ってるわけでね、ほかに有効だと思う手段があるなら各自勝手にやればいいだけの話です。私だって投票に行ったぐらいで行動した気になるほど馬鹿じゃないですし。

投稿: ニヒリスト | 2009年8月30日 (日) 23時34分

>>もっとちゃんと、アンチテーゼを提示するように!<`ヘ´>

>はぁ、例えばどんな?どういう批判をすればオールドニックさんは満足なの?

例えば、「アンチテーゼを出せ!」とか「証拠出せ!」とかじゃなくて、「私は逆に麻生さんをこう思っていました」
というような反対の論理を示すことで世論を否定すべきだったんです。


>私だって投票に行ったぐらいで行動した気になるほど馬鹿じゃないですし。

投票に行っただけ、時間とエネルギーの無駄遣いなんじゃないんですか? 行くべき?

投稿: オールドニック | 2009年8月31日 (月) 01時20分

>例えば、「アンチテーゼを出せ!」とか「証拠出せ!」とかじゃなくて、「私は逆に麻生さんをこう思っていました」
>というような反対の論理を示すことで世論を否定すべきだったんです。

私が自民党や麻生についてどう思っていたかは別に重要じゃないんですよ。
というか麻生や自民がだめだなんていうのは当然の前提で、そんなことをあげつらって喜んでいるんじゃなくて、自分が政治に対して何を望むのかをハッキリさせて具体的な要求を突き付けるべきである、という批判です。

具体的なビジョンもなしにあれもダメこれもだめと下品な批判をするなということです。

>投票に行っただけ、時間とエネルギーの無駄遣いなんじゃないんですか? 行くべき?

私は社会を変えるということの中の一つに政治もあると思っているので無駄遣いとは思いません。今回は珍しく小選挙区、比例ともに死票にならなかったことですし、自分が票を入れた議員の行動には責任を持ちたいと思います。

投稿: ニヒリスト | 2009年8月31日 (月) 20時10分

>自分が政治に対して何を望むのかをハッキリさせて具体的な要求を突き付けるべきである、という批判です。

だからさぁ、その「具体的な要求」の中身を ニヒリストさんが提示しろってアドバイスしたんだよ。
麻生の例えは言葉の綾。


>今回は珍しく小選挙区、比例ともに死票にならなかったことですし、

え!? 共産党が受かったんですか?

投稿: オールドニック | 2009年9月 1日 (火) 16時10分

>え!? 共産党が受かったんですか?

比例東京ブロックは笠井亮氏が当選しました。

投稿: ニヒリスト | 2009年9月 1日 (火) 18時45分

笠井亮氏ってそんなに人格者なんですか?

投稿: オールドニック | 2009年9月 1日 (火) 22時28分

あっ、比例って党に入れるんでしたよね。
ニヒリストさんが笠井亮を選んだわけじゃないんだ。

小選挙区では誰に(どんな奴に)入れたんです?

投稿: オールドニック | 2009年9月 2日 (水) 08時56分

小選挙区では国際NGOで活動していた人を選びました。

私は憲法九条を変えないこと、自衛隊をどこにでも簡単にやらないことなどを重視するのでそれを基準に比例は共産、候補者はNGOということで。

政治家を選ぶ基準は人格者かどうかというよりは、自分が望む政治により近い人を選ぶのが基本だと思います。

投稿: ニヒリスト | 2009年9月 2日 (水) 11時59分

感想デス。

麻生総理については、ちょっとしたことで何故こんなに叩かれるのか、常々不思議に思って引いていたのですが、
マスコミに対する「広告税」を起案したせいだという説を聞き、真偽はともかく、そうなのかもと思いました。
情報を、自分で噛み砕いて吸収しないとな、と改めて実感。
個人的に、麻生さんって結構好きでした。どんなにボロクソに言われてもへこたれないところとか。
民主に対しては不安いっぱいだし、いくらなんでも勝ちすぎだと思いますが、
決まってしまったからには頑張ってほしいです。自分の国のことですし。
マスコミも、面白いからって、手の平返して足を引っ張らないでほしい。

