« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年12月29日 (火)

来年への意気込み

私は明日から来年の4日まで、祖父母の家に帰省します。だからどうっつうこともないんですが、携帯からまめに更新とかも無理そうなので今年の更新はこれで最後ということになります。

で、今回はいつもはあまり語らない来年への抱負なぞを述べてみたいんですが、わたくし来年はコミュニケーション弱者からの脱却をどどんと掲げておきたいと思います。

この日本において他人とうまくやっていくには徹底的に不誠実かついい加減であるしかないということにはたと気がついたのです。いかに思ってもないことが笑顔で言えるか、いかに中身のないことを何の疑問も持たずに並べたてられるかの勝負なんです。

実は有吉の「嫌われない毒舌のすすめ」を読んだ影響もちょこっとだけあるのですが、やっぱり馬鹿相手にこちらが頭を使って悩むのは無駄だと改めて思ったんです。相手がただの多数派ならこちらも軽薄なペテン師となってあることないこと並べたてる方が楽に決まっている。

とりあえず発話のハードルを下げていくためにも成功体験の積み重ねが必要であると判断し、いつもより一言二言多めに喋るようにしてます。そうすると意外と相手がそれを受けて話を始めてくれたりいいリアクションを取ってくれたりと今のところうまくいっています。自分で言うのもなんですがそれほど頭の回転が悪い方ではないと思うので、コツさえつかめばもうちょっと何とかなるんじゃないかと。

来年は苦痛軽減の年にする予定。しばらくして「そんなこと言ってたっけ?」ということになってなければここで経過も報告するつもりです。乞うご期待。

それでは皆さんよいお年を~(こういう風に思ってもないことをサラッと言えるようになるといいな)。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

「ご心配おかけしました」と言ってみた

この言葉は嫌いだった。というか今も現在進行形で大嫌いです。だって相手が本当に私の心配をしているかどうかなんて分かりもしないのに、さも「心配したでしょ?」みたいな顔してこのセリフをさらっと吐くのは私には無理だと、ずっと思っていたから。だから指切って休んでも風邪で休んでも、私はこのセリフは避けていた。

でも世間というものは基本的に深い意味はないものです。言葉にも仕草にも態度にも、意味なんてありはしない。すべてはその場その場を丸く収めるためのものでしかなく、「本当は」とか「なぜ」とか「どうして」とかは禁句なのです。故に実際心配したかどうかなどは関係ない。休んだら「ご心配おかけしました」といい相手は「いえいえ、もう大丈夫なの?」と返す。これこそがコミュニケーションにおけるベストなのであり、それ以外の雑念は必要ない。

それに、周りの人と特別関係が悪いってわけじゃないし、少しは私の状態を心配しているのかもしれない、とも思えるようになってきたことも手伝って、この間言ってみたのです、「ご心配おかけしました」というワードを。まあそれほど気持ちのいいものではなかったけれど、特段不愉快極まりないということもなかった。なんてことねぇな、という感じです。

ま、こういう無意味な言葉の集積で世間が成り立っていて、私も少しずつ考えることをやめてその無意味な集積に参入していくのか、と考えるとそりゃあ吐き気はしますよ。まず私はそういうことをくだらないと思うから。でも私はそうやって世間に取り込まれていくようなタマでもないことも事実なんだな。今回は一つ適応することができたかもしれないけど、私は基本的に「そうではない」空間を見つけるか破滅するかしかない人間、のはず。でも最近自分を見ていると案外普通に生きていけちゃいそうな気もしてやーね。

「しない」と「できない」は大きな違いです。私もそろそろ多数派のコミュニケーションスキルを身につける時かしら?別に社交的になるつもりは毛頭ないけど、相手に不審に思われない技術、言いたくないことを聞かせない技術、相手に喋らせる技術などあって損はないはず。結局口を利けなければ相手に侵略される一方なのだから…。

私も自分の身を守る術は身につければならないな、と思った次第です。今日はこんなところで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »