2008年5月16日 (金)

映画「靖国」

映画靖国を観てきました。上映中止問題の時にこのブログでも何度か取り上げましたが、ああいう騒ぎになってかえって上映館が増え、渋谷シネアミューズにいたっては上映期間の延長までされるというのは日本の民主主義の底力だと思っていいんでしょうか。たとえ上に乗っかってる人々にはその意識はなくとも、下には言論の自由を支えてる人がちゃんといる。この事実には安心します。でも私たち一人一人が常日頃から自由や権利を意識し守ってゆく努力を怠ればそんなものはすぐに消し飛んでしまうのであり油断はできませんが。

映画はよかったです。別に反日だ上映中止だと大騒ぎするような映画ではなく、靖国とは一体何なのかという問いに対してその答えの一端を見せてくれる映画です。あの程度で反日なんて言われるようなら映画なんて作れないだろう、と思いますね。当時の日本軍に対して批判もダメ、侵略という言葉もダメ、さもなきゃ潰すというんじゃ言論の自由も何もあったもんじゃないですし、私にはあの映画のどこらへんが反日なのかよく分からないということです。

ただ単に負の側面を封殺する事によって過去の戦争を美化し、祖国のために戦い殉じた英霊を祀った靖国神社を絶対的なものとして君臨させたいならそれこそ安っぽいイデオロギーに過ぎないわけで、事実を全部さらけ出してさあ靖国どうなんだという事を考えるには右にとっても左にとっても有益な映画であったと私は思う。全部を一色に染めておかなければ気がすまない人間のヒステリックな批判に耳を貸す必要は別にない。

内容としては台湾の方が合祀取り下げを求めているシーンが一番印象的で、これ以上ないだろうってぐらいの正論なんですね、言ってることが。自分の身内が戦争で死に、その加害国に英霊として祀られるということの理不尽。日本のために戦ってなんかいないのに名誉を押し付けられる。亡くなった人をどう弔うかというのは故人や遺族の意思によって自由に行われるべきものであり、もっとも誰からも干渉されたくない事柄だと思われますが、それに対して靖国神社が国家として介入し合祀の取り下げにも応じない。どう考えても理不尽です。

映画を観終えて総論としてはやっぱり靖国酷いな、と思いました。でもそれはこの映画が反日的な構成になっているからではなく、私自身にそもそも靖国に対するいいイメージが無かったからです。先の九条世界会議の分科会で靖国問題のシンポジウムに参加したのもありますし、そもそも軍国主義の頂点である靖国に対して私が好感を持つというのも考えにくい話ですし。

この映画は個々人の心の中にある靖国を投影する鏡のようなもので、それ自体は反日でも親日でもない。観た人が靖国をどう思っているか、それがそのまま表れてくる映画なんです。

それにしても、靖国は魔性です。侵略戦争なんて無かったという内向きで独善的な思想にはとても賛同できませんが、あれほど多くの人を今なお惹きつけ60年前の映像の見紛うほどの運動が繰り広げられている靖国とは一体なんなんだと、寒心すると同時に興味をそそられます。そう思ってパンフレットを買ったら「もっと靖国を知りたい人のためのブックガイド」が載っていてほくそ笑む。読みたい本読まなければならない本山積みの中ではいつ読めるか分かりませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

大日本人とスリーハンドレットを観賞

さて、今日はタイトルの通りです。映画もいちいち出かけていくと交通費がバカにならないもんで、朝から2本立てでまとめて観てきました。

で、感想を順次書いていきたいのですが、いっやあ、面白いっすね大日本人。正直ねえ、そんな期待してなかったんですよ。確かに松本は(呼び捨てでいいのかなあ、でもさん付けもなんか違うよね)働くおっさん劇場とかすべらない話とかで当たりが多いけど、だからって何でも面白いわけじゃないしね。

だから私はもう今回はほとんど板尾目当てっていうか、板尾が出てるんだったらまあ何となく観に行ってみようかな、と思って行っただけなんです。私は板尾創路を愛してるんで。でもこの映画は間違いなく当たり。帰ってきてからヤフーなんかのレビューを読んで結構なわりあいでボロクソに言われてるのを見てビックリしましたよ。あれー、面白かったのに、と思って。

とりあえず私なんかの思いつく事ではたかが知れてますが、面白かったと思った部分を列挙しておこうかしら。

まず松本扮する大佐藤の悲哀っていうのをすごく感じました。私はここでも何回か書いてますが、悲哀を感じない人間は嫌いなんです。ただ明るく元気に生きてきました、みたいな人間には何の魅力も感じない。そういう意味で今回の映画でのヒーローが強くてかっこいいみんなから愛されるヒーローではなく、弱くて器のちっちゃい嫌われ者のヒーローということに単純に好感が持てました。