それにしても、ほんと、800字って少ないんですね。骨格をととのえるだけで終わってしまいそう。
私にとって(皆さんもかも?)、ニヒリストさんの文章の魅力は、隙のない端正さをベースにして、
そのうえでユーモアが混じった小気味よい毒舌ぶりに負うところも大きいので、
思う存分・手加減なしの内容で評価を受けるところも見たいような。
そこに向かう道が、敷かれ始まったということかもしれないですが。

裁判員制度については、選ばれたくないので大変恐れていますが、
もし選ばれてしまったら、行って一所懸命やるしかない、とあきらめています。
普通にしてたら「厳罰傾向」への流れに乗ってしまいそうなので、
このテーマについてもニヒリストさんの見解を楽しみにしています。


投稿: ルリ | 2009年9月10日 (木) 18時40分

>ニヒリストさんの文章の魅力は、隙のない端正さをベースにして、
>そのうえでユーモアが混じった小気味よい毒舌ぶりに負うところも大きい

「隙のない端正さ」? …「切れ目のない冗長さ」の間違いでは?

「ユーモアが混じった毒舌」? …「卑怯な揚げ足取り」の間違いでは?

ニヒリストなんてさぁ、どーせリアルでは誰からも相手にされないブーちゃんに決まってるぜっ。
そんな香具師の小手先のレトリック(女流作家のアホなエッセー風w)だけを評価しても しょーがないでしょーが!


>ニヒリストさんの見解を楽しみにしています。

クソリストなんかに見識も思想もありゃしねぇ。 ただ他人の能力不足を叩いてるだけ。
多数派と変わらんッ<`ヘ´>

趣味も、意味も、教養も、アンチテーゼも、な~にもねぇじゃねぇかよ コイツにはッ(^_^;)

ちゃんと何かを言ってみろ。 お前が一度でもサムシングを語ったことがあるか?

バカ! ブス! お前なんか一生 物書きのマネゴトでもして、一部のド素人ファンから愛されてろや~w

ガッハッハァァ~(-。-)y-゜゜゜

投稿: オールドニック | 2009年9月11日 (金) 15時46分

さっきさぁ、JMブログで過去のハッブルさんとのやり取りを今一度読んできたんだけど、
あんなコト書いたら嫌われるに決まってるじゃん、オデ~!

あぁ、ハッブルぅぅぅ!! オデのこと嫌いにならないでくデぇぇぇ!!(;O;)

もう一度 口きいてくデよ~!!

投稿: オールドニック | 2009年9月11日 (金) 16時26分

前々から不思議に思ってたんですけど,オールドニックさんはなんでそこまでハッブルさんと会話したいんですか?

言っちゃなんですが,ハッブルさんのコメントはどう見ても典型的な多数派。しかも,利己的なのに「障害者のために仕事してるんだ」的な恩着せがましい説教までする輩。

どう掘り下げても何も出てこない人に,そこまで執着するのには何か理由があるんでしょうか?

投稿: おまきん | 2009年9月12日 (土) 09時55分

ああ、おまきんさん、さすが手厳しいですね・・・。

ハッブルさんという方、直接は存じ上げませんけれども、私の目から見ると、感情的な好き嫌いは別として、
知識も経験もあり、スキルも意欲も高く、かつ忍耐強くていらして、お手本にしたい方向にしか、針は振れないのですが。  
これが多数派フィルターということなんでしょうか。まるでピントがずれているのか。

いただいたお題、余裕があるときに折々、というか徒然に考えることがあります。自分の視点が全く的外れだとしたら、どう軌道修正していけばいいのかな、とか。
ぐるぐるして、あんまり進んで行かないですが。

素の疑問なのですが、少数派が多数派に望むことの根幹は、経済的な支援のみ、場合によっては身の回りの世話くらいなものだけで、
それ以上のことは干渉してくれるな、ということなのでしょうか。
お答えいただきたい、ということではありませんで、今、自分の思考がそのあたりを徘徊しています。

ついでに、といっては何ですが、感想みたいなものですけど、オールドニックさんがどうしてそこまでハッブルさんに執着するのか、
おまきんさんとは少し違う理由からですけど、同様に不思議には思っていました。
もうだいぶ時間が経ってるみたいなので、お答えはなさそうですけれど。

ハッブルさんの鉱脈のことではなく、かかわり自体のことで、でも、言葉は同じになってしまうのですが、
「掘り下げても、もう何も出てこない」のではないか?と感じます。

投稿: | 2009年10月 7日 (水) 01時23分

>どう掘り下げても何も出てこない人に,そこまで執着するのには何か理由があるんでしょうか?

>>かかわり自体のことで、でも、言葉は同じになってしまうのですが、
>>「掘り下げても、もう何も出てこない」のではないか?と感じます。

お、お前らナニ言ってんだよ…。 ま、まるでオデとハッブルが切れちゃったみたいじゃん!


>前々から不思議に思ってたんですけど,オールドニックさんはなんでそこまでハッブルさんと会話したいんですか?

>>オールドニックさんがどうしてそこまでハッブルさんに執着するのか、
>>おまきんさんとは少し違う理由からですけど、同様に不思議には思っていました。

そ、そんなのッ!…「親友」だからに決まってるじゃん(*´∀`*)

オデとハッブルはさぁ、心が通い合った本当の仲間なんだよ♪
ハッブルはオデが自閉でも気にしないんだよ。 そのうちきっと、あの沢山いる猫友達にオデのこと紹介してくれるはず!

ハッブルはオデの一番の理解者であり、友であり、肝胆相照らす、本当の相棒なんだよッ(*´∀`*)

お前らなんかにオデとハッブルのことが分かるかッ!
ハッブルは立派な公務員で、お前らみたいな根暗なニートとは違うんだぞ!

だからお前らの意見は間違ってるんだよ! ハッブルがオデと話さないわけないじゃん!!

嘘つき! 根暗ニートども!! お前らなんかせいぜいブスリストと暗い話題で盛り上がってろやッ!!
ガッハッハ~ ψ(`∇´)ψ

投稿: オールドニック | 2009年10月 7日 (水) 13時18分

>ハッブルさんという方、
>知識も経験もあり、スキルも意欲も高く、かつ忍耐強くていらして、お手本にしたい方向にしか、針は振れないのですが。

そうだろォォォ(^-^)
ハッブルは器が大きいんだよ♪ だからオデを嫌うわけない。

これからもずっと親友なんだッ♪
ハッブルぅぅぅ!奈良でオフ会やろうなッ、なッ!

投稿: オールドニック | 2009年10月 7日 (水) 13時25分


そうなんですか?

その「親友」のハッブルさんからは,あれから何かしらのコンタクトがあったんでしょうか?

オールドニックさんは,ハッブルさんの口から「あなたと私は親友だよ」とかの言葉は聞いたことがあるんですか?


>知識も経験もあり、スキルも意欲も高く、かつ忍耐強くていらして、お手本にしたい方向にしか、針は振れないのですが。
            ↓
知識と経験を鼻にかけ,自らスキルと表向きの態度をひけらかして相手を圧倒させ,“忍耐強く”を自尊する,間違っても真似したくないタイプ。
・・・の,間違いなんじゃないですかねぇ~?

だいたい本当にこんな人格者なら,
「忙しい中,あなたに返事してるんです。」なんて恩着せがましい言葉が出ますかねぇ~?

真の理解者なら,自分のブログよりもオールドニックさんとの対話に時間をかけられるはずでは?

