« 指が… | トップページ | 「ご心配おかけしました」と言ってみた »

2009年11月10日 (火)

自身の恋愛感情に対する超理性的な考察

私は現在進行形の恋愛から遠ざかってもう長いわけですが、進行してなかろうとなんだろうときっぱり忘れる、消去するということができていなければ煩わしさという点では進行している場合とそう変わらないのであり、今回はその煩わしさをずるずると掘り下げたいと思います。

まず何が嫌って客観的な評価が難しくなるのが嫌。自分の感情に対しても相手の存在に対してもその他あらゆるものに対して客観的に見てどうか、ということが一切分からなくなる。とくに相手の人間性に対する評価というのはトップクラスの難易度です。

それでも私は過去何度もそれを試みた。結局あれ(今回の記事では私の意中の人の呼称を「あれ」で統一したいと思う。なぜって彼とかあの人ではどうしたって甘ったるい感じになってしまうからに決まってるじゃないか)はどういう人間なのか?という問いを何度も繰り返した。ともすれば必要以上に美化したりこきおろしたりしてしまうのが恋愛感情の恐ろしいところで、私は恋愛感情に惑わされずそのことを冷静に判断する必要性をずっと感じていたんですが結局100%の確信を得るには至らなかった。というか好意なんてものに毒された頭でいっくら考えたところで冷静な判断なんてものが生まれるはずもない。

とはいいつつも、今までの何年かで出来上がった「一応的を得ているとは思うよ?」レベルの「あれ像」はある。それをここでちょっと書いてみようかと思う。

まず思想的には近いと思う。私と同じ少数派であると言ってもいいレベル。日本のような腐った国で生きていくには貴重な同志となりうる人物であり…とここまで言い出すと恋愛感情による美化が含まれている可能性大ですが、最低でも馬鹿な多数派じゃないことは確かです。

ただずっと思っていたというか引っかかっていたというか気になっていたのは、人と関わるということに対してそれほど深い悩みを抱えている人には見えない、ということ。もちろんネアカではない。どちらかと言えばちゃんと暗いし、社交的とかいう反吐が出るような称号は全くふさわしくない人ではあるの。でもあれには気心が知れた人がちゃんと何人かいて気を使わずに済むスペースがそれなりの範囲で普通に存在している。私にはそんなもんない。

結局のところ人間というのは人と普通に関われる人間と関われない人間に二分されると思う。前者はそれだけで悩みが少なくて済む。苦しい状況に追い込まれていたとしても人との触れ合いで簡単に(っていうと語弊はあるかもしれないけれども)助かる。要するに人に必要とされることだとか人から感謝されることだとかを経験すればすぐ立ち直れるような現金なクソ野郎なんですよ、はっ、しまったついコミュニケーション弱者の僻みが…。

話を戻すと、要するにその意味ではあれと私とでは決定的に住む世界が違うんじゃないかとずっと感じてきたし、今もそう思ってる。今でこそ「私とは違う人」なんて柔らかい言葉で表現できてますけど、当時はそれが気に入らず「能天気な馬鹿」とか「あんな奴には私の気持ちなんて分からないんだっ」とか気晴らしにつけてた非公開の日記はそんな話ばっかり、ぼろくそです。

そういう感情は満たされない恋愛感情の行き着く先としては一般的で見苦しい限りですが、その中でもより根源的な違和感、人種の違いのようなものの捉え方はたぶん正しかったと思う。あれは人と関わるとき私ほどつまらないことを考えない。その意味ではあれが健常者なら私は障害者、あれが多数派なら私こそが少数派です。本物のね。一生交わることのない何かを感じますよねぇ。

そんなこんなで幼稚な妬み嫉みや強固な恋愛感情から完全に解脱できたわけではない私ですが、絶対にこっちからは連絡をとらないということは決めています。あらゆる感情の不純物を取り除き、できうる限り冷静に見つめてもあれと私が「違う」というのなら、下心を克服できないうちに近づいたってろくなことにならないのは丸分かりです。超理性的じゃない?表彰されてもいいぐらいだわ。

