« あけましてご愁傷さま。 | トップページ | 「自分探し」を敢行中 »

2011年1月20日 (木)

タイガーマスク運動とか。

タイガーマスク運動とやらが世の中では盛んなようで。私はニュースで少し耳にした程度で、まったくなんの関心も抱いてなかったんですが、色んな人からどう思うか聞かれるので、少し思いを馳せてみました。

最初はとにかくただただ気に入らず、というのも私は今回のような集団で物事が動いていくようなことが大嫌いだからです。みんながやってるからとか、なんか盛り上がってるからとか、そういう理由で冷やかし抜きにそれに参加してしまう人の単純さ、無垢さ、素直さ、従順さみたいなものが生理的に受け付けないっていうか、そこはとりあえず「ばっかじゃねぇの!」と吐き捨てておかなければ気が済まないみたいな気持ちにどうしてもなってしまうんです。とにかくそういう精神性が嫌いなんですね。まあ反吐が出る的な。

でもなかなか言いづらいのは、今回起こってること自体は悪いことではないからなんですよね。金塊とか、当選宝くじとか、ランドセルとかが届けられれば喜ぶ人がいて、助かる人もいて、何の悪いこともないじゃないかと言われれば私も「まあそれはそうなんだけどね」と言って黙るしかない部分がある。偽善だとか言って難癖をつける私が悪者なのか、という気にもなってくる。

が、しかしです。やはり気に入らないものは気に入らないのであって、ここで言葉を飲み込んでしまったら私が廃る。こういう時に冷や水をぶっ掛けるのが私の役割なはずだ。

私はですね、こういうのを見るとまず「で?」と思ってしまう。一過性ですか。困っているのはなにも子供達だけではないはずですけれども。メディア等で目に入ってくるものだけがすべてなのですか、崖っぷち犬と同じようなレベルで孤児院に群がっているのですか、等々。言いたくなるし、考えずにはいられない。

それにランドセルやお金が手に入ってもそれはその時だけのことで、みんなが忘れ去った来年の春にも小学校に上がる孤児は確実に存在するわけで。継続的な支援や関心というのは何に対してでも不可欠です。

とはいえ、私は別に善意にプロフェッショナルを要求しているわけではないんです。それを言うなら私だって別にそんな立派なことをしているわけではないし、寄付だのフェアトレードだのと言ってみても、今回の「伊達直人」とやらとそう変りないレベルかもしれません。

ただ私はそのことに自覚的であれと言いたいんです。自分にできることなんてたかが知れているということに、その場で金品を贈ったからといって問題が解決するわけではないことに、そして自分が関心を失った後も孤児はずっと孤児であり続けるという事実に対して。

それらを全部分かった上で、少しでも何かの役に立てば、というのはいいことだと思うんです。そもそもあらゆる善意は多かれ少なかれ自己満足や欺瞞を含んでいるものであって、それらを全部排除しようとすれば、支援なんてものは成り立たなくなってしまいますからね。その場限りでも、本当に相手が必要とするものから少しずれていても、自分がしていることがその程度だということに自覚的である限りは、許容されていくべきだと考えています。私も人の善意を重箱の隅をつつくみたいにねちねち言いたいわけではないんです。

ただメディアにほだされてランドセルを贈ったぐらいでいいことした気になってたら、それは甘いんじゃないですかというのも私の正直な実感です。「あなたはそれを来年もするの?」と聞きたい気持ちもあるし、身の程を知ることよりも善意に酔うことにご熱心とあらば、そこの欺瞞は指摘していかなければ気が済まない。

私は自己満足的な側面と、「本当の支援とは」について思いを巡らす側面と、どちらも必要だと思ってます。大切なのはそのバランスであって、今回のタイガーマスク運動とやらには自己満足的な臭気がプンプンしたので、「気に入らない」の方にカテゴライズさせてもらいました。

ただ実際にどうかは知りません。「伊達直人」を名乗って物を贈った人に話を聞いたわけでもないですしね。もしかしたら私が書いたようなことには案外みなさん自覚的で、たまたまいいきっかけになったぐらいの気持ちでこの運動に加わったのかもしれない。

でもメディアを通して伝わってくる全体の雰囲気としてはやっぱり臭ぇな、と。とにかく趣味じゃない。何かをするにしてもなぜこれに便乗しなければならないのかがまったく理解できないんですよね。自分の関心のあることに対して自分の納得できる形で物をやればいいじゃないか。なぜ好き好んで人の二番煎じ、三番煎じをやらねばならないのか。つまりは普段からそんなことに関心を持っているわけでもなく、メディアや他人にひな形を作ってもらわないと自分から寄付もできないような、そんな人間の集まりだってことですか、この国は。

馬鹿馬鹿しい。馬鹿馬鹿しいけれども、そういう受け身的な形とはいえ潜在的な善意が広く存在するのなら、各支援団体に掘り起こしの余地はあるってことですよね。でもそれもどんどんやればすぐに飽和する。スマトラ島沖、ハイチ、チリと地震が相次いで、パキスタンでの洪水には支援があまり集まらなかったのと同じように(テロのイメージなどの偏見もあったにしても)、孤児が、難病患者がと次々にやっていれば人は「またか」と思いだすんです。

人の善意なんて所詮は恣意的で限りあるもの。それは私だってそう。ただ一人ひとりでは微々たるシケた善意でも、寄って集まればそれなりの大きな力になることもなくはないと思う。その意味で希望は捨てていませんが、今回のような運動は大嫌い。ただこういう流れを継続的な何かに繋げていける人がいたら、尊敬します。私にはできないことですから。

|

« あけましてご愁傷さま。 | トップページ | 「自分探し」を敢行中 »

日々を綴る」カテゴリの記事

コメント

今回の地震でも、タイガーマスク運動の時と同じ違和感を覚える。
テレビの報道特別番組をずっと観ていると、「日本人は~」と言って励ましているのが目につく。
特にショックだったのは、報道ステーションで古館一郎が「日本人は相互扶助する」と賞賛したことだ。
日本人が相互扶助なんかするか? どう思う?

投稿: オールドニック | 2011年3月15日 (火) 12時24分

地震から数日経って、テレビに地上波臭が復活してきてからはNHK以外見てません。気分が悪くなるからです。

そういう状況にあって助け合うのは日本人に限ったことではないでしょうし、
周りが「助け合いの精神が云々」と持て囃したところで、
現実問題として食べ物がない、灯油がなくて暖がとれない等で困っている人たちには何の足しにもならないでしょう。
むしろ馬鹿にされているような気がするんじゃないでしょうか。

私だったら嫌ですね。物がなくて困っているのに「助け合って頑張っていて偉いですね」なんて言われた日にゃあ。
「偉いもなにも、食うもんがねえんだよ!」と。
助け合っているというか、限られた物資の中で必死で生きているだけなのでは、と思います。

それに「日本人」が助け合うのなら、都内の物不足はどうして起きているのでしょう。
他人のことなど考えず、実態のない不安感から物を買いあさる人たちがいるからでしょ?

美化して喜んでるのは被害を受けてない気楽な人たちだけです。

投稿: ニヒリスト | 2011年3月16日 (水) 13時10分

被災しました。

その立場から言わせてもらえば、

「日本人は相互扶助する」なんてことは無い。
国が治安を管理しているから、一部で相互扶助っぽい現象が起こっているだけ。

この先、物資・ライフライン・金が不足してくると、人間なんてどうなるか分かったモンじゃない。
暴力が蔓延するかも知れないから、僕は被災3日目で「武装」することを本気で考えた。

その根拠として、東京なんか、計画停電されるとわかったら我先に買いだめに走った。
あれこそが人間の本性だと、今回よく解りました。
人間は一皮むけば、「悪徳のかたまり」だと。