投稿: おまきん | 2009年10月 7日 (水) 18時16分

名無しさん(ルリさん?)へ

>少数派が多数派に望むことの根幹は、経済的な支援のみ、場合によっては身の回りの世話くらいなものだけで、
それ以上のことは干渉してくれるな、ということなのでしょうか。

これは少数派を自称する人それぞれが,どんな人物を“少数派”と定義してるかで,答えがだいぶ違ってくると思います。

例えば,オールドニックさんの場合は“低機能の障害者”を少数派と定義してると思います(たぶん)。
だとすると,他者と精神的に繋がりたい(友達が欲しい,彼女が欲しいなど)と思っている人も該当します。そーゆー人たちは物理的な支援のほかに精神的な支援も求めていると思います。

実際,僕が通うデイケアでは統合失調症者(デイケアではこのタイプがほとんど)の多くは,他者との精神的な繋がりを求めているように見えます。俗に言う「こころのふれあい」です(口にするのもおぞましい言葉だ・・・)。


一方,僕の場合は,他者と関わりを持つ気になれず,偽りでも人間関係を構築できないで社会から排除された人(障害ある・なし問わず)を“少数派”と定義してます。
このタイプは人間社会に馴染めず,「就職」という社会的慣例すら苦痛を感じるため(そうでない人もいると思うが),物理的に支援を必要とする人たちです(ニートやひきこもりなど。ただし全てが該当するとは言えないが)。
だから,「他者との繋がり」にも苦痛を感じてしまうのです。

よってこのタイプの人たちには,必要なのは物理的な支援だけで,それ以上のことは干渉されると精神が苦痛を受けてしまう。

というのが,僕の推論です。
推論である以上,はっきりとしたことが言えないのですが,
この世には,他者と繋がりを持つことが苦痛な人もいて,もしかしたらニートやひきこもりになってるかも知れない。そういう人たちは特殊な精神障害者なんだ,と大雑把に理解してもらえたらいいな,ということです。

投稿: おまきん | 2009年10月 7日 (水) 18時54分

追記。

少数派が多数派に本当に望むのは,自身の「存在」です。

世の中には「多数派の世界」に順応できる人たちだけが存在してるわけではないということです。

多数派から見れば,まるで別世界の生物のように見える“少数派”だってこの世界に「存在」してるということです。

多数派がよくやる精神的支配は,少数派を多数派に強制的に変えさせる行為である。
そして少数派を理屈なしに否定することは,少数派をこの世から抹殺して「初めからいないことにする」行為である。

少数派はこの「無意識の暴力」を止めさせようとしてるだけです。

投稿: おまきん | 2009年10月 7日 (水) 19時08分

>これからもずっと親友なんだッ♪
ハッブルぅぅぅ!奈良でオフ会やろうなッ、なッ!

なッ!…って。
何とも強烈なアピール(?)ですね(汗)

確かに、このニックさんの思いを受け入れてくれるのは
ハッブルさんぐらいかも知れないなぁ…。

投稿: 未来 | 2009年10月 7日 (水) 23時41分

>他者と繋がりを持つことが苦痛な人もいて,もしかしたらニートやひきこもりになってるかも知れない。
>そういう人たちは特殊な精神障害者なんだ,と大雑把に理解してもらえたらいいな

いや、私は認知障害、つまり脳の機能障害が原因なのではないかと思っています。

昨日の「世界仰天ニュース」見ましたか? 脳出血の患者が 精神異常と間違われて、
精神科を紹介されて、脳の治療を受けられずにそのまま脳出血で死んだ!

ここで言われている「少数派」は、実は脳に障害があるのではないか? 精神のせいにして、脳を調べないのは怖いですよ。
あ、でも 統合失調症も 認知障害の一種として扱われてるんでしょうか?