今回だって「客観的に評価するなんて無理」と言いつつもこれだけの考察をしてみせる。本当に健気でありよくやっていると言わざるを得ない。これだけ物事が見えていれば今後道を誤ることもそうないであろう。安心してこの先の人生を任せられる。私が私でよかったと思うのはまさしくこういう瞬間ですね。

そうそう、指の怪我はほぼくっついて元通りになりました。万が一気に掛けている人がいたらと思って念のため。

|

« 指が… | トップページ | 「ご心配おかけしました」と言ってみた »

自己分析」カテゴリの記事

コメント

>絶対にこっちからは連絡をとらないということは決めています。

連絡とろうと思えばとれるんですか? へぇ、そりゃ大変でしょーなッw
私はね、ニヒリストちゃんには好きな相手と幸せになってもらいたいと本心から願ってるんですけどね、
でも実際の話、恋愛は曲者だからねぇ。 おいそれと勧めることはできなくて…。

ニヒリストの根暗のブー子ちゃん、かわいそう…(ノ_-。)


>そうそう、指の怪我はほぼくっついて元通りになりました。万が一気に掛けている人がいたらと思って念のため。

結局、指のこと心配する書き込みは無かったすねw
そんな人気者でもないんですかねぇ♪

投稿: オールドニック | 2009年11月11日 (水) 00時43分

こんにちわ
古い日記にコメントするのも何だけど。

>結局のところ人間というのは人
>と普通に関われる人間と関われ
>ない人間に二分されると思う。

>要するにその意味ではあれと私
>とでは決定的に住む世界が違う
>んじゃないかとずっと感じてき
>たし、今もそう思ってる。

何らかの基準を持って人間を二種類に分け、自分と同種かどうかを考察するのは、手法的には間違いでは無いが。
貴女の日記や、そこに付くコメントに対するレスから感じる限り、この基準が貴女にとって、重要な基準とは思えないな。

彼が、善悪の彼岸に居るか、居ないか、それ以外に貴女に必要な区分けが有るとは思えないけどね。

で、その区分けは、済んでいるとしか見えない。

なのに、更に別な基準で分割しようとする。
そこに貴女らしからぬ違和感を感じるよ。

日記だけで判断するなら、貴女は二種類で、考えてるのでなく、四種類以上で考えてる。
複数の基準で、分割し続けると行き着く先には、自分しか残らない。

彼が、貴女を今迄出逢った中で最も魅力的と言う言葉に偽りが無いなら、彼もまた、善悪の彼岸に立つか立ってないか、その基準で、貴女を同種と考えてるんだろう。

ただ、日記から感じる彼と貴女の違いに、貴女がガマン出来無いなら、別な話だが。
つまり、彼は必要に応じて分割基準を変えて、それぞれの基準で、同種と付き合える器用さを持っているが、貴女は持って無いと云う点を。

まぁ、余計なお世話だけどね。

投稿: Shiro | 2010年11月22日 (月) 09時15分

コメントありがとうございます。

結局のところ何もかもは「私は彼に受け入れられない」という事実を消化するための理屈なんですよね。
傷つきたくない、もうやめにしたいというのが最初にあって、だから「私と彼はこんなに違う」ということを書きたてるわけです。

でも今回彼と連絡を取り合ううちに、違うということがイコールで断絶を生むわけではない、ということが分かりました。

確かに彼は器用です。私よりも人付き合いは広範に及んでますしね。
それが気に入らない時期もありましたが、今はそれはそれとして受け入れられています。

投稿: ニヒリスト | 2010年11月22日 (月) 18時30分

違うと云う事が断絶を生む訳では無いと分かったなら、大丈夫と思うね。
まぁ、偉そうに語る自分がそれに気付いたのは最近何だけどね。

投稿: Shiro | 2010年11月22日 (月) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/46728142

この記事へのトラックバック一覧です: 自身の恋愛感情に対する超理性的な考察:

« 指が… | トップページ | 「ご心配おかけしました」と言ってみた »