本当にかっこいい人間というのは弱さも滑稽さも兼ね備えた、世間からみればちっぽけで冴えない人間のことを言うんだなあ、と思いました。普段からこのかっこ悪さがかっこいい、面白くなさが面白い、とかひねくれた事ばっかり言ってる私にぴったりのヒーローでした。今回のヒーロー像はまさに完璧と言えます。かっこよかったです。

それともう一つは、この映画はインタビューを交えながら進んでいくのですが、そのインタビュアーのデリカシーのなさがまたいい。それを言っちゃあ、という事の連続でかなり笑えました。これは観ないと分からない、かも。

で、最後のエンディング。これもヤフーのレビューで色々言われてましたが、私はねえ、そんなにビックリしませんでした。意表を突かれたとか、意味が分からないとか言われてますが、そんなぶっ飛んでるとは思わないんだよね。何となくは繋がっているというか、ああそういう展開もあるなあという感じで。

あ、でもだからつまらなかったという事ではなく、エンディングも全体の中で1、2の指に入るぐらい面白かったです。というのも私は宮迫とか大輔のバイオレンス芸人との異名をとるあの笑いがそもそも好きなんですよ。アメトークとかやりすぎコージーでのTシャツを会う度に引き破ったとか、後輩に本気でプロレス技をかけているなどのエピソードで何度笑ったか知れない。あの2人の暴力は確実に面白いのである。

だからそういうところも目のつけどころがいいなあと。正直最近はガキの使いがツボにはまらなかったりする事もあって、ちょっと心が離れつつあったんですが、松本を見直しました。面白かった。DVDが出たら買っちゃいそうな勢いです。繰り返し観たい。

でも今日の失敗はそのあとスリーハンドレットを観た事です。全然面白くなかった…。戦うならその理由なり背景なりがしっかりと描かれている事が大前提ですが、この映画はそれがまったく不十分で、ただの殺戮、ただの暴力にしか見えなかった。なんかストーリー性がほとんど感じられず、ずっと予告編を観ているような映画でした。

それで大日本人の余韻が台無しで、あんまり悔しかったからつい調子に乗って大日本人のパンフレットを買っちゃいました。普段はどんなに映画がよくてもパンフレットって買わないんですよ。だって2、300円なら分かるけど、パンフレットってやたら高いじゃん。今回のも700円もしたの。でも、スリーハンドレットがつまらなかったもんだから、大日本人をついさあ。大佐藤をずっと感じていたかったの。

さて、以上が私の評価なわけですが、もう一つ言っておきたい事がある。なんか映画の感想が批難の応酬に堕している気がする。お互いがレベルが低いだの高いだの、浅いだの深いだの、あんなものは映画の感想を超えてただの誹謗中傷なんじゃないか。日本人っていつからこんなに独善的な人間ばっかりになったわけ。

一つの映画が面白いか面白くないかに正解があるわけないじゃん。その映画についてどう思うかを表現するのは自由ですが、自分と違う考え方を否定しだすといき過ぎかなと。自分だけが正しいなんて何たる思い上がりでしょう。

確かに自分だけがこの笑いを分かってるとか思いたくなるのは分かる。人間ってのはとかく自分だけが正しいと思いがちなんですよね。でもそんな風に俺は笑いが分かってるぜ的な風を吹かすやつがどんだけウザイか。分かってる人は笑えて分かってない人は笑えないなんて蔑視的な言い方は控えるべきでしょう。私もなるべくそうならないようにしたいものです。気を付けなきゃ。

まあとにかく大日本人は面白かったです。なんかぶっつり切れちゃいますが、とりあえず今日はこの辺で。大日本人、ぜひ劇場でご覧ください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

不都合な真実…その後

また1週間空いちゃいました。ほんとにすみません。これでは数少ないながらもチェックしてくださってる方に申し訳が立ちませぬ。ああどうしよう、っつってもしょうがないのでとりあえず書きます。今日は不都合な真実でおなじみのアル・ゴア氏が自宅では市民の約20倍の電力を消費していると暴露されたニュースについて少し。(ニュースの詳細はこちら

私の考えとしては、市民の20倍という言葉だけで「なんだ、自分はやってないんじゃん」とか偽善者だとか言うのは少々軽率なのではないかと。まず普通の市民の家よりも格段に広いということもあるだろうし、何にどれだけのエネルギーを消費しているのかということが重要なんであって、ただその使用量だけを切り取って20倍だからどうとか、そういう問題ではないと思うんですね。