投稿: オールドニック | 2009年10月 8日 (木) 00時43分

>ここで言われている「少数派」は、実は脳に障害があるのではないか? 精神のせいにして、脳を調べないのは怖いですよ。

今まで精神障害,人格障害はてっきり心因性なものだとばかり思ってましたが,なるほど確かに脳障害の可能性も否定できませんね。

僕も高校時代,転んで怪我をしたときに脳をスキャンしてもらったんですが,そのときに医者が脳の写真を見て,妙な影を発見したらしく,指差して何事か話してるのを見てましたが・・・
もしそれが僕の人格障害の原因だとしたら,ちょっと怖いですね。

おっしゃるとおり,「少数派」が脳に障害を持つのなら,少なくとも精神科にかかる際には脳を詳しく調べるという医療行為も定着させてほしいですね。

現状,精神科は患者の話を聞くだけですから,医療として物足りないんですよね。


>あ、でも 統合失調症も 認知障害の一種として扱われてるんでしょうか?

そういう扱いも一部ではされてはいるんでしょうが,実際のところは統合失調症の原因がまだよくわかってないらしく,とりあえず幻覚・幻聴などの表面的な症状がある人をいちおう患者とみなしているのが現状らしいです。

投稿: おまきん | 2009年10月 8日 (木) 08時53分

>「あなたと私は親友だよ」

そんなん言う人いたら、
バカだよ。(あ…ブ○ーカさん。。)


>だいたい本当にこんな人格者なら,
「忙しい中,あなたに返事してるんです。」なんて恩着せがましい言葉が出ますかねぇ~?

これはさー
オールドニックさんが何かやらかしたから、その腹いせでしょ?

ハッブルさんご本人のブログ上でのニックさんへの対応は涙ものだよ?(私はかんどーした)

>真の理解者なら,自分のブログよりもオールドニックさんとの対話に時間をかけられるはずでは?

ハッブルさんは既婚者だし、
とりあえず“親友”は要らないのかもねぇ。

彼女がほしいのは“仲間”でしょ?

要するに
人間てーのは欲張りなのさ♪

投稿: 未来 | 2009年10月 8日 (木) 16時13分

オールドニックさんへ

すいません、名無しになってしまいましたが、ルリでした。
疑問に答えていただいてありがとうございます。すごくよくわかりました。
ハッブルさんのことが好きなんですね。だから今でも追ってるんですね。
最大級の説得力です。
オールドニックさんの願いがかなうといいですね。

そして同時に、おまきんさんが、ハッブルさんみたいな人を大嫌いだということも、よくわかりました・・。
ニヒリストさんが「気持ち悪い」と評されていたことにも通じるのかもしれないですが、
そのお気持ちも、理解できるような気もします・・。

それでも、多数派の私は彼女をお手本にするしかないように感じてしまう。
それがちょっと、もどかしい。

投稿: ルリ | 2009年10月 8日 (木) 21時47分

おまきんさんへ
そういうわけで、すいません、ご推察の通りルリでした。当ててくださってありがとうございます。

お話、すんなりと入ってきました。とても理解しやすかったです。
相手が何をどうしたいのか、何をしてほしくないのか、何をされたくないのか、
感じ取れる人になれたらいいなと切に思います。

自分自身、干渉されたり押しつけられたりするのが苦手な方なので(得意な人はいないかもですが)、
この気持ちの先に、心の均衡が保てなくなるくらいに大きなストレスになる人もいる、ということは、わかるつもりです。

ただ、もしかしてその中に、甘えてるだけ、怠けてるだけの人や、頑張れば克服できる人も混じっていて、
その人たちは本質的には「多数派」と言えるのかも知れず、
現場で対応に当たる人は、多数派の社会で生きやすくする手伝いをしているつもりで、
彼らを「多数派回帰」の方向に誘導するやり方が主流になってるのだろうな、と想像してます。
こんなことを言うと気を悪くされるかもしれない、と思って怖いのですが、
ごめんなさい、最前線で少数派の方々と接している人たちを、否定したくないのです。
ハッブルさんに敬意を感じているのと同じ理由で、応援もしたい。
彼らのやり方でより良い方向に向く人も、きっと皆無ではないと思うので。
完膚なきまでに大間違いだったら、指摘していただけると幸いです。