そも、
「日本は強い」とか
「祈りを」とかなんとか言って
メッセージだけ。
実際には、金も物資も支援する気はない。

結局助ける気はさらさら無い。
「同情するなら金をくれ」だ。
何もする気が無いなら、黙ってろと言いたい。

まさに
「悪徳」を自覚せずして、「善」を騙り、「正義」を為さず。

投稿: おまきん | 2011年3月16日 (水) 13時54分

おまきんさん、東北地方の方だったんですね。
家がなくなったんですか?現在は避難所生活でしょうか。

日本はこれまで物質的には恵まれてきたので、殺伐とした物を奪い合うような場景は想像し難いのでしょうが、
よその国で起きていることを考えれば「日本人は助け合うから」なんて綺麗事で済まされる状況ではないことは容易に想像できます。
今は日本の治安のよさが一定の歯止めにはなっているのでしょうが、
おまきんさんの言うように、このままないない尽くしの生活が続けば何が起こるか分からないですよね。

私も寄付金を払い込むぐらいしかできていない状況で、所詮は他人事という事実が申し訳ないです。

金曜日までは厳しい寒さが続くようです。
十分に暖もとれない状況かもしれませんが、少しでも生活が向上するよう祈っています。
祈るだけではどうしようもないんですけれど…。

投稿: ニヒリスト | 2011年3月16日 (水) 19時25分

家は仙台市の中心市から少し離れた、山にあるので、津波の被害はありませんでした。
ただ、ライフラインがようやっと電気が回復したところです。
水が出ないので、近くの公園に汲みに行かなければなりませんが。

そういう意味では、沿岸部の人たちよりかはだいぶマシなほうです。

とはいっても、物資を調達するには店で金を使って買わなければならないし、朝イチで買いに行かないと、買えない勢いです。
こんなときでも必要なのは「金」なんです。

ただ、店でも在庫がいつまであるか。
それが尽きたら、本当に殺伐としたことになるような気がします。
実際、コンビニや店では窃盗や強奪があったところがあったみたいです。

それに、震災2日目には仙台でも買いだめに走る人が多かったのか、コンビニや店が閉まってました。

被災地でも、このようなことが起こったのですから、東京でも同じことが起こったようです。

いずれにしろ、人間は危機的状態になると自分のことで精いっぱいで、他人など構っていられないのが実際です。

まぁ、少なくとも、被災してない人たちがよく言う、わけのわからない「メッセージ」や偽善を押し付けるかのような「感動的?文言」なんかで
こちらの「生き抜く」邪魔をしないでほしいですね。

投稿: おまきん | 2011年3月16日 (水) 20時01分

>「日本人は相互扶助する」
>「日本人は助け合うから」

という、文言は被災地の人に対して、
「相互扶助するようにしろ」
「助け合え」
ということを、暗に強要しているにすぎない。

こちらがそれを無視して、殺伐行為をしたら、被災してない自分たちが「不安」になるから。
その「不安」を打ち消すための「自己保身欲求」ゆえに、耳障りのいい「偽善的言葉」を吐いてるにすぎない。

別に、「支援しろ」と言っているわけではない。
自身の「悪徳」を自覚しろ、と言っている。

結局自分だけが大事なら、それを自覚して、そのうえで自分がどうするかを考えてほしい。
それをしないうちに、こちらに関わろうとするなら「邪魔」になるだけだ。

だから、
>人間は一皮むけば、「悪徳のかたまり」
だと僕は言う。

本当に「善」を為したいなら、まず自身の「悪徳」とよく向き合い、戦ってからにしてほしい。
じゃないと、その善意はありがた迷惑で終わるだけだ。

投稿: おまきん | 2011年3月16日 (水) 20時26分

>実際、コンビニや店では窃盗や強奪があったところがあったみたいです。

へぇ。それが被災地の実際か?
テレビでは、「日本人は災害時でも略奪や物資の奪い合いが無い」と海外が賞賛していると報じていたが…。

東京でも買占めによる物不足が起こったようですねぇ。
関東から離れた地域でも、チェーンメールで混乱させられている人が続出してるらしい。

こりゃ、日本人の唯一の長所だった「秩序」も危うくなってきたな…。


>本当に「善」を為したいなら、まず自身の「悪徳」とよく向き合い、戦ってからにしてほしい。

そうか、じゃ、自らの卑近な欲求と向き合いながら正義を主張してきたオデは本物の善人だなっ!

投稿: オールドニック | 2011年3月17日 (木) 03時26分

よく考えたら、津波で家が流されてたらこんなブログにコメントを寄せる余裕があるわけないですよね…。

都内ですらこんな有り様なのですから、そちらの物不足は命にもかかわってくるレベルだろうと思います。
窃盗や強奪もそりゃ起きますよね。だって生きていかなきゃならないんだもの。
早く道路等が復旧されて支援物資が届くようになればいいんですけど…。

「結局は自分が大事」というのは大前提だと思います。程度の差こそあれ。
その守ろうとする自分が大きい人はわき目も振らずに買いだめに走るし、
比較的小さい人は「こんな時だからこそ必要な人に行き渡るように」と買い物を控える。
でもその買い物を控える人だって、自分の命が脅かされるような状況になればやはりそんなことは言ってられなくなります。
自分が生きるってことは何にも勝る重要なことです。

おまきんさんの言うように、そういう自己保身を自覚した上で動くというのは大切なことと思います。
被災地の悲惨な現状を耳触りのいい綺麗事で済まそうとする地上波には私もウンザリです。

そちらはとりあえず電気は復旧したのこと、よかったです。
食料はまだ手に入れられる状況でしょうか。
少しでも早くライフラインが復旧し、支援物資も届くことを願います。

投稿: ニヒリスト | 2011年3月17日 (木) 16時55分

>「日本は強い」とか
>「祈りを」とかなんとか言って
>メッセージだけ。
>実際には、金も物資も支援する気はない。

>結局助ける気はさらさら無い。
>「同情するなら金をくれ」だ。
>何もする気が無いなら、黙ってろと言いたい。

ほんとにそうなの?と思って「日本は強い 義援金」でググったら、「日本は強い」と言いながら義援金を送る人が結構いました。

>本当に「善」を為したいなら、まず自身の「悪徳」とよく向き合い、戦ってからにしてほしい。
>じゃないと、その善意はありがた迷惑で終わるだけだ。

そうかな?
例えば大金持ちが、ほんとは金を出したくないけど、「資産家の癖に義援金を送らないなんて非国民ね」と言われそうな事態を回避するために(世間体を取り繕うために)物資や金を送る、というのは、被災者にとってありがた迷惑で終わるのかな。
金や物資は出せばそれは偽善ではなく善になるのかな。
被災者にとっては「どのような人が」物資や金を送ってこようがどうでもよさそうな気がする。
私は被災者じゃないから、実際にどう感じるかはわからないけど。
そもそも善が何なのかよくわかってない自分がこんなこと言うのは馬鹿馬鹿しい気がしてきた。

>この先、物資・ライフライン・金が不足してくると、人間なんてどうなるか分かったモンじゃない。
>暴力が蔓延するかも知れないから、僕は被災3日目で「武装」することを本気で考えた。

>その根拠として、東京なんか、計画停電されるとわかったら我先に買いだめに走った。
>あれこそが人間の本性だと、今回よく解りました。
>人間は一皮むけば、「悪徳のかたまり」だと。

単に自分の欲望に素直になっているだけでは?
「悪徳」は、辞書で調べるところによると「道徳に反する行為または精神」って意味を持った概念ですよね。
おまきんさんには「道徳」なるものが存在しているのかな。
自分は「道徳」という概念はわかるけど、人間の本性が「悪徳のかたまり」である、というのはよくわからなくて…
「自分が良ければそれでいい」というのはただ自分の欲望に素直なだけでは?
あ、欲望自体が悪徳なのかな。

投稿: まんきお | 2011年6月23日 (木) 08時30分

>ほんとにそうなの?と思って「日本は強い 義援金」でググったら、「日本は強い」と言いながら義援金を送る人が結構いました。

「結構」とは、具体的に何人くらいを言ってるんだ?
ググった情報は本当なのか?
また、義捐金を送っていない人は何人いるんだ?

言っておくが「結構いた」なんて曖昧な表現は受け付けないぞ。


>例えば大金持ちが、ほんとは金を出したくないけど、「資産家の癖に義援金を送らないなんて非国民ね」と言われそうな事態を回避するために(世間体を取り繕うために)物資や金を送る、というのは、被災者にとってありがた迷惑で終わるのかな。

後々、見返りを求められたらそれはありがた迷惑になる可能性だってあるだろうが。政治なんてそういうことがあるだろうが。


>金や物資は出せばそれは偽善ではなく善になるのかな。
それは、「受け手」が感じることだ。関係ない奴が考えることじゃない。 だから僕が考えることだ。


>被災者にとっては「どのような人が」物資や金を送ってこようがどうでもよさそうな気がする。
それは、被災者が決めることだ。 だから僕が決めること。 お前が決めることじゃない。


>「自分が良ければそれでいい」というのはただ自分の欲望に素直なだけでは?
>あ、欲望自体が悪徳なのかな。

自分の主観で考えることだ。だから僕が相手から迷惑を被ればそいつには「悪徳」があるということだ。それは僕が決めることだ。主観だからな。
「普通の人間」の場合、そいつらの「欲望」が「悪徳」になりうることがたいがいだ。

そもそも、自分で「善悪」の判断ができないのならば、「善悪」の質問なんて他人にすることじゃない。なんたってそれぞれの主観なんだからな。
僕はあなたじゃない。自分に聞け。


>自分は「道徳」という概念はわかるけど、人間の本性が「悪徳のかたまり」である、というのはよくわからなくて…
僕の実生活の立て直しの邪魔を、人間がしたとすれば、僕にとっては「人間の本性が「悪徳のかたまり」」となる。

買いだめしたら、結果的に物資がとどきにくくなることだってある。
それは、僕の邪魔をしたということで「悪徳」だ。


>単に自分の欲望に素直になっているだけでは?
そいつ自身はそうだろう。
しかし、そいつの行動は、僕の邪魔をしたことになるので、僕の主観からすれば「悪人」だ。


大雑把に結論を言おう。
他人が相手の事をどう考えるかは、他人が決めることだ。
しかし、他人の心をどう決めるかはそいつ自身が決めることだ。

そして、自分の主観でどう物事をとらえるかは、自分自身ですることだ。

僕が人間を「悪」と決めたら僕の中では「悪」になる。
しかし、それを否定するかどうかは「人間」自身がすることであり、「人間」がどう「悪」かを理屈づけるのも僕がすることだ。

そして、あなたの主観でどう物事をとらえるかは、あなた自身ですることだ。

投稿: おまきん | 2011年6月25日 (土) 20時30分

>おまきんさんには「道徳」なるものが存在しているのかな。
>自分は「道徳」という概念はわかるけど、人間の本性が「悪徳のかたまり」である、というのはよくわからなくて…

まず、ウィキペディアで「道徳」を調べてみるとよい。

そして、僕には(僕の)道徳が存在している。だから(僕にとっての)「悪徳」が何かを決めれるのだ。


>金や物資は出せばそれは偽善ではなく善になるのかな。

自分は良かれと思ってやっていることが、相手にとっては迷惑になることがある。
この場合、「自分」にとっては「善」でも相手からすれば「偽善」または「悪」になる。

被災者にとって「金や物資を出してもらう」ことが偽善になるか善になるかは、被災者が決めること。 一応僕もその一人だからな。
沿岸部の人ほどじゃないが、けっこう難儀はしたぜ。
電気は数日で通ったが、水、とくにガスがなかなか復旧しなかったしな。食料品などの流通もやばかったしな。


>被災者にとっては「どのような人が」物資や金を送ってこようがどうでもよさそうな気がする。

だから、いいか?
この記事での僕のコメントは僕が決めることなんだ。
おまえがどう思うかは勝手だが、おまえが僕を決めることじゃない。

投稿: おまきん | 2011年6月25日 (土) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191322/50622268

この記事へのトラックバック一覧です: タイガーマスク運動とか。:

« あけましてご愁傷さま。 | トップページ | 「自分探し」を敢行中 »