日々の生活でどれだけの量のエネルギー消費が必要最小限なのか、というのは人それぞれなわけで、確かに地球温暖化を訴えて啓発していく立場の人として、自分自身のモラルが人一倍問われるのは当然で、削減できるものはした方がいいに決まってますが、ゴアさんの家でどれだけのエネルギー消費が必要最小限で、どこからが浪費なのか、ということはそれこそゴアさんの自宅を事細かに観察して、各家電の電力消費量を計算して、という事をしてみないとうかがい知る事はできないと思うんです。

今の私にはそういう情報はもたらされていないので、市民の20倍という数字だけをもって批判する事はためらわれます。それになにより私はあの映画を見てゴアさんの環境問題への真摯な姿勢を感じたし、影響も受けました。世界中にそういう人はたくさんいるはずで、そういった活動は誰にでも出来る事ではなく、もし仮にゴアさんがエネルギーを浪費していたとしても、その功績が消えてなくなるということはないと思うのです。

だからそのような報道がなされても、私があの映画をすばらしいと思ったことや、ゴアさんの活動に共感し影響を受けた事は変わりませんし、こういうことで環境保護の活動自体が足を引っぱられるような事があったら嫌だなあ、と思います。市民の20倍の真偽はともかくゴアさんの活動自体は誇張でもなんでもなく、今ある危険を訴え地球を守ろうという正当な活動なのですから、市民の20倍というイメージだけでその活動まで否定してしまうような事にはなって欲しくない。

といっても今私が言ったような事はまだ知識に裏打ちされているわけではなく、ニュース23での対談や不都合な真実でのアル・ゴア氏を見て「この人は信頼に足る人物だ」と直感的に思ったというのが根拠です。普段人を見る目は結構厳しい方なので、一度信用したら簡単に疑ったりはしないのです。なので私は今後もゴア氏支持、という事で皆様もまだだったらぜひ不都合な真実をご覧になってください。バナーもクリックしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月23日 (金)

不都合な真実

ふあー、なんだかとっても疲れたので今日は前置きは無しで。って言うほどいつもちゃんと前置いてないけど。

昨日母親と映画を見てきました。アル・ゴア氏のドキュメンタリー映画「不都合な真実」。以前ニュース23で筑紫哲也とゴア氏が対談しているのを見てから「ああ、この映画見たいなあ」と思っていたんですが、やっぱりすごかったです。

地球温暖化がもたらすものは遠い未来の危機ではなく、今現在私達に迫っている現実の危機なのだという事がとても分かりやすく、ゴア氏によって体現されている映画でした。私もまだ知識不足で所々分からなかった部分もあり、ここで詳しく説明できるほどには理解できていないのが残念なんですが、でもとにかくそんな私にでも今地球温暖化というものは差し迫った危機であり、今自分に出来る事をやらなければ地球が破壊されてしまう、という危機感を存分に抱かせてくれる映画であった、ということは言っておきたいと思います。

それで私も結構影響を受けて、使わない時はコンセントを抜くようにしたり、ご飯を何日も保温しっぱなしにするのをやめたり、ちょっとした事ですが始めてみました。アメリカでは待機電力が全体の5%を占めているそうなので、ちょっとした事でも全員がやれば結構違います。3日坊主にならないようにしないと。

他にもなるべくお湯を使わないようにするとか、電球は省エネ型のものを使うとか、CO2を減らす術がホームページに色々出ているので、私が1時間強苦心の末やっと貼り付けたバナーをみんなクリック。してくださいね、頑張って貼ったんで。大変だった、ほんとに。

でも私のブログに貼った所で見てくれる人なんかたかが知れてるよなー、アクセス数とかかなり低空飛行だし。でも少しでも温暖化とかに関心持ってくれる人が増えるように出来る事はやらなきゃね。そんな事言いながらこんな夜中までパソコンつけてるのも一種の矛盾だろうか。早く寝よう。夜更かしやめればCO2減らせるもんね。かなりハードル高いけど。

ウチはエアコン無いし車も持ってないし、レジ袋もなるべくもらわないし、今あるものは大切に使うし普通の家よりはエコですが、まだまだ削る余地はあります。環境問題は全人類にとって今早急に取り組むべき課題です。私もできる限りの事をやりたいと思います。そんな事言う前に早くパソコン切れよ。とちょっと思いました。寝ます。温暖化防止のために。

| | コメント (0) | トラックバック (1)