そのうえで、すべての人に同じ対応をするのは間違いなのだろうということも、わかる気がしてます。
ほんとうに合わない人、多数派のつくった社会に、なにをどうしても順応できない人。
別の価値観、別の幸せに拠って生きる人も、きっとおいでなのだろうということ。
その方々に、多数派たる自分が望まれていることは何なのかな、と徒然にしかできないけど、考えて行きたいです。
よければまたお話してください。

前回のお話をぐるぐる考えてきた中で、私とって一番ハードルが高いのは「犯罪者を受け入れること」だなと思いました。
すべての犯罪者が、自分とは別の人種だなどとはまったく思っていませんが、
なんとしても受け入れることのできそうにない人もいて、そういう人は、排除されてほしいと願ってしまうのが本音です。
たとえて言うと、秋葉原の人は、機会があるならお話をしてみたいと思う時がありますが、
池田小の人は無理です。そしてすべての性犯罪、特に強盗強姦事件の人とかが無理。

そろそろ時間切れなので、ここまでしか書けませんが、
そんなわけで、それにも関連して、ニヒリストさんの裁判員制度の記事を楽しみにしています。

投稿: ルリ | 2009年10月 8日 (木) 21時53分

>疑問に答えていただいてありがとうございます。すごくよくわかりました。
>ハッブルさんのことが好きなんですね。だから今でも追ってるんですね。
>最大級の説得力です。
>オールドニックさんの願いがかなうといいですね。

そ、そんなマジレスされても困るんですが…(^_^;)


>私とって一番ハードルが高いのは「犯罪者を受け入れること」だなと思いました。

あ、それッ! 前々からみんなで議論したいと思ってたコトなんですッ。
例えばJM団に、前科者が入団を希望してきたら、仲間として受け入れるべきでしょうか? どうですか?

みんなの意見を聞かせてくれー!!

理屈の上では受け入れるべきですが、現実には私の経験上、
多数派(の価値観)の前科者は やはりタダのゴロツキです。

投稿: オールドニック | 2009年10月 8日 (木) 22時06分

>それでも、多数派の私は彼女をお手本にするしかないように感じてしまう。

お手本。

でも、あんな保育士いたら嫌ですけどねー

投稿: 未来 | 2009年10月 9日 (金) 18時46分

>例えばJM団に、前科者が入団を希望してきたら、仲間として受け入れるべきでしょうか? どうですか?

私も最近、犯罪者について考えていました。

てか、私昔、軽犯罪ならしたことあるよ…?(汗)

投稿: 未来 | 2009年10月 9日 (金) 18時50分

>相手が何をどうしたいのか、何をしてほしくないのか、何をされたくないのか、

まぁ、人付き合いの基本ですよねー。
でもそれが分からないのも本当。
多数派同士でも何でも
その都度確認し合うっていうのが最善の方法だと思いますけどねぇ。
そういう意味で、少数派の人の存在はそのきっかけになると思います。

>甘えてるだけ、怠けてるだけの人

そういう人はほっときゃいいんですよ♪

本当はみんな、甘えるより甘えられたいし
怠けるよりは働きたいんです。

頑張らなくていいんですよ、人間は。

それでも頑張るルリさんは
本当に優しい人なんですねぇ…。

>たとえて言うと、秋葉原の人は、機会があるならお話をしてみたいと思う時がありますが、
池田小の人は無理です。そしてすべての性犯罪、特に強盗強姦事件の人とかが無理。

何か分かりますけど、

両者には何か、本質的な違いがあるんでしょうかねぇ??

投稿: 未来 | 2009年10月 9日 (金) 19時11分

ルリさんへ

>ただ、もしかしてその中に、甘えてるだけ、怠けてるだけの人や、頑張れば克服できる人も混じっていて、
>その人たちは本質的には「多数派」と言えるのかも知れず、

確かにその可能性も否定できませんが,誰が「甘えてる、怠けてる、頑張れば克服できる人」かは判別するのはとても難しいと思います。

そもそも「甘えてる、怠けてる、頑張れば克服できる」という判断は,自分または別の他者と当事者を比較しないと出てこない言葉だと思います。

例えば「いままでの自分の人生と比べて,この人はなんて怠けた人なんだろう」という想いをしたことがあるかと思います。あなたが多数派を自称するならたぶんあり得るでしょう。

しかし,この想いは基本的に自分または第三者と当事者を「だいたい同じ人間」とみなしたうえで「真面目だ」とか「怠け者だ」とかの判断をしてるのだと思います。

自分と他者が本当に違う人間だと思うのであれば,相手のことなんて何一つはっきり解らないはずです。

一見「甘えてる」「怠けてる」ように見えても,当の本人にしてみたら普通の人ができることでも同じ様にはできず(普通の人に比べて),相当なストレスを抱えてる可能性も考えられます。
たとえその人が「多数派」だとしても。


つまり,誰が「怠け者」なのかそうでないかの判断は,うかつにやってしまうと取り返しのつかないことになる場合があるかもしれない,と言うことです。

投稿: おまきん | 2009年10月10日 (土) 14時15分

オールドニックさんへ

>例えばJM団に、前科者が入団を希望してきたら、仲間として受け入れるべきでしょうか? どうですか?

オールドニックさんがトラブルを避けることを優先するなら,拒否したほうがいいと思います。

しかし,トラブルを覚悟してもいいなら,前科者から何か得るものがあると思うのなら受け入れてもいいのでは。

投稿: おまきん | 2009年10月10日 (土) 14時24分

>たとえその人が「多数派」だとしても。

私のことね。

>つまり,誰が「怠け者」なのかそうでないかの判断は,うかつにやってしまうと取り返しのつかないことになる場合があるかもしれない,と言うことです。

生き物は皆、ただ一生懸命生きようとしているだけなのに…

>しかし,トラブルを覚悟してもいいなら,前科者から何か得るものがあると思うのなら受け入れてもいいのでは。

前科者になるような「おっちょこちょい」を受け入れるのは、さすがのワタシもお勧めしませんね(汗)

たぶん、あまりにおっちょこちょいだから
入ってもすぐ辞めちゃったりするんじゃないかしら?

…りょうサンが心配ね(汗)

投稿: 未来 | 2009年10月10日 (土) 17時28分

未来さんへ

「秋葉原の人」と「池田小の人、性犯罪の人」は、私個人の感じ方では大きな隔たりがあります。
簡単に言うと、自分が前者になる可能性はゼロじゃないですが、後者はゼロだということです。
前者の気持ちが解って、後者が全然理解できない、というようなことではありません。

別の意見の人も、おそらくはおいでになるでしょう。

投稿: ルリ | 2009年10月11日 (日) 01時37分

おまきんさんへ

>誰が「甘えてる、怠けてる、頑張れば克服できる人」かは判別するのはとても難しいと思います。

まったくもっておっしゃる通りです。
それをきちんと判別できる目を、持ちたいと思います。
誰に対しても、できれば余分なストレスを負わせたくはありません。
と言っても、私は、考えるだけで何も行動するわけではないので、毒にも薬にもならないんですが。

「甘えてる、怠けてる、頑張れば克服できる人」に私が多少なりともこだわるのは、
自分が、それらの人たちにちょっと近いということを感じてるからです。
未来さんは、ほっとけばいいっておっしゃるんだけれども、あるいはそうなのかも知れないけど、
きっかけがなくて、もがいてる人もいます。ここは軽く断言。
未来さんはポジティブなんですね、きっと。私は甘える方が好きだし、怠ける方が楽。

「甘えてる、怠けてる」でも、変わりたいと思っている、でも、うまく一歩が踏み出せない、という人に、
私は一番感情移入をしますし、応援したいし、できることがあるなら手伝いたいと思います。
ていうか、思っていました。でも、それだけではダメなんですね。

心の底から、社会復帰なんて望んでなくて、干渉しないで欲しい人には、
そのように、間違えずに対応できる人になりたいですね。的外れな応援なんかしないで。
そういう人たちとご縁があったら、別のお話がしたいです。趣味的に。
世間の事でも観念的なことでも、新しい視点が拓けそうで、刺激を受けそうだから。
もちろん、相手にしてもらえればの話ですけど。

投稿: ルリ | 2009年10月11日 (日) 01時38分

ルリさんへ

分かりやすく仰ってくださり
ありがとうございます。

ワタクシてっきり
“光市の事件”を“池田小の事件”と思って、ルリさんに質問していました(汗)

でも、このことは
ルリさんにとっては大きな問題ではなかったということでしょうかね?

だとしたら、ホッとしました。


私も事件に対して、ルリさんと同じような感覚です。

子どもと接する機会が増えたのが影響しているのかなあ・・
と自分では思います。(←昔からかな??)

投稿: 未来 | 2009年10月11日 (日) 08時15分

ルリさんへ

>簡単に言うと、自分が前者になる可能性はゼロじゃないですが、後者はゼロだということです。

へえ…その根拠は?


>ワタクシてっきり
“光市の事件”を“池田小の事件”と思って、ルリさんに質問していました(汗)

(“光市~”、ってどっから出て来たんだ???)

投稿: 未来 | 2009年10月12日 (月) 14時08分

ちょっと当惑しています。

未来さんへ

若い人なら受け入れられるけど年配の方は無理、というような区別は、私はしていません。
未来さんの基準とは違うのではないかという気がします。

これも含めて、「私個人の感じ方」という前提のお話ですから、根拠も何も「私がそう感じる」ということだけです。

というか、本当にこれらのことをお聞きになりたかったのでしょうか。
毎日来られるわけではないですし、時間とエネルギーを浪費したくはないので、
できれば、無理やりなご質問はいただかない方が有難いです。

私の考え方については、未来さんのお好きなように解釈していただいて差し支えありません。

投稿: | 2009年10月13日 (火) 15時04分

おまきんさんへ

この流れだと、もしかするとご不快にさせたかも知れないですね。申し訳ないです。
第三者からああいう言われ方をするということは、私の書き方が不注意で無神経だったのかもしれない、と思いました。
すみませんでした。できればこの一連は流してください。


ニヒリストさんもお休みされてることだし、少しまた考えて、出直して来ようかしら、という気になっていましたが、
ちょうど更新されたところみたいで、よかった。また楽しみにできます。

投稿: ルリ | 2009年10月13日 (火) 15時06分

ルリさんへ

別に不快には思ってません。

前々から気になってたんですが,あなたはけっこう気を遣いますね。そういうタイプの気遣いは少数派には無用ですので臆することはないです。


まぁ,未来さんをウザイとは思ってますが。

投稿: おまきん | 2009年10月14日 (水) 08時35分

すごく時期を逸してしまいましたが、おまきんさん、ありがとうございました。

自分の常態の中で、歓迎されていない場所に長居をすること自体がレアなので、
必要以上に腰が引けててかっこ悪いな、とは、うっすら自覚があったんですけども。
もっと普通に思い切って話せるように頑張ります。

それで突っ込まれる方が、正しいあり方ですな、確かに。

投稿: ルリ | 2009年10月27日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/46066243

この記事へのトラックバック一覧です: 政治コラム&選挙について:

« やっつけ記事 | トップページ | 近況報告 »